お米の保存方法、間違ってない?

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

お米の保存方法、間違ってない? (配信日時 2015.12.25/更新日時 2015.12.24)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

お米の保存方法、間違ってない?

ひとり暮らしなのに実家から大量にお米が届いた。とてもありがたい話なのですが、せっかくの新鮮なお米をカビや虫がついてダメにしてしまった経験はありませんか。また、保存方法しだいでは、味や風味が落ちたり、ニオイが移ってしまうこともあります。そのようにならないためのお米の保存方法をいくつか紹介していきます。


・米袋の保存はNG
つい、面倒くさくて買ってきた米袋のまま保存していませんか。市販の米袋は積み重ねやすいように空気が抜ける穴がついています。袋のまま保存すると、この穴から空気が出入りして、中のお米がしける可能性が高くなります。おいしさを保つためには、余分な湿気を防ぐことが大切です。しけるとお米は酸化しておいしさを保てなくなり、虫やカビの原因にもなります。米袋のまま保存する習慣があるなら、すぐにやめておきましょう。

・基本NGな保存場所はここ
お米は、高温、湿気、酸化が大敵といわれています。そのため、日の当たる場所や冷蔵庫、TVなど熱の出る場所に置くのはNGです。ちなみにお米にたかる害虫は、18℃を超えると活動しはじめます。気づいたら、お米の中に虫がいっぱい……なんてことにもなりかねません。ほかにも、キッチン、流しなどの水まわりや風通しの悪いところは、湿気があるのでNGです。また、ニオイの出る場所の近くにお米を置いておくと、お米にニオイが移ってしまい味と風味を損ねてしまうので注意しましょう。

・いい条件の保存場所がない場合
お米を置くのに適した場所は、基本的に風通しのいい冷暗所がベターですが、一戸建ての家屋で納戸や貯蔵庫がない限り難しいといわざるを得ません。昨今のマンションなどの集合住宅は高気密住宅が多く、お部屋の室温は一戸建てより高めになっています。そこでマンションでワンルームタイプの場合、保存場所として最適なのが冷蔵庫といわれています。庫内は、お米をいい状態に保つ温度(10~15℃)と適度な湿度(70%程度)、光が当たらないという環境が整っているので、お米の味と風味を損ねる酸化を遅らせることができるのです。

・使う分を分けて保存する
とはいってもお米は容量が大きく、冷蔵庫に常時保存しておくと結構なスペースをとってしまいます。そこで、冷蔵庫に保存する分と、わりとすぐに消費する分とに分けて保存するのがおすすめです。小分けにすることで、冷蔵庫のスペースを有効に使うことができます。冷蔵庫で保存する場合、およそ60日間はおいしく食べられる状態が保てます。それ以上の期間保存すると、お米のツヤや粘りが失われ、ふっくらとしたおいしいお米を食べられる時期が過ぎてしまいます。冷蔵庫保存しておいしく食べられる期間内に消費できるように計画を立ててみるのもよいでしょう。

・密閉できるびんがおすすめ
わりとすぐに食べきる分のお米は、フタが密閉できるガラスびんにお米を入れて保存する方法がおすすめです。基本は、びんの中にめいっぱいお米を入れて、空気のスペースを作らないようにして使い切りましょう。500mlのびんにお米約400g(約2.7合)が入るので、すぐに使い切るのに使いやすいサイズといえます。お米を置くスペースも、省スペースになるうえに、うまくレイアウトさえすれば、ガラスのびんをわざと見せてインテリアの一部としておしゃれに置くことができます。

・まとめ
ひとり暮らしでワンルームタイプに住んでいる人なら、お米に適した保存場所を探すのは、結構難しいものです。置く場所がなく、つい湿気が多いシンク下に置いてしまっている人も多いのが現状といえます。もし、よりおいしくお米を食べたいと思うのであれば、小分けにする方法を試してみるとよいでしょう。

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら