【第2回】入居者UPのための、意外な住宅設備とは?|賃貸経営・部屋を貸すならマイナビ賃貸にお任せ!

マイナビ賃貸

賃貸経営・部屋を貸す

メールで問い合わせる

0120-112-180 受付時間:月~金曜日(祝日・年末年始を除く)9:30~18:00

その道のプロが語る

住宅設備のポイント

住宅設備は日々進化していますが、やみくもに設備を追加していくのではなく、入居者が本当に必要としている設備を見極めることが重要です。そこで、住宅設備に詳しいプロに最新トレンドやこれだけは導入しておいた方がいいポイントなどを語っていただきました。

【第2回】入居者UPのための、意外な住宅設備とは?

賃貸住宅の入居者が部屋に求めるニーズは、時代とともに変化していきます。では、今はどんな設備があると喜ばれ、入居率を高めることができるのでしょうか? 王道から意外なものまで、入居者UPにつながる住宅設備を紹介します。

ライフスタイルの変化により需要が高まった設備とは?

一般的な賃貸住宅の設備は、新築戸建てより少し遅れて導入されるものです。今では当たり前になったシャワートイレなども、戸建て住宅で一般化されてから10年後くらいに賃貸に導入されています。

その法則でいうと、今注目なのは窓ガラスですね。結露を防止し冬でも温かいペアガラスは、今の戸建てでは当たり前。また「LOW-Eガラス」という、金属の透明な幕を張って熱を反射するガラスも人気です。省エネで住宅そのものの断熱性を重要視する流れもあり、これらは少しずつ賃貸住宅にも導入されていくでしょう。

また、今のトレンドでいうと「ウォークインクローゼット」「大きなシューズボックス」、「宅配ボックス」などが挙げられます。 ファストファッションの台頭でリーズナブルな服をたくさん持っている人が増えたため、ひとり暮らしでも収納を重要視する傾向が見られます。シューズボックスも従来のような腰高のものでなく、天井までつながっているような大容量のものが人気ですね。また、今やネット通販全盛ですから、不在時にも荷物を受け取れる宅配ボックスも、ますます欠かせない設備になっていくでしょう。

防犯にもなる「自動販売機」

防犯対策系の設備でいうと、テレビドアフォン、オートロック、ピッキングしにくいディンプルキーは女性に人気です。

あと、防犯ついでにいうと、ちょっと変化球かもしれませんが「自動販売機」を建物の前に置くのもアリです。夜も自動販売機の明かりが灯っているので入居者に安心感を与えることができます。単純に、飲み物をすぐ買いに行けるのも嬉しいですしね。

なお、自動販売機の設置自体は無料です。ランニングコストはかかりますが、売り上げの一部も入りますし、たとえ儲からなくても入居者のためのサービスと思って導入してみてはいかがでしょうか?

椎名前太(しいな・ぜんた)

アパートからマンション、自然素材系の戸建てまでカバーする住宅ジャーナリスト。建築家などの専門家とは異なる「消費者目線」と、キャリアカウンセラーのスキルを活かした分かりやすい解説を得意とする。資格は宅地建物取引主任者、GCDFキャリアカウンセラー・銀座コーチングスクール認定コーチ。

一括お問い合わせ

客付けや空室対策等、お困り事はありませんか?おすすめの不動産会社をご紹介しております。

無料で  今すぐ問い合わせる

0120-112-180 受付時間:月~金曜日(祝日・年末年始を除く)9:00~19:00

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについて

新築・建て替えで、土地活用・物件価値向上!対応ハウスメーカー

土地活用や建て替えはセキスイハイムににご相談ください。

新着情報

トップページに戻る

ページの先頭へ