ハウスメイト×九産大の学生がコラボ。学生の想いを反映したリノベーション

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

ハウスメイト×九産大の学生がコラボ。学生の想いを反映したリノベーション (配信日時 2017.01.31/更新日時 2017.01.31)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

ハウスメイトショップ九産大前店は、九州産業大学(以下九産大)芸術学部デザイン学科の学生と共同で『Re:部屋』(りべや)プロジェクトを実施。学生がグループを作り、企画から、学生へのアンケート調査、デザイン、プレゼンテーションを行い、リノベーション物件「AMANO FLAT(アマノフラット)」を生み出した。

この試みはどのように発案され、実現したのか。また、その中でリノベーション物件にもたらされたものは何か。プロジェクトに参加した学生と、一緒に歩んだハウスメイトショップ九産大前店の樋口智衣店長に話を伺った。

ハウスメイト×九産大の学生がコラボ。学生の想いを反映したリノベーション


■物件の長所をリノベーションで引き出し、空室を解消

――ハウスメイトが『Re:部屋』(りべや)プロジェクトの実現に至った経緯を教えてください。

樋口:九産大周辺には弊社の管理物件がたくさんありますが、そのほとんどが築20~30年と老朽化が進み、空室に悩むオーナーも増えていました。そのような状況で、入居者の方々に喜んでいただける住まいをどう供給するかが課題でした。また、近年は自宅から通学する学生が増加傾向にあり、空室が増加しています。そこで、入居者の多数を占める九産大の皆さんとタッグを組めば、よりよいアイディアが生まれると同時に弊社の管理物件を身近に感じていただけ、それが入居率向上にも繋がるのではないかと考えました。

――地域の賃料と、住宅事情・傾向について教えてください。

樋口:九産大の近くという場所柄、管理物件のほとんどが学生さん向けのアパートやマンションです。近年は、ある程度遠くても自宅から通学する傾向にあり、一人暮らしをする学生が減少。必然的に、空室も増加しています。家賃相場は2~3万円台ですが、人気があるのはインターネット無料の物件や、洗面台が独立している間取りの物件。今回リノベーションを行った「AMANO FLAT」はいずれの条件も満たしていませんが、『Re:部屋』プロジェクトで物件に付加価値を付けることができました。

――学生さんと共同企画を進めるメリットはどういったところで感じましたか?

樋口:プロジェクトに参加してくれた学生さんが主導し、周辺の大学生を対象としたアンケート調査を実施。どのような住まいを望んでいるのかというヒアリングを行い、ニーズに合ったプランを考えてくれました。「キッチンのスペースを拡大して使い勝手を高める」といった住み心地を良くする提案だけでなく、「アンティーク調の床材を用いる」といった、私たちでは考え付かないようなアイディアもたくさん出してくれて刺激になりました。実際のお部屋も、床には木目調の2種類の床材組み合わせて、使い込んだ雰囲気を持たせたつくりになっています。

不動産会社主導のリフォームですと、無難なプランになりがちなので新鮮でしたね。模型や完成イメージのスケッチを作成してくれたので、オーナー様だけでなくお客様の反応も良かったです。

――お部屋探しをする学生さんからの反応はいかがでしたか?

樋口:『Re:部屋』プロジェクトで物件に付加価値が生まれましたので、元々の家賃プラス5,000円で募集を開始。「九産大の学生さんが手掛けた物件」とご紹介した段階で、多くの方に興味を持っていただけました。内覧後の感触も上々で、完成してすぐに九産大に入学する女子大生の入居が決まりました。

――ハウスメイトさんの、今後の展望は?

樋口:今後も、『Re:部屋』プロジェクトを継続するとともに、九産大工学部の住居・インテリア設計学科の先生と産学連携活動の展開を予定しています。授業の一環として、壁紙の張り替えに挑戦してもらいます。九産大の皆さんと一緒に部屋づくりを実践することで弊社の認知度がアップしますし、弊社の管理物件を選んでいただくきっかけになります。また、学生さんの需要を私たちが把握しやすいというメリットもあります。今後も積極的に取り組みを続けていきたいですね。

株式会社ハウスメイトショップ
樋口 智衣さん
2008年4月、株式会社ハウスメイトパートナーズ入社。2014年11月から九産大前店勤務となり、昨年10月から同店の店長となる。今回の『Re:部屋』プロジェクトでは、ミーティングの開催や学生によるプレゼンへの参加、内覧、工事確認などを担当して学生をサポートした。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら