夏の思い出をすてきに飾ろう! 写真をインテリアとして楽しむコツ

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

夏の思い出をすてきに飾ろう! 写真をインテリアとして楽しむコツ (配信日時 2015.08.26/更新日時 2015.09.08)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

夏の思い出をすてきに飾ろう! 写真をインテリアとして楽しむコツ

夏の思い出をすてきに飾ろう! 写真をインテリアとして楽しむコツ

花火大会や旅行など、楽しいイベントの多い夏。スマホやデジカメで写真をたくさん撮ったけど、プリントせずにデータのまま保存していませんか?せっかくの思い出が詰まった写真を、部屋に飾って余韻に浸りたいですよね。そんな時に、インテリアとして見栄えがするディスプレイのコツをご紹介します。


■サイズや形を工夫してみよう!

一般的な写真サイズは長方形。フォトフレームなども長方形のものが多いのですが、最近人気を集めているのは「ましかく」という正方形のプリント形。インスタグラムやファッションサイトで目にする画像のように、写真をトリミングしてみてはいかがでしょう。フレームの真ん中にもぴったり納まり、おしゃれ感がイッキにアップします。また、少し大きめにプリントし、アートのようにお部屋に飾るのもすてきです。その際、趣向を変えてモノクロで印刷してみると、インテリアの邪魔にもならず、すっきりとなじみます。

■ディスプレイに役立つ名小物

ただ飾るだけでは面白みがないという人は、小物を使うのがおすすめです。例えば、ガラス瓶の容器を並べて、瓶容器の大きさに合わせてカットした写真を一枚ずつ入れてみる。涼やかなガラス越しに透ける写真が、夏らしさを一層感じさせてくれるでしょう。また、最近流行のウォールステッカーにも、写真用のものがいっぱい。丸や四角にくりぬかれた所に写真を合わせれば、ポップな壁飾りの完成です。壁にステッカーを貼れない人は、ホームセンターで縦長横長の木板を買ってきて壁や棚の上に立てかけ、それにランダムに貼り付けてみては。その際、写真のカラーを合わせると、統一感ができてよりすてきになります。

■まとめてディスプレイしたい場合は……

写真をひとつひとつセレクトする時間のない人は、一冊のフォトアルバムにするサービスを利用するのもいいでしょう。Lサイズ版からCDサイズ、大きめで高級感のあるハードカバーのものなど種類もさまざま。思い出がひとつにまとまるだけでなく、棚に少し開いて立てたり、並べておくだけで、雑貨屋さんのようなおしゃれな雰囲気に。本棚の一角に、自分だけのオリジナル写真集コーナーがあるなんてすてきですね。

スマホやデジカメ、パソコンのデータが全部消えてしまった! というアクシデントも少なくありません。大事な思い出が詰まった写真は、早めに何らかの形に残して、ぜひインテリアに役立ててみてください。

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら