二人暮らしガイド:お部屋探しに関するコラム

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

成約でもれなく最大3万円キャッシュバック!


  • 物件選びのポイント
  • 二人暮らしを始めるにあたって
  • お金の話
  • 結婚を考えるにあたって

結婚前提の二人暮らしは、結婚準備と考えよう

 二人暮らしを始めるきっかけは様々です。「別々に暮らすよりも経済的だから」というカップルもいれば、「結婚前にお互いのことをもう少し深く知りたい」という、結婚のお試し期間として二人暮らしを考えているカップルも多いことでしょう。

 結婚前提の二人暮らしは、結婚準備と考えて物件選びを行うことをおすすめします。二人暮らしのカップルが入籍をためらう理由として、「お金がないから」という声をよく耳にします。二人暮らしの延長線上に結婚を見据えているのならば、できるだけ入居費用を抑えた物件選びを心がけたいもの。その分、結婚資金や将来資金として貯蓄するのが得策と言えます。

こんな間取りにこだわりたい

 物件選びは、できるだけ二人で行いましょう。男性は面倒くさがることが多いものですが、実際に物件選びを始めてみると、意外とこだわりが出てくるものです。お互いの意見を尊重し、双方が納得できる物件を選ぶのが良い関係を長続きさせるコツです。

 初めての二人暮らしに適した間取りは、1LDKまたは1DK、2Kなどです。1Kやワンルームだと、一人になりたいときや険悪なムードになったときに逃げ場がありません。二人暮らしを経験済みの先輩たちも、「一人になれる場所があるかどうか」が物件選びの決め手になったと答えています。それぞれが自分の時間を持てるスペースを確保したいものです。 また、どちらかがお風呂を使っているときはトイレに行けないという状況は、ストレスのもとになります。とくに女性のバスタイムは長くなりがちなので、気の短い男性はイライラしながら待たなければなりません。トイレとバスは独立した物件を選びましょう。

 一人のときはあまり自炊をしなかった人も、一緒に食べる相手がいると、自炊をする機会が増えるものです。キッチンは広めの物件が二人暮らしにはおすすめです。その際、コンロは2口以上あるか、大きめの冷蔵庫を置けるかなどもチェックしましょう。

契約者の名義はどちらにするべき?

 契約するときの名義(契約者)は、基本的にどちらでも問題ありません。結婚前提の場合、一般的には男性が契約者になるのでしょうが、女性の収入が安定している場合などは、女性が契約者になった方が、契約がスムーズに進むことがあります。

 また、会社から住宅手当をもらっている場合、原則として契約者でないと手当をもらうことができません。手当の条件のよい方が契約者になるのも一つの方法です。

 二人暮らしの場合は、それぞれが契約者となり、それぞれに連帯保証人を立てなければならない場合もあります。ただし、住宅手当を重複してもらうことは通常できないので注意しましょう。

二人暮らしは大家さんに敬遠される? 二人で住む物件を選ぶときは、「2人入居可」であるかどうかを確認しておく必要があります。二人で住むことを隠して契約すると、後々トラブルになりかねません。中には、結婚前の二人が同居することに否定的な大家さんもいます。入籍前であることをきちんと話し、納得してもらったうえで契約するようにしましょう。

 
 

二人暮らしの物件を探そう

関連リンク

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら

ページの先頭へ