子育てに適したエリア:お部屋探しに関するコラム

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

  • 物件選び
  • 子育てに適したエリア
  • 住環境と暮らしやすさ
  • 間取りと収納

教育に力を入れているエリア

子どもが就学年齢になると、やはり気になってくるのが「教育」についてです。近年は、全国でも各自治体が独自の教育目標を掲げて、学校教育の充実を図っているケースが増えています。例えば、「英語教育」に力を入れているエリア、「小中一貫教育」を推進しているエリアなど、子どもの個性や特性に合った教育環境を考えることも、エリア選びのポイントになるでしょう。

また、近年は公立の小・中学校でも、学区に関係なく行きたい学校を選べる「自由選択制」を導入する自治体も増えており、人気の小学校や目指したい中学校が近くにあるかどうかがポイントになるケースもあるでしょう。

住みたいエリアがすでに決まっている場合も、その地域がどんな教育目標を掲げているのかなどを事前に調べてみることをオススメします。

自然のなかでのびのび子育てできるエリア

子どもを自然豊かな環境で育てたいという家族も多い。

「できれば子どもは緑の多いところでのびのびと育てたい」と考えているファミリーも多いはず。豊かな自然が溢れる環境を求める場合、やはり都心や市街地から一歩離れた郊外がオススメです。郊外といっても、特急や急行が止まる駅がエリア内にあれば、通勤に不便を感じることは少ないでしょう。また、都心に比べて家賃が抑えられるというメリットもあります。

また、都心に近くても、公園や緑地スペースが充実しているエリアならば、自然と触れ合いながら子育てができるでしょう。「景観を重視したまちづくり」や「環境美化」、「自然保全」などに力を入れているエリアもあります。

ただ、自然豊かな緑地や公園は、夜になると人気がなくなり、逆に子どもにとっては危険な場所になる場合もあるので、通学路や生活路をしっかりチェックしておくことも大切です。

子育て支援が充実しているエリア

エリア選びのポイントとして、家賃相場が比較的低いエリアや通勤に便利なエリアを最優先に考えるファミリーは多いものです。しかし、共働きのファミリーの場合、通勤しやすい、保育園が充実している環境というのも選択肢の一つとして考えておくべきです。

都心エリアでは保育園が足りず、待機児童の増加が問題となっているケースがあります。エリア選択の際には、希望するエリアの待機児童数をあらかじめ調べておくとよいでしょう。

自治体によっては子育てをする世帯に対して、独自の手当を支給しているところもあります。また、医療費助成制度なども自治体によって対象年齢が異なり、子育て支援には格差があるのが現状です。

共働きをしながらの子育てを考えているファミリーは、子育て支援の充実も視野に入れたエリア選びをするとよいでしょう。


 
 

ファミリー向けの物件を探そう

関連リンク

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら