不動産のプロに聞く! 家賃負担を減らすために妥協すべき条件とは

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

不動産のプロに聞く! 家賃負担を減らすために妥協すべき条件とは (配信日時 2014.05.02/更新日時 2014.05.27)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

不動産のプロに聞く! 家賃負担を減らすために妥協すべき条件とは

お部屋探しをする際、家賃重視で「少しでも家賃負担を減らしたい」という方も多いと思います。そこで、できるだけ家賃を減らすためにどんな条件で探したらよいのか、“不動産・住生活”のプロに聞いてみました。


Q.少しでも家賃負担を減らしたい。どんな条件で探したらよい?
A.生活費のなかでも、家賃は毎月の固定費です。賃料を安くすませることができれば、他に回せる分が増えます。ただし、安くしすぎて生活に不便さや不自由さを感じるようであれば本末転倒です。次のような条件から検討してみましょう。

■建物条件について考えてみる
まず、建物の条件です。オススメしたいのは築年数での妥協です。1981年以降に建てられたものはいずれも新耐震基準なので、それ以降の物件を選びたいのですが、築5年と築20年を比べて、「築20年は古いから住みづらい」とは一概に言えません。築年数よりむしろ、リフォームの有無で住み心地が変わるからです。リフォームされていれば壁紙や設備などは新築同様です。加えて、リフォーム後の物件で、新築と同水準の賃料設定になっている例はほとんどありません。

ただ、この場合、どの部分にどのようなリフォームがされているかを確認しましょう。壁や床などの見える部分だけがきれいになっていても、たとえば、床下の配管等が取り換えられていなければ、漏水のリスクがあるからです。エアコンの設置時期もチェックしましょう。10年を超えていれば、いつ壊れてもおかしくありません。多くの人がエアコンを使用するこれからの時期に壊れると、納品まで時間がかかり、暑さに苦しまなければならないかもしれません。

■もう一つ考えたいのは、路線や地域
路線や人気の街かどうかで、賃料は異なります。路線では、各駅停車しか止まらない駅周辺の物件のほうが、特急や急行停車駅にある物件より安くなります。また、都心に近くなるほど、駅から離れていても賃料は高くなります。ですからターミナル駅まで同じ40分圏内でも、急行や快速電車で1本の30分+徒歩5分と、各駅停車で20分+徒歩15分であれば、前者のほうが賃料は安くなります。さらに、支線の沿線の物件は、乗り換えに不便が生じるので、一般的に本線より家賃が安く設定されています。

街や地域選びも家賃に大きな差が出ます。下町と山手ではやはり一般的には下町が安くなり、生活費自体も下町は安く済みます。

■最後に、部屋自体の条件
やや極端な例ですが、たとえば、以前の居住者がその部屋で自殺したなど心理的に嫌悪する人が多いような「事故物件」の賃料は、相場の2割減~半額減などになります。リフォームはされているので、気にならなければこのような物件がないかを不動産会社にお願いしてみてはどうでしょうか。最近では、こういった物件をあえて望む人がいるため、事故物件だけを扱う不動産会社があります。広告で「告知事項あり」と明示されていれば事故物件の確率は高くなります。事故物件でもよい、と思えば内容を尋ねてみましょう。
UR賃貸(旧公団)では「特別募集住宅」として、先着順で受け付けています。入居後1年間など一定期間、安い賃料が設定されています。

また、長期に空室が続く物件を選ぶ方法もあります。交渉で賃料が下がる可能性があるからです。特に今、借り手を募集している物件は、2月、3月の繁忙期に入居者が見つからないまま、引き続き募集している可能性が少なくありません。条件に納得し、強く住みたいと思うなら「賃料があと○○円下がったら入居したいです」と具体的な金額を提示して、不動産会社に伝えてみるのも方法です。
また、今すぐ引っ越しを考えていないならば、インターネットで住みたい物件をいくつかピックアップし、空き状況を見ていく方法もアリでしょう。いったん募集がなくなったようにみえても、広告の期限が来ているだけで、時間が過ぎると再び掲載されていることもあります。
これからの季節、物件の契約スピードは、春先と比べると遅くなります。こだわりの重視が多くない人は、じっくりゆっくり探して賃料交渉をするのも方法でしょう。

高田七穂(たかだ なお):不動産・住生活ライター。住まいの選び方や管理、リフォームなどを専門に執筆。モットーは「住む側や消費者の視点」。書籍に『最高のマンションを手に入れる方法』(共著)『マンションは消費税増税前に絶対買うべし!?』(いずれもエクスナレッジ)など。「夕刊フジ」にて『住まいの処方銭』連載中

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら