減価償却が終了した建物付きの土地を相続した際に、気になるのが「物件の価値」。これって建物の資産価値はゼロなの!? なんて頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、不動産投資に詳しい株式会社エワルエージェント代表取締役の八木チエさんに資産価値の低い物件を売却する際に気を付けたいポイントについてお話をうかがいました。

──耐用年数が過ぎた場合、住宅の価値はゼロなってしまうのでしょうか。

「そんなことはありません。そもそも価値がゼロになることのないのが“不動産”の特徴ですから。確かに銀行や不動産屋が物件を見た際に、建物が古くて評価ができない、あるいは難しいといったケースもあります。ですが、物件そのものの価値は、買い手のニーズによって変わるもので、どれだけ古い物件であっても、ニーズに合った人がいれば、価値がゼロになるということはないでしょう。耐用年数で物件を評価するのではなく、ご自身の住宅のセールスポイントを見つけていくようにしましょう」

──どんな点がセールスポイントとなるのでしょうか。

「物件の構造によって、そもそも物件の価値が異なります。あとは、建ぺい率(敷地内に建設できる建物の面積)や容積率(1階、2階など、敷地に対する3次元の空間の割合)の広さも大きなウリになりますね。あとは治安の良さ、まわりの静かさなどの周辺環境、土地の形が正地、見晴らしがいい、風通しがいい、間取りの使いやすさなどといったポイントが大切になってきます」

──なるほど。あとは、不動産のウリを前面に押し出して売却すればいいのですね!

「そうですね。査定サイトに簡易査定を受けたり、ポータルサイトに掲載されている似たような条件の物件を確認したりして、だいたいこれくらいの売買金額と把握しながら、それを熱心に売ってくれそうな不動産屋を探すようにしましょう。売り出し方も、そのまま古い家付きの土地で売る、更地にするなど、いろいろありますが、それぞれにメリットとデメリットがあって、また買い手のニーズによっても変わってくるので、どれがいいのか実際に売り出してから反響を見るといいでしょう。戸建ての場合、遠くに暮らしている親御さんを呼んで二世帯住宅を建てたい、もっと家を広くしたいなどの理由で近隣の住人の方が購入されるケースも多くみられます。なので、そのエリアに詳しい地場の不動産屋にあたってみるのもいいかもしれませんね」

 

相続した大事な物件だからこそ、売却する際は、できるだけ高値で売りたいものです。しっかりアピールポイントを見つけて、売却するようにしましょう。

 

 

査定依頼をする

 

 

《取材協力》

株式会社エワルエージェント 代表取締役

八木 チエさん

 

宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランナー。大学卒業後7年間IT会社の営業を経験後、弁護士事務所に転職。海外の投資家への日本の投資用不動産販売の新規ビジネスの立ち上げを経験後、不動産投資の情報を正しく伝えたい、もっと多くの人に不動産投資の魅力を知ってもらいたいと思い、2014年に業界初の不動産投資に特化したオウンドメディア「不動産投資の教科書」の立ち上げと同時に、 株式会社不動産投資の教科書を設立。4年間代表をつとめたあと、2018年に不動産投資に関わるすべての悩みをいつでもどこでも簡単に相談できる、投資家とエージェントを繋ぐマッチングサービス「Estate Luv」を運営する株式会社エワルエージェントを設立。

株式会社エワルエージェント

Estate Luv

 

 

 

あわせてよみたい記事はコチラ