間接照明活用術!灯りの工夫で“帰りたい部屋”を作ろう

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

間接照明活用術!灯りの工夫で“帰りたい部屋”を作ろう (配信日時 2016.06.30/更新日時 2016.06.30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

間接照明活用術!灯りの工夫で“帰りたい部屋”を作ろう

お部屋を少しでもおしゃれな雰囲気にしたい。居心地の良い空間にしたい。そんな想いを叶える方法としておすすめなのが、「間接照明」を取り入れること。

では、いったいどんな工夫をするばいいのでしょうか。日本ライティングコーディネート協会副会長・山中敏裕さんにお聞きした、素敵なお部屋づくりに役立つ“間接照明活用術”をご紹介します。


――まずは、間接照明の役割を教えてください。

山中さん「照明には、部屋全体を照らす環境としての照明(アンビエントライト)と、手元の作業用の照明(タスクライト)の二つがあります。間接照明とは、この前者の役割を担うもの。ちなみに日本のインテリアでは、二つを分けずに天井のシーリングやペンダントで両方を賄う『全般照明』が主流ですが、本を読む、字を書く、食事をするなどの視作業(タスク)が無ければ、実は間接照明(アンビエントライト)だけでも十分。たとえばテレビを見たり、お酒を飲んだりするようなシチュエーションですね」

――間接照明を活用すると、どんなメリットがあるのでしょうか?

山中さん「光源が直接目に入らない間接照明は、目の瞳孔を開かせるため、照度が無くても明るく感じます。つまり、間接照明を使うことで目に優しく、疲れにくい環境を作ることができるんです。特に『電球色』にすると、血圧や心拍数が下がったり、アルファ波が出て身体がリラックス状態になったりする効果も。頭も身体もスイッチオンになる白い光に対し、電球色はスイッチオフにしてくれるということですね。また天井や壁に光を当てることで、部屋が広く見えるなどの効果もあります」

――では、間接照明をお部屋に取り入れる、具体的な方法を教えてください。

山中さん「画鋲などを使って、お気に入りのファブリックを壁に垂らすか天井に張り、そこへ照明を当ててみましょう。これが、簡単におしゃれで居心地の良い部屋にするポイントです。また、バーライト(棒状のLED照明)を収納やカーテンレールの上に置けば、部屋が広々と感じられるようになります。その際、大まかですが8~10畳程度で、天井も壁も白色の空間なら、長さ1メートル前後、20ワットのLEDのバーライトを選ぶだけでベースの明るさは取れるでしょう。ちなみに、中間スイッチ付きの電源コードがあれば、照明のオン・オフがしやすくなりますよ。バーライトも電源コードもホームセンターで購入できますから、チェックしてみてくださいね」

――その他にも、お部屋をおしゃれな雰囲気にするためのアイデアがあれば教えください。

山中さん「たとえばお部屋のコーナーにグリーンを置いて、下からスポットライトで照らせば、ホテルの様な演出になります。また造花でも構わないので、鉢に入った高さのあるグリーンを用意し、鉢の淵にハンガータイプのスポットを取り付けるのも効果的です。映画が好きな方なら、テレビの真後ろにバーライトを設置すると、画面が見やすくなりますよ。不要なスタンドライトがあるなら、傘を外して電球色のLEDに付け替えたものを使ってもOKです」

――間接照明を設置する際に気を付けたいポイントは何でしょうか?

山中さん「大切なポイントは二つあります。一つは『電球色を選ぶこと』。一般的な白色の光は、ある一定以上の明るさが無いと薄気味の悪い雰囲気になる可能性があるんです。もう一つは、『光源が目に入らないようにすること』。間接照明を収納の上に置く、スタンド型のスポットライトを壁面に向けるなどの工夫をすることで避けられます」

照明一つで、住まいの雰囲気は大きく変わります。家具のセレクトや配置にこだわるだけでなく、灯りのコーディネートにも目を向けて、素敵なお部屋を目指してみてくださいね。

≪取材協力≫
一般社団法人 日本ライティングコーディネート協会 http://www.jlca.or.jp/
合理的かつ技術的に安全な光の活用と、その効果についての知識向上、そしてその普及事業を通じ、人々の生活にゆとりある快適な光空間を定着させることを目的として平成18年に設立。“光の演出家”とも言えるライティングコーディネーターの育成事業などを行っている。

副会長 山中敏裕氏 http://lightsworks.jimdo.com/
2001年に設立した、照明コンサルティング業務などを行うライツワークスの代表を務める傍ら、一般社団法人日本ライティングコーディネート協会副会長、公益社団法人インテリア産業協会照明委員などを兼務。照明コンサルタントとして、数々のライティング・プロデュース業を手掛けるほか、建築家やインテリアコーディネーター向けの照明セミナーを日本各地で開催している。

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら