損をしない住まいの保険選び、活用法

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

家とお金

損をしない住まいの保険選び、活用法

賃貸を契約すると、火災保険への加入が必須のことも多いですね。「なぜ、賃貸なのに火災保険に加入するのでしょうか?」今更聞けないそもそものお話から解説していきます。

 

火災保険は「建物」と「家財」を補償する保険です。賃貸の場合、建物(部屋)に関しては持ち主の大家さんが火災保険の契約をしています。借りている側は自分の「家財」を守るために火災保険に加入をします。火災保険では火事だけではなく落雷の際にも補償を受けることができたりします。盗難も対象になっている場合は、例えば、自宅の駐輪場(屋根付き)に停めてある自転車が盗まれた場合も補償されることも。どんな時に補償されるのかあらかじめ事前に、パンフレットなどで確認したり、保険代理店に聞いたりしておきましょう。

 

家具・家財もほとんどないし、必要性を感じられないという人もいるかもしれません。そんな人も「大家さんへの賠償」への補償は必須です。賃貸で退去する際に、原状回復をする義務があるからです。お部屋を借りる際には、火災保険では一番重要な補償になってきます。

 

さらに近隣住民とのトラブルを補償してくれる「日常生活における賠償」補償が付いていることも多いです。例えば、ベランダから物が落ちてしまい下を歩いていた人をケガさせてしまった、こんな時に起きた賠償トラブルを保険がカバーしてくれるのです。個人賠償責任保険とも言われています。この保険が意外に役に立つため、どんな時に出るか知っておくとよいでしょう。自転車で人にぶつかってケガをさせてしまった、お店に陳列してあった商品を落として壊してしまったなど意外なシーンでも役に立つことがあるのです。

 

最後に地震保険が必要かも考えてみましょう。地震が原因で家財が壊れてしまった場合は地震保険に入っておかないと補償されません。しかし、地震保険に入ると当然保険料は高くなります。必要な補償と保険料とのバランスも考えて適切な保険に入っておきたいですね。賃貸の場合は、2年契約で1万5000円程度の保険料がよく見られるケースです。もちろん金額だけではなく、自分にとって必要な保険なのかどうかということもしっかりと確認しましょう。

 

まとめ

賃貸の場合でも、自分の家財への補償、大家への賠償、近隣住人への賠償などに備える補償が必要です。どんな時に保険がきくのかなどしっかり抑えた上で必要な金額にかしこく加入するようにしましょう。

 
 
 

花輪陽子(はなわ ようこ)

ファイナンシャル・プランナー(FP)。大学を卒業後、外資系投資銀行に入行。世界同時不況、リーマン・ショックのあおりで夫婦同時失業を経験。FPに転身。処女作『夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術』(ディスカヴァー)が5万部のヒットに。その他の著書に『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』(マガジンハウス)、『貯金ゼロ借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。

バックナンバー

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら