「東京ならでは」のお部屋探しのコツとは?

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

「東京ならでは」のお部屋探しのコツとは? (配信日時 2017.05.30/更新日時 2017.05.30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

全国から進学・就職などで大勢の人が集まる東京。当然、初めての一人暮らしかつ、初めて東京で部屋を探す……という方も多いのではないでしょうか。ただでさえ不安がつのる中、日本一の人口を誇る東京は不動産事情も地方とは異なります。その辺りの事情を知らなければ、なかなか満足のいく部屋は見つからないかもしれません。


そこで今回は「東京ならでは」のお部屋探しのコツをご紹介します。専門家のご意見として、東急リバブル株式会社 賃貸営業第一部 第三エリア(目黒・麻布) エリアマネージャーの田谷健夫さんのアドバイスを交えながらお話していきます。

●東京で住む「エリア・駅」を選ぶコツ
1.「点より線」、「線より面」で考える
当然のことながら住むエリア・駅を選ぶ上では、通勤や通学の利便性を第一に考えることになります。また「急行が止まる」「駅前が賑やかで人気がある」ことなどもポイントになるかもしれません。しかしそのような条件を満たすエリア・駅は、往々にして家賃が高くなる傾向があります。

これについては田谷さんから「『点より線』『線より面』で考えてみてください」というアドバイスをいただきました。たとえば渋谷が勤務地の場合、「東急東横線の中目黒駅がいい!」と「点」で考えるのではなく、「東急東横線の駅」で考えるのが「線」で考えるということになります。中目黒は東急東横線の中でも特に家賃の高い駅のため、「線」で探すことで予算にあった物件を見つけられる可能性がより高まります。

さらに「東横線」にこだわるのではなく、同じく渋谷を走る路線である「田園都市線」も候補に入れ、その間に挟まれたエリアで物件を探すことが「線より面」で考えるということになります。東急田園都市線と東急東横線の2路線で探すことで幅が広がり、予算に制限がある場合でも候補物件を選びやすくなるでしょう。

ちなみに東京都内の「ワンルーム・1K」の家賃相場の一例は、次の通りです。

(家賃12万円以下)
恵比寿 11.7万円
渋谷 10.7万円
目黒 10.6万円

(家賃10万円以下)
中目黒 9.8万円
五反田 9.0万円
三軒茶屋 8.8万円
新大久保 8.4万円

(家賃8万円以下)
下北沢 8.0万円
高田馬場 7.5万円
中野 7.3万円
高円寺 7.0万円
西日暮里 6.8万円
吉祥寺 6.7万円

(「マイナビ賃貸アプリ」で調査。2017年4月21日現在)

2.情報収集にネットをフル活用する
もう一つ田谷さんが「エリア・駅」選びのコツとして教えてくださったのは「ネットを使ってエリアや駅の雰囲気をつかむこと」。特に上京する場合、東京の各エリア・駅の雰囲気はなかなかわかりません。東京在住の知人や友人に相談することも一つの方法ですが、そのような相手がいない場合は、ネットのエリア・駅周辺情報サイトを見ることで全体的な印象を調べることができます。

さらに地図サイトを使って、エリア・駅周辺・候補物件周辺の様子を見る方法もあるとのこと。最近は風景をパノラマ写真で見ることができるサイトやアプリにより、実際にその場所にいるかのような感覚で周囲の状況を把握できるので、駅周辺の雰囲気や、物件から駅までの道が住宅街か繁華街か、といったことも確認可能です。田谷さんを始めとする不動産会社の方も、お客様にあった物件をすすめるためにそのような地図サイトを使うことがあるそうです。

●東京で予算にあう物件を探すコツ
田谷さんいわく、「予算・場所・間取り」の3要素で賃貸物件選びはほぼ決まるとのこと。実際には「予算」は仕送り額や収入から自動的に決まってしまいますから、残りの「場所」「間取り」を選ぶ必要があるでしょう。

そのうち東京ならではの「場所」を変更して予算を下げるポイントは、「駅からの距離」とのこと。最寄り駅からの距離が徒歩10分を越えると駅から近い物件と比較して人気が落ちるため、割安な賃料になるケースが多いそうです。これは車社会の地方とはかなり異なる点かもしれません。

さらに女性に顕著な傾向ですが、1階を敬遠し2階以上を希望する人が多いため、上階に比べ1階は安くなるケースもあるとのこと。これも目線や防犯面が気にならない人にとっては、家賃を下げられるポイントになるでしょう。

「間取り」については単純に狭い部屋を選ぶだけでなく、風呂・トイレが一体化したユニットバスの物件を選ぶことなどでも家賃は下がるそうです。

特に東京都心ならではの賃貸物件の特徴として、「建物が密集しており日当りが悪い」「幹線道路や大通りに面している」というものも多く、それらは敬遠されがちなので、家賃は安くなる傾向があるとのこと。これも土地が十分にあり、建物密集地に賃貸物件を建てる必要がない地方とは違った事情ではないでしょうか。

ちなみに田谷さんによれば、「これらの諸条件は住む人によっては気にならなかったり、むしろメリットになる場合もありますよ」とのこと。たとえば日中は仕事で外出しており、夜帰ってくるだけの一人暮らしの場合、日当りの悪さはあまり問題になりません。また敬遠されがちな1階の部屋も「階段やエレベーターを使う必要がないので便利」という人もいるそうです。

また、「バルコニーの目の前がお墓」という物件も敬遠されるのですが、建物が建つ心配がなく、日当り・開放感の条件などにより、好む人もいるとのこと。東京ならではの事情を逆手にとれば、希望の物件に住むことが十分可能になりそうです。

●東京ならではの不動産情報の入手方法
1.不動産情報サイトの使い方
田谷さんによれば、基本的に賃貸物件ポータルサイトの物件情報には各ポータルサイトによる大きな差はないとのこと。そのため、いろいろなポータルサイトを横断して物件を探すよりは、自分の使いやすいサイトを決め、毎日新着情報を見るようにした方が良い物件を見つけやすいそうです。

また賃貸物件ポータルサイトにおいては、家賃と管理費を別に設定しているケースが多い点に注意して欲しいとのこと。「支払うお金は『家賃+管理費』となりますから、検索の際は『家賃+管理費』で表示させた方がいいですよ」ということでした。

2.不動産会社の選び方
一方、不動産会社の選び方ですが、特に上京して初めて物件を探す場合などは、特定の駅だけでなく沿線の情報をより多くもっている不動産会社を選ぶ方が、先程の「線で探す」ことができるため、効率的な物件探しができるそうです。

また、「全国展開している会社では、地方でも東京の物件情報を取得できることがありますので、お近くに店舗があれば、上京前に相談してみるのも一つの手ですね」というお話も伺えました。

●東京で賃貸物件に住む場合の初期費用
田谷さんに伺った、東京で賃貸物件に住む場合の初期費用は、「仲介手数料」「敷金」「礼金」「当月分の日割りの賃料+翌月分の家賃」が一般的とのこと。この中で「礼金2か月」という物件はほとんど無くなり、以前には「初期費用は家賃の6か月分」と言われていたのが、今は「5か月分」くらいが相場だそうです。

この他に「鍵の交換費用」がかかる場合があり、これはオートロックタイプ、鍵が1つではなく2つある場合など、物件によって変わるとのこと。おおよそ2万円程度と言われています。

さらに、以前は入居者が家賃を滞納した場合に代わりに家賃を支払う保証人が求められていましたが、最近は「保証会社による保証」を入居の条件とする物件が増え、東京都内で営業する田谷さんの感覚では賃貸物件の7割程度までになっているそうです。この保証会社に支払う費用は、およそ賃料総額(家賃+管理費)の半月分程度かかります。これも東京ならではの注意点かもしれません。

また「『敷金・礼金ゼロ円』等の物件でも、『除菌消臭費用』『事務手数料』『保証金』などの初期費用がかかることもありますので、事前に確認した方が良いでしょう……」というアドバイスもいただきました。

最後に、田谷さんから伺った物件探しのコツは、「担当者と良いコミュニケーションをとること」。そのために担当者への連絡はメールだけでなく、電話をしてみるというのも一つの手ですよ、ということでした。

以上のからもわかるように、東京でのお部屋探しには、『東京ならではの事情』を知っておく必要がありそう。今回の記事が読者の「お部屋探し」の参考になれば幸いです。

《取材協力》
田谷 健夫さん



東急リバブル株式会社
賃貸営業第一部 第三エリア(目黒・麻布) エリアマネージャー

http://www.livable.co.jp/chintai/

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら