騒音を防ぐ住まいの工夫

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

騒音を防ぐ住まいの工夫 (配信日時 2012.09.10/更新日時 2016.07.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

友だちを家に呼んで、ワイワイしたくなることは多いもの。実家ならともかく、一人暮らしのスペースにたくさんの友だちを呼べば、気になるのが騒音です。今回は騒音を防ぐ住まいの工夫についてご紹介します。


●騒音の種類
人が耳障りと感じる“騒音”は「空気音」と「固体音」の二つに分けられます。空気の振動で伝わるのが「空気音」、物の振動で伝わるのが「固体音」です。

・空気音 ⇒ 車の騒音、話し声、テレビの音
・固体音 ⇒ 上階の足音、洗濯機の音、トイレの排水音、台所の換気扇の音

友だちが来るときをイメージしてみると、いろんなところで「空気音」と「固体音」が通常より大きく発生することに気づかされます。
まず友だち(訪問者)がバイクや車でくると、ブレーキ音やアイドリング音が、さらに廊下や階段での話し声が「空気音」として各戸に響きます。隣人は「人が来ている」ことを察知します。訪問者が部屋にあがるときには、扉の開閉音、靴を脱ぐ音、玄関扉に手をもたれる音など「固体音」が周りの部屋に伝わり、どの部屋に訪問者が現れたのか特定できるほどに。引き続き、室内での話し声やテレビの音などの「空気音」、トイレの排水音、洗面所の水の音など「固定音」も通常より頻繁に発生します。隣人側になって考えると、これらは決して愉快な音ではありません。

●自力で騒音を軽減するには
騒音が周りに与える影響は、建物の構造上の問題によるところが大きいと言われています。だからといって「仕方ない」と騒音が許されるわけではありません。日ごろから自分でできる防音対策を講じておく姿勢は必要です。

■空気音対策
空気音を軽減するには、「遮音」と「吸音」が必要となります。「遮音」とは音を物体に反射させ、隣の部屋へ透過させないようにすること。「吸音」とは音が壁などを通過する途中で、音の振動を軽減させることです。
空気音対策としては、窓や扉から音がもれないようにすることが大切。友人がいる間は、たとえ気持ちいい風が入ってくる季節でも窓をきちんと閉め、エアコンを利用しましょう。機密性を高めるため窓枠に隙間テープを張ることを考えてもいいかもしれません。さらに、遮音・吸音効果のあるカーテンを使ったり、壁際に背の高い本箱や家具を配置したりと、音を隣りに通さない工夫を行うことをオススメします。

■固体音対策
固体音を軽減するには、「防振」、「制振」がポイントと言われています。「防振」とは振動の伝播を途中で断ち切り、音を伝えにくくすること。「制振」は発生源の振動を抑えることです。対策としては、床にカーペットを敷いたり、机や椅子の脚にクッション性のあるカバーをつけたり、モーター音を発生する機器の下にゴムマットを敷いたりすると効果的です。
友だちが来たときに発生する騒音は、単に話し声だけでなく、生活音も通常の何倍にもなります。一つ一つの音を抑制することが大切と言えそうです。

●騒音ってどれぐらいの音?
音への感じ方は人それぞれです。自分が出しているものが騒音レベルかどうか、疑問に感じる人も少なくないでしょう。そういう人は測定器を使って目安を知ることができます。多くの自治体で騒音計の貸し出しを行っているので機会があれば利用してみてはいかがでしょう。ちなみに以下は横浜市の環境創造局の目安です。

「家庭用機器・音響機器騒音防止の目安となる指針値」(単位db)
昼間(午前8時~午後6時)50
朝夕(午前6時~午前8時)(午後6時~午後11時)45
夜間(午後11時~午前6時)40

隣人から苦情を言われたら、たとえ自覚がなくでも隣人にとっては騒音ということ。取りあえずなんらかの対策を講じて音の発生を抑え、さらなるトラブルを回避したいものです。また、後日、ゆっくりと自分でできる防音対策を考えてみることも必要かもしれません。防音対策は周りに迷惑をかけないだけでなく、周りからの(騒音)迷惑も回避できるもの。行っておいて損はないでしょう。


執筆者プロフィール森 眞奈美さん
国内外あわせて計12回の引越しを経験。回数を経るごとに業者選び、梱包、段取りなどのコツを習得し、新生活を円滑に進める提案と共に情報発信し始めました。またAFPの資格も取得し、生活にかかるマネーの執筆活動も行っています。監修本に『ひとり暮らしの教科書 理想のお部屋に引っ越し編』(毎日コミュニケーションズ)がある。

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら