一人暮らしにかかるお金:お部屋探しに関するコラム

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

就職をきっかけに一人暮らしを考える人は少なくありません。社会人の一人暮らしは、自ら生活費を稼ぎ、生活する真の独立です。どんな場所で、どんな暮らしを始めるのかは自分次第。そこで、物件選びからお金のこと、気を付けたいポイントまで、一人暮らしを始める新社会人必見のノウハウを紹介します!

  • 物件選び
  • 一人暮らしにかかるお金
  • 生活スタイル
  • 気をつけたいポイント

準備しておきたいスタート軍資金

 一人暮らしをスタートさせるためには、一体いくらかかるのか? 気になるところでしょう。特に初めての一人暮らしは、生活必需品を一から揃えなければならないので、物件を借りるための費用や引越し費用に加えて、家具や家電などにも費用がかかります。

 物件を借りるための費用は地域によって異なりますが、一般的には敷金(2ヵ月)、礼金(2ヵ月)、仲介手数料(1ヵ月)、前払い家賃(1ヵ月)、火災保険料(2万円程度)、鍵の交換代(2万円程度)などがかかります。仮に家賃が6万円だとすると、最低でも40万円程度かかるということです。最近は敷金、礼金を取らない物件も見られますが、その場合、退去するときに原状回復代を請求される場合があるので注意が必要です。

 物件が決まったら、次は引越しです。引越し費用は荷物の量、距離によっても変わってきますが、引越し業者に依頼した場合、3万円くらいからが相場です。単身者パックなど、さらに安い料金で請け負う業者もありますが、一定量を超える荷物は運んでもらえない場合もあるので、荷物の少ない人向きといえます。 

 引越し費用を安く抑えるには、レンタカーを借りて家族や友人に手伝ってもらうという方法もあります。ただし、お礼の飲食代などがかさみ、業者に頼んだ方が安かったというケースも少なくありません。とくに家具や家電など大きな荷物を運ぶ場合は、引越し業者に依頼するのが得策といえるでしょう。

 生活必需品の購入については、個人差があるので一概には言えませんが、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電だけでも、10万円前後は見ておいた方がよいでしょう。

一人暮らしのスタート軍資金(家賃6万円の物件を選んだ場合の例)

敷金(2ヵ月) 120000円
礼金(2ヵ月) 120000円
仲介手数料(1ヵ月) 60000円
前払い家賃(1ヵ月) 60000円
火災保険料 20000円
鍵の交換代 20000円
引越し費用 30000円
家電の購入 100000円
合計 530000円

意外とかかる毎月の生活費

 引越しが終わり、新生活がスタートすると、これからは毎月生活費がかかります。生活費には大きく分けて、家賃や水道・光熱費、定額のインターネット接続料といった毎月必ず出て行く固定費と、食費や交際費、携帯電話代、日用品代などといった変動費があります。

 新社会人の一人暮らしにかかる固定費(家賃を除く)の目安は、電気代3000円、ガス代3000円、水道代1500円、インターネット接続料5000円といったところでしょう。合計1万2500円に家賃をプラスした額が固定費になります。一方、変動費は、食費を3万円、交際費を2万円、携帯電話代を8000円、日用品代、娯楽費(本やCDなど)を各5000円とすると、合計68000円になります。尚、ここには医療費や帰省費などは含まれていません。

 自分の家賃をプラスした固定費と変動費を足して、お給料の手取りと照らし合わせてみてください。余裕があるようならば貯蓄に回し、ギリギリあるいは足りない場合は、どこかで節約する必要があります。

社会人の生活費の目安

〈固定費〉※家賃を除く
電気代 3000円
ガス代 3000円
水道代 1500円
インターネット接続料 5000円
〈変動費〉
食費 20000円
交際費 20000円
携帯電話代 8000円
日用品代 5000円
娯楽費 5000円
合計80500円+家賃

節約のポイントは変動費

 家賃や定額のインターネット接続料のように毎月決まった額が出て行くものに関しては、節約することができません。また、水道・光熱費も季節によって変動はありますが、大きく節約できるものではありません。ただし、目安の額を大幅に越えている場合は、こまめに電気を消したり、シャワーを出しっ放しで髪や体を洗わないなど、節電・節水を心掛けましょう。

 しかし、節約効果が高いのは、やはり変動費です。食費は外食を減らして、自炊の回数を増やします。携帯電話代は、できるだけ電話を控えてメールにし、ネットはできるだけパソコンを使うなどすれば、安い料金プランに変更できます。また、日用品代や娯楽費も、安売り店やリサイクルショップを利用すれば節約になるでしょう。

 交際費については、社会人になると仕事上のお付き合いが何かと増え、飲み会や冠婚葬祭などにもお金がかかるようになります。節約しすぎて人間関係を悪くしないよう気を付けましょう。

物件見学時はココをチェック!

 気になる物件が見つかったら、実際に見学に行ってみましょう。不動産屋さんに内見したい旨を伝えれば、案内してくれます。

 実際に内見してみると、空っぽの部屋は意外と広く感じるものです。しかし、住むとなったらベッドや本棚、テレビや冷蔵庫を置かなくてはならないので、配置をイメージしておきましょう。もちろん、手持ちの家具や家電が置けるどうか、部屋の寸法を測っておくことも大切です。また、キッチンにコンロはついているか、照明器具は付いているかなども要チェックです。ついていなければ自分で用意しなければなりません。

 物件を見学に行ったときは、駅からの道のりや周辺の環境もチェックします。とくに女性は、駅から物件までの途中に人気のない危険な場所がないかなど、安全面のチェックも忘れずに。


 
 

一人暮らしの物件を探そう

関連リンク

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら