お金の話:お部屋探しに関するコラム

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック


  • 物件選びのポイント
  • 二人暮らしを始めるにあたって
  • お金の話
  • 結婚を考えるにあたって

二人暮らしを始めるためにかかるお金

 二人暮らしを始めるためには、まず二人で住む物件を借りなければなりません。

 物件を借りるための費用は地域によって異なりますが、一般的には敷金(2ヵ月)、礼金(2ヵ月)、仲介手数料(1ヵ月)、前払い家賃(1ヵ月)、火災保険料(2万円程度)、鍵の交換代(2万円程度)などがかかります。仮に家賃が12万円だとすると、最低でも76万円程度かかるということです。家賃は月給の3分の1を上限とするのが目安と言われています。二人の収入合計の3分の1を越えない範囲で物件を選びましょう。

 物件が決まったら、次は引越しです。二人暮らしの場合、お互いがそれぞれ引越しをしなければならないので、引越し費用も二人分かかります。引越し費用は荷物の量、距離によっても変わってきますが、引越し業者に依頼した場合、3万円くらいからが相場です。仮に3万円とすると、二人で6万円かかることになります。

 生活必需品は、どちらか一方または両方が一人暮らしをしていた場合、家電や家具は使えるものはそのまま使うようにしましょう。ただ、ベッドはセミダブルまたはダブルに買い替えた方がよいかもしれません。また、冷蔵庫や洗濯機が二人暮らしには小さいようならば、買い替えが必要になります。ただ、最初から全てを完璧に揃えるのではなく、二人で暮らしながらお金を貯めて、少しずつ買い替えていくのもよいでしょう。

 二人暮らしは準備だけでも結構なお金がかかります。これらの初期費用を二人でどう割り振るのか。後にしこりを残さないよう、よく話し合って決めましょう。

二人暮らしの準備金(家賃12万円の物件を選んだ場合の例)

敷金(2ヵ月) 240000円
礼金(2ヵ月) 240000円
仲介手数料(1ヵ月) 120000円
前払い家賃(1ヵ月) 120000円
火災保険料 20000円
鍵の交換代 20000円
引越し費用 60000円
合計820000円+生活必需品購入代

生活費はどうやりくりするのか、前もって決めておこう

 二人暮らしが始まったら、毎月生活費がかかります。家賃、水道・光熱費、食費などは、毎月必ず出て行く必要経費です。暮らし始める前に、どう分担するのかを決めておきましょう。「余裕がある方が多めに払う」などといった曖昧な決め方だと、お互い余裕がないときはトラブルのもとになります。

 お給料が同じくらいのカップルであれば、完全に折半するのがよいでしょう。どちらかのお給料が高い場合は、「6:4」や「7:3」で多めに負担するのも有りです。

 ただ、どちらかが生活費を多めに負担することになった場合、もう一方はただ甘んじるのではなく、家事を多めに負担するなど、お互いイーブンな関係を保つようにするのがうまくいくコツです。

いざというとき、将来のための貯蓄も大事

 二人で暮らして行く中では、まとまったお金が必要になることもあります。例えば、多くの物件では、入居後2年ごとに約1ヵ月分の「更新料」を請求されます。また、テレビや冷蔵庫などの家電の買い替えが必要になることもあるでしょう。そんなときのために、貯蓄することも大切です。

 結婚を考えているカップルは、結婚資金も貯めなければなりません。「今はまだお金がないから」と、貯金を先送りにしているカップルもいますが、お金は計画的に貯めなければ、いつまでたっても貯まりません。

 そこで、二人暮らしを始めたら、二人の貯蓄用の口座を作り、毎月少しずつでもよいので金額を決めて貯蓄するようにしましょう。


 
 

二人暮らしの物件を探そう

関連リンク

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら