高層階の方が家賃は高いけど、低層階と比べて住みやすいの?

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

高層階の方が家賃は高いけど、低層階と比べて住みやすいの? (配信日時 2016.11.01/更新日時 2017.03.03)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

高層階の方が家賃は高いけど、低層階と比べて住みやすいの?

賃貸マンションのお部屋選びの際、迷うポイントの一つが「高層階と低層階のどちらを選ぶ?」ということ。同じような間取りでも、基本的に家賃は高層階の方が高い傾向にありますが、果たしてその分のメリットはあるのでしょうか?

今回は、高層階と低層階のメリット・デメリットについて、個人向け不動産コンサルティング会社「株式会社さくら事務所」の会長で、不動産コンサルタントの長嶋修さんにお聞きしました。


――まずは、高層階に住むメリットを教えてください

「よく言われるのは、やはり普段とは違った目線で街を眺められるという、眺望の良さですよね。また直射日光の当たらない北側の住戸であっても、比較的明るさを確保しやすい点もポイントです。さらに、低層階に比べて防犯性が高いことや、一般的に5階以上になると、蚊やゴキブリなどの虫が出にくいという利点もあります。ただし、何十階という高層でも虫が出ることはありますので、ゼロではないと認識しておきましょう」

――反対に、高層階のデメリットは何でしょうか? 特に、内覧だけではわからない点があるなら気になるところです

「高層マンションではエレベーターを使うと思いますが、マンションによっては朝夕の通勤・通学ラッシュの時にものすごく混雑してしまい、長い時間待たなければならないケースがあります。そうなると、下まで降りて忘れ物に気付いても、戻るのが面倒かもしれませんね。また、災害が起きた時の不安もあります。上の階に行くほど揺れは大きくなるので、恐怖感は増すのではないでしょうか。

エレベーターが止まってしまう可能性もあり、実際に2011年の震災の時には、建物の何十階まで階段を上らなければいけないという問題も起きました。それも踏まえて、最近では自家発電の設備を備えたマンションも増えています」

――特に家賃を重視する方には低層階が魅力的かと思いますが、低層階にはどんなメリット・デメリットがありますか?

「一番のメリットは、割安感があること。特に高層マンションは、高層階に住みたくて選ぶ方が多いので、低層階は相対的に割安です。また、1階には専用庭が付いていることもありますし、低層階なら何かあった時に脱出しやすいという利点もありますね。

デメリットとしては、高層階の反対で虫が出る可能性が高まったり、日当たりが限定的になったりすることがあります。防犯面については、3階くらいまでは外の配管をつたってくる侵入者もいますので、最低でも4階以上の物件を希望する方も少なくありません」

――こうしてみると、“一般的にどちらが住みやすいか”ではなく、“自分はどこを重視するか”を吟味することが大切ですね

「高層階と低層階のメリット・デメリットを両方見たうえで、そのメリットを選んだ時にデメリットは許容できるのか?をよく考えてみてください。また、眺望を重視して高層階の物件を選ぶ場合、目の前に大きな建物が建ってしまっては意味がありません。周辺の空き地や建物の建築予定をある程度把握しておくと良いでしょう」

――具体的にはどうすれば良いでしょうか?

「たとえば、市区町村役場の都市計画課や建築審査課などと呼ばれるところに行き、新たな開発や建築の計画が出ているかを確認する方法があります。ただし、どうしてもその時点でのことしかわからない、ということは覚えておいてくださいね」

ちなみに高層マンションというと、人気の高い大規模なタワーマンションに憧れる方も多いはず。その魅力の一つが充実した共有施設ですが、以前は噴水やフィットネスクラブなど豪華な印象だったのに比べ、最近では託児施設やコンビニなど、より生活に根差したものを設けることが増えているそう。眺望を重視しないのであれば、低層階で家賃を抑えつつ、利便性を手に入れるのもアリかもしれません。

これらのことを参考に、ぜひ自分にとって住みやすいお部屋に出合ってくださいね。

《取材協力》
不動産コンサルタント/さくら事務所 会長 長嶋修さん
1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社「株式会社さくら事務所」を設立、現会長。『第三者性を堅持した不動産コンサルタント』の第一人者。国土交通省・経済産業省などの委員を歴任し、2008年、ホームインスペクション(住宅診断)の普及・公認資格制度を整えるため、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会を設立。メディアでも活躍するほか、『「空き家」が蝕む日本』(ポプラ社)『これから3年 不動産とどう付き合うか』(日本経済新聞出版社)など、著書多数。

さくら事務所ホームページ http://www.sakurajimusyo.com/
長嶋修ホームページ http://nagashima.in/

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら