フリーレントとはどんな物件?メリットと注意点を解説!
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

フリーレントとはどんな物件?メリットと注意点を解説!

(配信日時 2015.09.15/更新日時 2019.08.23)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

フリーレントとはどんな物件?メリットと注意点を解説!

フリーレントとはどんな物件?メリットと注意点を解説!

物件探しをしていると、よく見かける「フリーレント」という言葉。そのお得なイメージから、フリーレント物件を探している方は多くいますが、どんなメリットがあるのでしょうか?また、デメリットや注意点はあるのでしょうか? 今回は、気になるフリーレント物件について、“不動産・住生活”のプロに聞いてみました。


フリーレントとは、どういう意味?

住まい探しをしていると、「フリーレントつき」や「フリーレント1カ月」といった言葉を目にしたことがあるでしょう。フリーレントとは、ある一定期間の賃料がタダになることです。例えば「フリーレント1ヶ月」とあれば、契約開始から最初の1ヶ月は家賃が無料となるものです。フリーレントの物件は、それほど多くありませんが、契約の動きが少ない時期に多く見受けられる形態です。フリーレントの期間は物件によって異なるものの、入居前までの数日間や1週間程度から、1~2カ月程度が多くなっています。ただ、なかには3カ月という長期の事例もあります。

フリーレントの仕組みを解説!

「家賃がタダになるからって、実際のところ、何か訳あり物件じゃないの」と思う方もいるでしょう。大家さんからみると、家賃収入がない期間が発生するわけですから、このように考えてしまうのも当たり前です。とはいえ、一般的には、フリーレントつき物件に何か大きな問題が隠れているわけではありません。フリーレントがある物件は、一定期間募集をしても、その間に入居者を見つけられなかったことが多いのです。それは物件そのものに問題があることを表しているわけではありません。例えば、春の引っ越しシーズンに空きが出ず、初夏以降に空室が発生した場合、引っ越しをする人が少ないため、入居者が見つかりくいのです。タイミングの問題でしょう。このような場合、大家さんは長期に空室のままにしておくよりも、フリーレントをつけて入居者を確保したほうがよいと判断することがあります。「フリーレントつき」と銘打つことで、サイトの検索ワードにもひっかかりやすいため、入居者が見つかりやすくなります。

フリーレントはどれくらいお得になる?

では、フリーレントつきの物件は、そうでないものと比べてどのくらいお得になるのでしょうか。例でみてみましょう。

●2年契約、家賃7万円、フリーレントが2ヶ月分
・フリーレントあり
22カ月分の総額は154万円=ならしてみると、1カ月分は6万4166円

・フリーレントなし
24カ月分の総額は168万円=1カ月分は7万円
 
7万円がオトクになるのですから、その分、カーテンなどのインテリアや家電、家具、引っ越し代などに回すことができます。無駄を省いた分、貯蓄するのもよいでしょう。

フリーレント物件の注意すべき点

一方で、フリーレントのある物件を選ぶときは注意したい点があります。

 
■フリーレントの対象をしっかり確認する

まず、払わなくてもよいのは、家賃だけ。管理費などは払わなければならないことがあります。何がフリーレントの対象になるかについては、契約前、物件探しの段階で不動産会社に確認しておきましょう。いらないと思っていた費用があとから払わなければならないとわかったときは、ショックが大きいのではないでしょうか。また、急にお金を用意するのも大変です。くれぐれも思い込みだけで判断しないようにしましょう。必要な費用を不動産会社から聞いたときは、メモしたり、実際に明記した紙をもらっておいたりしましょう。


■途中退去時の規約を確認する

次の注意点は、契約期間内に退去する場合についてです。フリーレント契約の場合、期間途中に退去をすると、違約金やフリーレント期間中の賃料を払わなければならない契約になっていることがあります。例えば、2年契約・フリーレント1ヶ月の物件で、1年後に退去したら、違約金を請求されてしまう契約も中にはあります。金額は、居住期間と契約内容によって異なりますが、最初のフリーレントの期間分1ヶ月分、あるいは、入居期間が極端に短ければ家賃2カ月分となっている例も。もし、「住んでみたけど音がうるさくて耐えられない」などの理由で、住み続けられないと判断した場合でも、途中退去になりますから、契約にあれば違約金を払う必要があります。もちろん、入居後にこういったトラブルがある場合は、すぐに退去と決めず、建物を管理する不動産会社や大家さんに状況を伝えて対応してもらうこともできます。

■総額を計算し、比較する

もうひとつ。「フリーレント1ヶ月」で「礼金ナシ」の物件があるとします。家賃や管理費が同額で駅からの距離もほぼ同じであるものの、「フリーレントなしで礼金1ヶ月」という物件もあります。他の条件もあわせて比較する必要がありますが、場合によっては支払う総額は同じになるかもしれません。ある部分だけの費用で判断せず、全体としていくらかかるのか、また、「2年住んだら」「4年住んだら」などと想定して、支払総額を計算してみてもよいのではないでしょうか。
 
場合によっては、最初からフリーレントがなく、その分家賃が低い物件を選んだほうが礼金や敷金、仲介手数料も下がって得なことがあります。フリーレントの物件を選んで、想定外のことが起き、転居せざるを得ない場合は仕方がありませんが、フリーレントだけを意識して物件選びをして、「こんなはずじゃなかった」というのは避けたいものです。目先の金額にとらわれず、何年住むかを考えて選ぶようにしましょう。

フリーレント物件を見つけるポイント

 
■探し方

マイナビ賃貸で探す場合は、フリーレントの物件をあつめたこちらの特集https://chintai.mynavi.jp/special/freerent/ から探すか、物件検索画面の条件指定でフリーレントにチェックを入れる形でも検索できます。

■多く出回る時期

フリーレントには、多く出回る時期というものがあります。それは、引っ越しシーズンが終わったあと。1年のうち、進学や就職、転勤で引っ越しが一番多いのは、1月~4月。ですからシーズンが終わった今は、フリーレントつきの物件を探すにはぴったりの時期といえるでしょう。一方で最近では、12月頃からフリーレント期間がスタートする物件もあります。これは、大家さんが春の引っ越しシーズン前に入居者を確保しておきたいという意味合いがあります。

■もし見つからなかったら?

住みたい物件が見つかったものの、「すぐに引っ越しはできない」。こういったときにフリーレントがあれば助かります。では「フリーレントを付けてほしい」と交渉はできるのでしょうか。結論からいえば、賃貸借契約は、お互いが納得して契約を結ぶのですからこちらの要望を伝えることはできます。もちろん、大家さんがそれを受け入れるかはわかりません。ただ、大家さんが「早く空室を埋めたい」「きちんとした人に入居してほしい」と思っており、ちょうどその条件に合致したならば、フリーレントを付けてくれる可能性はありそうです。

 

フリーレントを付けたい場合は、不動産会社に「この物件がとても気に入ったのですが、引っ越しがまだ先になります。大変、無理を申しあげてご面倒をおかけするとはわかっているのですが、入居までの期間をフリーレントにしてもらえないでしょうか」などと、丁寧に伝えてみましょう。もちろん、人となりも見られるので、不動産会社に物件探しに行くときから、きちんとした身なりをし、言葉づかいも丁寧に話しましょう。不動産会社があなたの味方になって、大家さんにプッシュしてもらえるのであれば、非常に助かります。なお、入居までの期間が短いようなら、フリーレントではなく、契約開始日を実際の入居日からにしてもらう方法もあります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

高田七穂(たかだ なお):不動産・住生活ライター。住まいの選び方や管理、リフォームなどを専門に執筆。モットーは「住む側や消費者の視点」。書籍に『最高のマンションを手に入れる本』(共著)『マンションは消費税増税前に絶対買うべし!?』(いずれもエクスナレッジ)など。

 
■フリーレントの物件特集
⇒特集はこちら

■仲介手数料無料の物件特集
⇒特集はこちら

■敷金礼金なしの物件特集
⇒特集はこちら

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら