Vol.10 「東京」など都会への引越し ~どんなことに気をつける?:お部屋探しに関するコラム

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

引越しガイド

引越しに関する疑問や悩みを一挙解決。事前の準備をしっかり行い、余裕をもって引越しに備えましょう。

Vol.10 「東京」など都会への引越し ~どんなことに気をつける?

引越しすると多かれ少なかれ、生活環境は変化します。特に地方から東京に引っ越す場合、住環境、物価、混雑など、慣れないことにイライラしてしまうことも少なくないでしょう。地方から都会への引越しではどんな点に気を付ければいいのでしょうか?

●「地方」VS「都会」

地方と都会の違いは、住まいの広さ、物価、交通の混雑などがあげられます。とは言え、実際に考えているほどの差は生じているのでしょうか?

■住まいの広さ(1住宅当たり延べ面積㎡)※平成20年総務省「住宅・土地統計調査報告」

東京都 : 63.94㎡
富山県 : 151.34㎡
全国平均 : 94.13㎡

東京都の1住宅当たりの延べ面積は日本で一番狭く63.94㎡。日本で最も広い富山県の半分にも及びません。全国平均の94.13㎡と比較しても、かなり狭いと言わざるを得ないでしょう。東京の1畳当たりの家賃は5,178円と日本で最も高いので、狭くなるのも仕方のないことかもしれません。
とにかく引越すときには荷物の減量が必要です。使わないものを処分することは当然のことながら、本や雑誌を自炊したり、思い出の品を画像に収めて処分したり、トランクルームを利用するなど、いろいろな対策を講じておきましょう。

■家計費(1世帯当たり1か月間の消費支出)※平成24年総務省「家計調査」

東京都区部 : 265,373円
那 覇 市 : 190,446円
全国平均 : 247,651円

消費支出とは食料、住居、光熱費、被服費、医療費などの総額。東京都区部の消費支出は全国で5位。最も低い那覇市と比べると約75,000円の差はあるものの、全国平均と比較するとやや高めといった具合。地方より賃金が高いことを考えると、収支においてそれほどの差は生じていないようです。

■鉄道の平均混雑率 ※平成23年度国土交通省「三大都市圏における鉄道混雑率」

東京圏(31区間) : 164%
名古屋圏(8区間) : 127%
大阪圏(20区間) : 123%

三大都市圏での比較ですが、東京圏の混雑ぶりが際立っています。年々東京圏の平均混雑率は減少傾向にあるようですが、「新聞を広げて楽に読めない」180%以上の混雑率となっている区間は、未だ31区間中15区間あります。
東京圏で生活する上で、どの沿線に住むかはとても重要なこと。電車の混雑に耐えられない人は、混雑率の低い沿線(または区間)で住まいを探しましょう。女性の人はその際に、女性専用車両の実施状況も把握しておくと安心です。

●犯罪にも気を付けて!

■犯罪

<侵入盗犯>認知件数ランキング ※平成25年警察白書

1位  愛知  11,441件
2位  千葉  8,678件
3位  大阪  8,472件
4位  東京  7,970件
5位  埼玉  7,708件
47位  鳥取  380件

都会ほど犯罪件数は高い傾向にあります。新居に引越す際に、空き巣や忍び込みなどの侵入盗の犯罪に対する防犯対策も講じておきましょう。設備に不安を感じたら鍵の交換や補助錠付けるなどの対策が必要。賃貸の場合は管理会社や家主に相談してみましょう。また、引越し後の荷物を住宅のまわりに置いたままにしていないかなども確認し犯罪を未然に防げるように努めましょう。

都会で円滑に生活を送るためには、混雑を回避し、快適に過ごせる環境を見つけることも大切。インターネットでも環境に関する情報やデータが見つけられるので、それを参考に生活の基盤となる住居を選びましょう。

今、引越し見積もりをすると、QUOカード1,500円がもらえる!

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら

ページの先頭へ