ファミリー向けお部屋探しガイド:お部屋探しに関するコラム

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

ファミリーが引越しを考えるきっかけとして多いのが「出産」や「子どもの成長」です。子育てを意識すると、これまでとは違ったこだわりポイントが見えてきます。子育てに適した環境、間取りとは? 子育てファミリーならではのお部屋探しのポイントをご紹介します。

  • 物件選び
  • 子育てに適したエリア
  • 住環境と暮らしやすさ
  • 間取りと収納

子育てファミリーが求めるのは「安心・安全」

 

子どものいる世帯が物件を探す場合、まず気になるのが、子どもを安心して育てられる環境かどうか、子どもにとって安全な環境かどうかですよね。子育てに適した環境を選びたいものです。

そこで、ファミリーのお部屋探しには、単身者とは違った目線が必要になってきます。例えば、子どものいる世帯が多く入居しているマンションやアパートは、単身者には子どもの声などの騒音が気になると敬遠されがちですが、その分、子どもを見守る親の目、すなわち子どもを意識した大人の目が多いということです。子育てファミリーにはより安心な物件と言えるでしょう。

また、大規模なファミリー向けのマンションは、出産や子どもが増えたことをきっかけに入居してくる世帯が多いでしょう。新築だと入居時期も同時期になるので、親や子どもにも友達ができやすく、子育てにおいてもメリットがあります。

こだわりたいポイントは「低層階」と「遮音性」

子育てに最も適した物件を考えてみましょう。マンションならば低層階、できれば1階を選ぶと良いでしょう。1階には、2階以上の部屋に比べて家賃が安めに設定されていることが多いというメリットもあります。高層階の眺めの良い部屋を選ぶのは、あくまでも大人の目線。子育てを重視するなら、1階がオススメです。

実際、高層階の場合、子どもによる転落事故が発生しているケースがあります。高層階を選ぶ場合は、窓からの転落防止柵が付いているか、窓の開閉が容易にできてしまうかなど、子どもへの配慮がなされているかどうかをきちんと確認しましょう。また乳幼児の場合、赤ちゃんを抱っこしての移動やベビーカーの移動を考え、エレベーター付きの物件を選ぶと良いでしょう。

また、お子さんがいる家庭の場合、赤ちゃんならば泣き声、もう少し大きくなると室内を走り回る足音が問題となってきます。とくに足音は下の階にダイレクトに響きます。子どもの騒音が近隣トラブルの原因になったり、周囲の住民への気づかいを考えるあまり、大きなストレスになったりすることがあります。そのため壁や床の遮音性の高い物件ほど、子育てファミリーに向いています。ただ、騒音問題を考えるならば、やはり1階または共用スペースの上の部屋がオススメです。

物件選びのチェックポイント
  • 1階、またはできるだけ低層階
  • 壁や床の遮音性
  • 子育て世帯が多く入居している
  • 2階以上はエレベーター付き
  • 高層階は転落防止付き、または開閉不可の窓

自治体が認定する「子育て支援マンション」とは?

最近は「子育て支援マンション」が増えています。これは、子育てしやすい施設や設備、サービスが整っていると自治体から認定されたマンションのことです。例えば「柱の角の面取り加工」、「自転車・三輪車・ベビーカー置場の確保」、「キッズルームの設置」、「ベビー用品のリユースシステム」など、自治体ごとにきめ細やかな認定基準が設けられており、子育てファミリーにとっては大変心強い設備・仕様になっています。

「子育て支援マンション認定制度」は、平成14年に東京都墨田区でスタートし、大阪市や神戸市、横浜市など全国に広がっています。エリアがある程度決まっている場合は、自治体に問い合わせるなどして調べてみるのもよいでしょう。


 
 
 

ファミリー向けの物件を探そう

関連リンク

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら