“給料3ヶ月分”は単なる理想だった!?カップル必見、今ドキの婚約指輪事情

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

“給料3ヶ月分”は単なる理想だった!?カップル必見、今ドキの婚約指輪事情 (配信日時 2016.06.06/更新日時 2016.06.06)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

“給料3ヶ月分”は単なる理想だった!?カップル必見、今ドキの婚約指輪事情

6月は結婚にまつわる話をよく聞きます。毎年6月の第1日曜日は「プロポーズの日」というのはご存知でしょうか。また、6月に結婚した花嫁は幸せになれるという、「ジューンブライド」のジンクスを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。そして、晴れて結婚の約束を交わした女性が身につけるものと言えば「婚約指輪」です。

さて、この婚約指輪にかけるお金について、よく“給料の3ヶ月分”と言いますね。でも、結婚を控えたカップルたちは、本当にここまでお金をかけているのでしょうか?


ということで今回は、一般社団法人 日本ジュエリー協会で常任理事を務める佐久間靖晃さんに、最近の婚約指輪事情についてお伺いしました。

――よく“婚約指輪は給料の3ヶ月分”と言いますが、それくらいお金をかけるのが一般的なのでしょうか?

佐久間さん「実はそれは、デビアスという会社がダイヤモンドのプロモーションのため、1970年代頃に打ち出したキャッチコピーなんです。それによって、“3ヶ月分”というイメージが定着したわけですが、実際の相場が“3ヶ月分”というわけではありません。

矢野経済研究所の調査によれば、1995年のダイヤモンドエンゲージリングの購入平均単価は365,000円。それに対し、2015年の予測単価は209,880円と、20年の間に大きく減少しています。ただその分、結婚指輪にかける金額は増えており、1995年の購入平均単価は33,620円、2015年の予測単価は74,481円です※。ちなみに、最近では10万円台の婚約指輪も出てきており、カップルにとっては様々な選択肢から選べるようになっていますよ」
※データは2015年8月10日発行『JAPAN PRECIOUS No.79』(著:矢野経済研究所)より。結婚指輪の平均単価は一人分

――“婚約指輪事情”は大きく変化しているんですね。たとえば人気がある婚約指輪のタイプも、昔と今とでは違うのでしょうか?

佐久間さん「かつてはダイヤモンドがよく目立つ、立体的で高さのあるデザインのものが人気でした。しかし最近は、日常的に使いやすいという観点から、より普段のファッションに合わせやすい華奢でシンプルなタイプを求める方が多いです。また、婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけられるデザインのものもニーズがありますね」

――日常での使いやすさ、これを重視する方が増えているんですね。

佐久間さん「まだシェアは少ないですが、普段使いできるという意味では、婚約指輪の代わりにネックレスやペアの腕時計を購入される方もいます。もしかすると、恋人同士でもジュエリーを贈る今の時代には、既に持っている指輪より新婚旅行にお金をかける人もいるかもしれません。実は最近では、婚約指輪の取得率は減少傾向にあるんですね。それは、二人が何に価値を置くのか、現代ではその選択肢が多様になったことが背景にあるのではないでしょうか」

――それでは最後に、これから婚約指輪選びを予定している方へ、メッセージをお願いします。

佐久間さん「婚約指輪は、人生の一つの区切りという重要な場面で購入するものです。その時の二人の大切な想いを、リングを見ることで10年後、20年後にもきっと思い起こすことができるはず。そんな一生の思い出になるものですから、ぜひ色々な選択肢から吟味して、満足するものを選んでください。二人の雰囲気に合ったお店や、相性の良い販売員さんを見つけることがポイントですよ」

二人の誓いや絆を、目に見える形で残すことができる婚約指輪。これから購入のご予定がある方は、ぜひ自分たちらしいリングを選んで、新しい人生の一歩を踏み出してくださいね。

《取材協力》
一般社団法人 日本ジュエリー協会
http://www.jja.ne.jp/
昭和63年に設立された、ジュエリー産業に携わる企業などによる組織団体。ジュエリーに関する調査や研究、関係機関などとの交流を行い、ジュエリー産業の健全な発展、振興を図る。ジュエリーコーディネーター資格検定や、ジュエリーデザインアワード等も実施している。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら