千葉市とUR都市機構が取り組む「近居」のこれから

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

千葉市とUR都市機構が取り組む「近居」のこれから (配信日時 2016.10.14/更新日時 2016.10.14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

10月12日、親世帯と子世帯が近い距離に居住する「近居」をテーマとして「UR賃貸住宅が提唱する『近居』というライフスタイル~近居割りを軸としたUR賃貸住宅の取り組み~」と題した説明会が開催されました。主催は、独立行政法人都市再生機構(以下、UR都市機構)。千葉市における「近居割ワイド」拡充のねらいや、千葉市による3世代同居等支援事業や家族介護者支援事業についてレポートします。

国土交通省によると、近居とは「住居は異なるものの、親世帯と子世帯が日常的に往来できる範囲に居住すること」。一般的には車や電車で1時間以内の距離に居住することを指しますが、UR都市機構では、子育て世帯・高齢者世帯・障がい者世帯を含む3親等以内の親族2世帯が「半径2km以内、徒歩30分、車で10分程度」の同一市区等に居住することと定義。各家族同士が“スープの冷めない距離”で暮らすことにより、子が親の家事や介護など生活を援助し、親が子の子育てを支援。同居と比べて互いに気を遣うことなく、お互いの世帯が助け合える関係性を築けることが大きなメリットです。

「近居割」「近居割ワイド」対象エリアの拡大で、より身近な制度へ

説明会は、UR都市機構千葉エリア営業部のチームリーダー、錦織靖基氏による「千葉市における近居割ワイド拡充とそのねらいについて」の説明から始まりました。UR都市機構は、近居を後押しするために2013年9月から「近居割」、2015年9月からは「近居割ワイド」という優遇制度をスタートさせていますが、今年9月からエリアを拡充。千葉市では、UR賃貸住宅のある5区全てを網羅し、大半の団地で制度の利用が可能になりました。

千葉市における近居割ワイド拡充とそのねらいについて」の説明をする錦織靖基氏

千葉市における近居割ワイド拡充とそのねらいについて」の説明をする錦織靖基氏

「近居割」とは、親世帯と子世帯が、同一もしくは半径2km以内のUR賃貸住宅に住む場合、新たに入居した世帯の家賃を入居から5年間、5%割引するサービス。世帯所得合計が月25.9万円以下であれば、20%の割引が適用されます。「近居割ワイド」は適用条件が緩やかで、片方の世帯がUR賃貸住宅で居住していれば、もう片方の世帯はUR賃貸住宅以外の近居で同様の割引が適用されます。つまり、千葉市内の実家で暮らす親世帯の近くに子世帯が引っ越す、千葉市内にマイホームを建てた子世帯の近くに親世帯を呼びたいといったケースでも利用できるようになった訳です。

錦織氏によると、「近居割」による新規入居者の半数が、高齢者のいる世帯とのこと。UR賃貸住宅間の近居が進むことで、孤立する高齢者の減少が期待できます。一方、「近居割ワイド」の新規入居は、子育て世帯から高齢者支援世帯の新規入居が半数以上を占めていることから、若年層の取り込みにより地域の活性化が期待できると分析しています。

千葉市内の3世代同居事業と併用利用で手厚い支援を

続いて、千葉市保健福祉局高齢障害部高齢福祉課課長の南久志氏により「千葉市3世代同居等支援事業および家族介護者支援事業について」説明がありました。

「千葉市3世代同居等支援事業および家族介護者支援事業について」説明をする南久志氏

「千葉市3世代同居等支援事業および家族介護者支援事業について」説明をする南久志氏

千葉市は、3世代家族の同居や近居に対する助成が手厚い自治体。住宅の新築・購入費用のみならず、賃貸住宅で暮らす場合についても初期費用の助成をおこなっています。3世代の家族が直線1km以内で居住を始め、「親が単身または夫婦のみの世帯であること」「親が65歳以上で1年以上千葉市に居住していること」「孫が18歳未満であること」といった要件を満たした場合、引っ越し費用などを最大50万円まで助成。UR都市機構の「近居割」「近居割ワイド」と併用して補助を受けることができます。

UR都市機構と千葉市のこれから

千葉市とUR都市気候が取り組む「近居」のこれから

UR都市機構と千葉市はともに「近居」の普及に向けた取り組みを行ってきました。これらの助成制度は徐々に浸透しているものの、制度を必要としている高齢者に直接働きかけることが難しい現状があり、制度の認知と理解が進まない側面もあるようです。今後は、認知度向上のため、UR都市機構と千葉市が手を組み、区役所でのチラシ配布や相互リンクなどを強化していくとのこと。近居割や近居割ワイドの利用者からは「自分の体調が悪い時など親に来てもらい、いろいろと手伝って貰えた」「いつでも子どもや孫に会える。病気になった時も心強い」など、喜びの声が多数寄せられているだけに、制度の浸透と近居の普及が期待されます。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら