お部屋探しならマイナビ賃貸

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

「1K」の間取りで、快適な二人暮らしを手に入れる方法


■「1Kで快適な二人暮らし」という新提案をみなさんに


「二人暮らしを始めるときに知っておきたいこと」

でも説明をしていますが、『初めての二人暮らしに適した間取りは、1LDKまたは1DK、2Kなど』とよく言われます。

その理由は、『1Kやワンルームだと、一人になりたいときや険悪なムードになったときに逃げ場がありません。二人暮らしを経験済みの先輩たちも、「一人になれる場所があるかどうか」がお部屋選びの決め手になったと答えています。それぞれが自分の時間を持てるスペースを確保したいものです。』とあります。

しかし、ワンルームに比べ1LDK・2Kの賃貸物件は、家賃もだいぶ上がりますよね。カップルそれぞれに、ある程度の収入がある場合は、プライペートも確保できる広い間取りを選ぶことができますが、多くの場合、家賃を抑えることへの優先度は高いと思います。家賃は安いほうがいいのが当たり前です。

そこで、マイナビ賃貸編集部では、「1Kで二人暮らし」という提案を考えてみました。1Kのお部屋は物件数も多く、1LDK・2Kの物件に比べだいぶ家賃も抑えられています。賃貸物件としては、お得で種類が豊富といえます。

編集部では、“1Kの賃貸物件で快適な二人暮らし”をテーマに、マイナビ賃貸掲載中の物件を選びに選び抜いて、二人暮らしに良さそうな「Best二人暮らし1K」の賃貸物件を選びました。今回、みなさんにご紹介します。


■マイナビ賃貸が選んだ「Best二人暮らし1K」の賃貸物件は、これだ!

選んだ物件をご紹介します。レオパレス21のArma-L(アルマーレ)というタイプのお部屋です。まずは、間取り図です。(クリックで拡大画像を表示出来ます)


「Best二人暮らし1K」賃貸物件の間取り

間取り図がリッチですが、見てもらいたいのは、間取りそのもの。1Kというと、玄関を入るとすぐにキッチンで、扉を開けると居室があります、というようなキッチンと居室が分かれている間取りが多いのですが、そのような間取りだとキッチンにどちらかがいると、もう1人はトイレやお風呂に入ったりしにくいわけで、二人暮らしにあまり向いていません。またこのような間取りの場合、仕切りがあるので、一部屋単位の空間が狭く感じられ、生活空間の広がりを感じにくいことがあります。

そこで、今回は、キッチンと居室が一体となっているタイプのお部屋を選びました。こういうタイプの部屋は、居住空間の広がりが感じられ、1Kでも広く感じることができるのが特徴です。彼女が料理中でも、お風呂やトイレに入りやすいです。細かいことですが、これは意外に大事です。

1Kですから、居室は“リビング兼ベットルーム”といった感じになります。布団だと部屋を広く使うことができますが、収納が相当大きくないと2人分の布団のスペースの確保は難しいですよね。そこで、今回は、セミダブルのベッドを置くことにしてみました。そしてその横に2人がけのソファーを置きます。まさにこじんまりしたリビング兼ベッドルームです。

左の写真は、ソファーでくつろいだ感じの部屋の様子です。パートナーが、すごく近くに感じられる距離感で、イイ感じです。二部屋以上の間取りの物件だと、別々の部屋で過ごす時間もあるので、一緒に過ごす時間が減ってしまい、“一緒に暮らしている”意識はあっても、“一緒に過ごしている”という感覚がちょっと薄まります。

同じリビングで過ごす場合、“一緒に過ごす”感覚はとても強まるので、一緒に過ごす時間が長く、濃くなる分、絆もより強くなるのではと思います。ただし喧嘩をすると、お風呂やトイレぐらいしか、逃げ場がありませんので、喧嘩はしないようにしましょう(笑)

ソファーでキッチンにいる彼女と会話をしながら、手作り料理を待つというのもいいですね。すぐに手が届くので手伝いもラクラクです。また、友達を呼んだパーティをしたときなどでも、広々使えそうです。キッチンとリビングが一体となっているメリットは、いろいろありそうです。キッチンは、さして大きくはありませんが、2人分の料理であればこれで充分です。冷蔵庫や食器など、料理の動線が短いこともメリットですね。動線が短いと料理の時間を短縮することができます。

1Kの物件であっても「バス・トイレ別」にはこだわりたいですね。女性のお風呂が長くて、男性がトイレを我慢する。というのは、喧嘩の原因になりそうですよね。この物件には、洗濯機もついています。

1Kの物件だとなかなか大きな洗面台がないものです。しかし、このお部屋は、小物がたっぷり入る収納を備えた洗面台がついています。女性にはうれしいですね。最近はおしゃれな男性も増えていて、化粧品やヘアアイテムなどをいろいろ使う男性も多いので、こちらの洗面台なら、二人暮らしの男女共に物が増えても広々使えそう。

このお部屋には、ピッキングが出来ないカードキータイプの鍵がついています。また警備会社のセキュリティ(※1)がついていて、インターホンにもカメラがついています。万全なセキュリティですね。(愛する二人の資産を、しっかり守りましょう。)

※1 ホームセキュリティ対応の物件限定のサービスです。

このお部屋にはTV、エアコン、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、浴室乾燥機がついています。家電を買う手間もなく、すぐに入居できますね。(必要なのは、愛だけです。)

1面に限りですが、無料で、好きな壁紙を選べます。これは嬉しい。2人で話し合って壁紙を決めるのは楽しそうですね。(壁紙選びで喧嘩しないように。)※2

※2 壁紙の変更は「お部屋カスタマイズ」対応の物件限定のサービスです。

いかがでしょうか。物件を選べば、充分1Kの賃貸物件で、快適な二人暮らしが実現出来そうです。

お金がなくて、大きな間取りは選べないというカップル・新婚の皆さん、ぜひ1K賃貸物件も検討してみてくださいね。マイナビ賃貸が、全力でお部屋探しをお手伝いします。

取材協力:レオパレス21
取材・文:マイナビ賃貸編集部

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

みんなのお部屋探し体験談<新婚・カップル編> 人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら