STEP1 まずは物件情報収集から始めよう!:お部屋探しに関するコラム

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

お部屋探しに必要な流れ

ステップごとにチェックしよう

物件の情報を集めよう!

お部屋探しの予算を決めよう

 家賃の目安は、一般的に手取り月収の30%以下と言われています。物件によっては家賃のほかに、建物全体の清掃や補修に使う管理費(共益費)を支払う必要もあります。管理費も含め毎月いくらまでなら無理なく支払えるか、光熱費や食費、趣味にかかる費用等も考慮して考えましょう。

 住まいを借りるには毎月の家賃だけでなく、契約時に敷金、礼金、仲介手数料などの初期費用がかかります。物件によって金額は異なりますが、首都圏では家賃の約6ヶ月分が必要と言われています。例えば、家賃が6万円ならば、36万円の初期費用がかかる計算に。契約時に「知らなかった」なんてことにならないように。敷金・礼金ゼロという物件でも、クリーニング費用といった名目でお金がかかる場合もあるので、しっかり確認しておきましょう。また初期費用以外にも、新生活には引越し費用や家具等の購入費用も必要。できるだけ余裕をもって予算を組んでおきましょう。

初期費用の内訳 ※物件によって異なります。

敷金(家賃の1〜2ヶ月分)
入居時に大家さんに預けるお金。退去時に原則的には戻ってくる。
ただし、退去時に部屋を補修する場合や家賃を滞納している場合には、その金額が敷金から差し引かれる。
礼金(家賃の1〜2ヶ月分)
大家さんへの謝礼として支払うお金。
前家賃(家賃の1ヶ月分)
最初の家賃1ヶ月分は契約時に支払う。月の途中から入居する場合は、その月の家賃(日割り家賃)と翌月の家賃を一緒に支払うことが多い。 
仲介手数料(家賃の0.5ヶ月〜1ヶ月分)
お部屋探しの際、不動産業者への手数料として支払うお金。
保険料
火災保険の加入が条件になっている物件もある。入居時に1〜2万円程度支払うのが一般的。
カギ交換代
入居時に、カギの付け替えをする場合も多く、1万円~2万円程度かかる。

住みたいお部屋の条件を決めよう

 次に、どんなお部屋に住みたいか条件を決めましょう。日当りや間取り以外にも、「バス・トイレ別」「オートロック」といった室内外の設備や、「スーパーの近く」「病院の近く」といった周辺環境などの条件を決めておきます。

 「○○駅から徒歩5分、新築、南向き、家賃は6万円以内、エアコン付き」などたくさんの条件を挙げた場合、全ての希望を叶える物件を見つけるのは、とても難しくなります。絶対に譲れない条件とできれば叶えたい条件を、決めておくと良いでしょう。できれば叶えたい条件の中でも優先順位をつけておくと、物件を絞り込む際に役立ちます。

住みたいエリアを選ぼう

 予算と住みたいお部屋の条件が決まったら、どのエリアに住みたいか考えましょう。TVや雑誌、インターネットなどの情報や「住みたい街ランキング」等を参考にするのも良いでしょう。しかし、そのランキングの結果が必ずしも自分が住みたい街のイメージ通りとは限りません。家探しを始める前に時間があれば、ぜひ候補となる街を歩いてみることをおすすめします。「オシャレな街というイメージだったけど、実際に歩いてみると商店街に活気があって、地域の人も優しい」といった新たな発見もあるはずです。

ポータルサイトで検索しよう


マイナビ賃貸では、「新社会人向け物件」や「ファミリー向け物件」など、ターゲット別に検索ができるシステムがあります

 初めてお部屋探しをする方や土地勘のない場所に引っ越しをする方は、まず不動産ポータルサイトを活用して、条件に合った物件を検索してみましょう。希望条件を満たす物件情報を効率的に収集できます。
 お部屋探し初心者の方が、「自分で探すのは面倒だから、不動産会社に探してもらおう」となにも調べずに不動産会社に行くと、通勤・通学に不便な場所を紹介されたり、自分の希望とは違う物件を紹介されたりする場合があるので注意しましょう。

 しかし、お部屋探しの経験があり、「この街に住みたい!」と具体的に決まっている人は、そのエリアに強い地域密着型の不動産会社に行くのも良いでしょう。その会社ならではの「穴場物件」がある可能性もあります。また、地域の周辺情報に詳しいので、治安や住み心地といったナマの声を聞くことができます。

間取りを見てみよう

同じ間取りでも、物件によって使い勝手は大きく異なる。自分の生活スタイルに合った間取りを選ぼう。

 物件情報には間取りを表すために、「1DK」「1LDK」といった部屋のタイプが表示されています。部屋のタイプは、基本的に「ワンルーム」「K」「DK」「LDK」の4つ。「K」「DK」「LDK」の頭に付く数字は、居室の数を表わしています。それぞれがどんな部屋かご紹介しましょう。

ワンルーム
部屋とキッチンが仕切られていないタイプのお部屋。
K
部屋とキッチンが仕切られているお部屋。
DK
部屋とダイニングキッチンのあるお部屋。ダイニングキッチンとは、台所とテーブルを置いて食事ができる食堂と一体化した部屋のこと。食事する部屋と寝る部屋を分けることができる。
LDK
居間、食堂、台所の機能を持ち合わせた部屋のこと。DKとの違いは面積。居室が1部屋の場合は8畳以上をLDK、居室が2部屋以上の場合は10畳以上をLDKと言う※。

 

※平成23年11月28日付「公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会」の基準

 

★間取り図に良く書かれている用語解説★

CL(クロゼット)…衣類などを入れる戸棚
S(サービスルーム)…納戸 
SB(シューズボックス)…下駄箱
UB(ユニットバス)…浴槽と床・壁・天井を一体成形した浴槽のこと
WIC(ウォークインクロゼット)…中に入って洋服などを出し入れできるクロゼットのこと。

エリアから検索

こだわりから検索

シーン別検索

関連リンク

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら