一人暮らしガイド:お部屋探しに関するコラム

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

>>大学新入生の方はこちら

就職をきっかけに一人暮らしを考える人は少なくありません。社会人の一人暮らしは、自ら生活費を稼ぎ、生活する真の独立です。どんな場所で、どんな暮らしを始めるのかは自分次第。そこで、物件選びからお金のこと、気を付けたいポイントまで、一人暮らしを始める新社会人必見のノウハウを紹介します!

  • 物件選び
  • 一人暮らしにかかるお金
  • 生活スタイル
  • 気をつけたいポイント

家賃の目安は月給の3分の1を上限に

 一人暮らしは物件選びから始まります。そして、物件選びでまず気になるのが家賃です。初めて一人暮らしをする人の中には、1ヵ月の生活費がどれくらいかかるのか、検討もつかないという人もいるでしょう。

 一人暮らしは家賃以外にもお金がかかります。そこで、家賃は月給の3分の1を上限と考えましょう。自分の収入から払える家賃を割り出したら、いよいよ物件探しのスタートです。

エリア、間取り選びのポイント

 会社により近いエリア、都心のエリア、郊外エリアなど、エリア選定のポイントは様々です。ただ、都心に近ければ近いほど家賃相場は高くなります。また、憧れのエリアに住みたいという人も多いでしょうが、人気のエリアは、やはり高くなるということを覚えておきましょう。

 では、間取りはどうでしょうか。一人暮らしの平均的な間取りはワンルーム、または1K、1DKです。これ以上部屋があっても、結局物置になってしまったり、掃除が大変になったりと、あまりメリットはなさそうです。ただ、広くない分、収納が充実しているかどうかはポイントになります。ワンルームなどでは全く収納のない物件もありますが、収納がないと家具やラックで部屋が埋まってしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

物件選びの条件に優先順位をつけよう

 一人暮らしを経験済みの先輩たちに、物件選びの決め手となったポイントを聞いてみると、「家賃」、「間取り」、「通勤時間」、「最寄り駅からの距離」などが多くみられます。一方で、妥協した点を聞いてみると、やはり「家賃」や「間取り」、「通勤時間」などで妥協したという人が多いのです。つまり、間取りや交通の利便性などにこだわると家賃が高くなり、家賃の安さや間取りを最優先にすると利便性が劣るなど、すべての条件を満たす物件を探すのは難しいということです。

 そこで、まずはエリア、家賃、間取り、最寄り駅からの距離など基本的な条件を絞ります。そのほかにも、セキュリティや周辺環境、設備、築年数など、細かいこだわり条件のある人もいるでしょう。

 ひと通りの条件が出そろったところで、これらの条件に優先順位をつけます。不動産屋さんも、条件の優先順位が分かれば物件を紹介しやすくなります。絶対に譲れない条件と妥協点を明確にすることで選択肢が増え、理想に近い物件に辿り着くことができます。

●こんなこだわり条件もアリ!

  • ・24時間ゴミ置場
  • ・衛生放送
  • ・宅配ボックス
  • ・ペット可
  • ・楽器可
  • ・モニタ付きインターホン   など

物件見学時はココをチェック!

 気になる物件が見つかったら、実際に見学に行ってみましょう。不動産屋さんに内見したい旨を伝えれば、案内してくれます。

 実際に内見してみると、空っぽの部屋は意外と広く感じるものです。しかし、住むとなったらベッドや本棚、テレビや冷蔵庫を置かなくてはならないので、配置をイメージしておきましょう。もちろん、手持ちの家具や家電が置けるどうか、部屋の寸法を測っておくことも大切です。また、キッチンにコンロはついているか、照明器具は付いているかなども要チェックです。ついていなければ自分で用意しなければなりません。

 物件を見学に行ったときは、駅からの道のりや周辺の環境もチェックします。とくに女性は、駅から物件までの途中に人気のない危険な場所がないかなど、安全面のチェックも忘れずに。


 
 
 

一人暮らしの物件を探そう

関連リンク

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら