引っ越しをスムーズに行う“三つのポイント”

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

引っ越しをスムーズに行う“三つのポイント” (配信日時 2012.12.10/更新日時 2016.07.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

自分の希望のお部屋も見つけ、新生活を始める前には、引っ越しというハードルを越えなければなりません。段取りさえきちんと行っておけば引っ越しはスムーズにいくものですが、時には想像以上に手間取ってしまうことも。引っ越しで失敗する人にありがちな“原因”とその“対処法”を探ってみました。


●引っ越し前
■<ケース1>不用品の選別ができない

引っ越しが決まったら真っ先にすべきことは、新居に持っていくべき荷物、旧居で処分すべき荷物の選別です。「要るもの」、「要らないもの」を早めに選別し荷物を減らしておけば、引っ越し作業の軽減へとつながります。しかし、荷物が選別されていないと、正確な見積料金が算出されないだけでなく、荷物を段取りよく処分することができません。
引っ越し間際まで荷物の選別を先送りにしてしまうと、自治体での廃棄処分が間に合わなくなることも(予約から処分までだいたい2~3週間必要)。民間業者に依頼した場合、総じて費用は割高。自治体では600円程度で処分してくれるタンスも、民間に頼むと5000円以上かかってしまうことがあります。

<<ポイント>>
不用品の選別は、引っ越し作業を進めるうえで大切なこと。自分なりの処分基準を作って、事務的に進めよう。絶対に必要のないものを選別して捨てる感覚を身につけ、自分の“処分ルール”を確立するとお部屋をすっきり片付けられます。

■<ケース2>何から梱包を始めたらいいのか分からない
何から手を付けたらいいか分からないという理由で、引っ越し間際まで作業を開始しない人は少なくありません。梱包に慣れていない場合、思いのほか作業時間がかかってしまい、最後はなんでもかんでも一緒にして梱包ということにもなりかねません。特に割れ物や液体類をあわてて梱包すると、荷物を汚損、破損させてしまう原因に。引っ越し保険に入っていても、依頼主の梱包に問題があって荷物が破損した場合は、「荷作りの不完全」という事由で、原則として補償されないため、気を付けなければなりません。

<<ポイント>>
梱包作業はいらないものから順に着手します。割れ物、液体類の梱包)は念入りに。また衣類、本やDVD、押し入れに入りっぱなしの荷物など、なくても生活上困らないものから梱包するとよいでしょう。梱包の方法が分からないときは直接担当者に聞きましょう。

●引っ越し後
■<ケース3>引っ越し後、すぐに必要な荷物のありかが分からない

引っ越し後、梱包した中身を忘れることはよくあることです。ダンボール箱に詰めた荷物をすべて箱に書き出しておくと便利ですが、作業中ダンボール箱は屋外に放置されることも多く、セキュリティーやプライバシーの観点からあまり好ましいとは言えません。引っ越し当日に、ダンボール箱の中身をすべて把握できてなくても困ることはないでしょう。どうしても必要であれば、中身をケイタイで撮影しておくと便利です。一方、引っ越し当日にトイレ・お風呂用品、着替えなどのありかが分からないととても困ります。当日開けるべきダンボール箱だけは目立つようにしておくと、ストレスも軽減されます。

<<ポイント>>
引っ越し当日に必要なものだけをあらかじめ取り分けて梱包しておくといいでしょう。ほかの荷物は、翌日以降整理整頓しながら荷ほどきをしましょう。以下のものを取り分けておくと便利です。

・日用雑貨(ティシュペーパー、タオル、トイレットペーパー、シャンプー、石けん、歯磨きセット)
・着替え(パジャマ、スウェットパンツ)
・掃除用品(浴槽クリーナー、スポンジ、掃除機、雑巾)
・携帯充電器など

このように引っ越しの準備をするときは先々起こることを想定しておくと、とてもスムーズに行うことができます。引っ越しを控えている方は是非参考にしてみてください。


執筆者プロフィール森 眞奈美さん
国内外あわせて計12回の引越しを経験。回数を経るごとに業者選び、梱包、段取りなどのコツを習得し、新生活を円滑に進める提案と共に情報発信し始めました。またAFPの資格も取得し、生活にかかるマネーの執筆活動も行っています。監修本に『ひとり暮らしの教科書 理想のお部屋に引っ越し編』(毎日コミュニケーションズ)がある。

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら