インテリアで涼しい夏を !プロが教えるこの季節にぴったりの素材やグッズとは
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

インテリアで涼しい夏を !プロが教えるこの季節にぴったりの素材やグッズとは

(配信日時 2017.08.21/更新日時 2017.08.30)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

一気に蒸し暑い日も増えてきた今日この頃。いよいよ本格的な夏の到来ですね。

インテリアに気を遣う方であれば、自慢のお部屋にも季節感を取り入れたいもの。そこで今回は、夏らしく涼しげなお部屋を作るコーディネートのポイントについてインテリアコーディネーターの内田先生にお聞きしました。


――夏にぴったりのインテリアについて教えてください。

日本の夏は、高い湿度のせいで実際の気温以上に暑苦しさを感じてしまいます。ここはぜひ、まだ冷房がなかった時代の、昔の人の知恵をインテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

ポイントは『吸放湿性』です。この機能を持った素材は、湿度の高い時には空気中の水分を吸収し、逆に乾燥した時には蓄えた水分を放出してくれます。お部屋のファブリックを吸放湿性の高い素材にすることで、高温多湿な季節でもジメジメの原因解消に役立ってくれるというわけです。

まず手軽さでオススメなのは、下着や布おむつに使われ、高い吸放湿性を持ち、夏を快適に過ごす素材としてファッションとしてもよく知られているリネン(亜麻)や綿ガーゼ。インテリアでも、寝具やカーテンに取り入れてみるのはいかがでしょう。汗を素早く吸収し、乾くのも早いため、サラッとした肌触りにも清涼感があり、見た目もナチュラルで涼しげです。暑い季節にぴったりの素材だと思います。

もう1つのオススメは「い草』。畳の原料であるい草には、吸放湿性以外に抗菌やリラックスの効果もあり、蒸し暑い日本の夏を乗り切るために、昔からさまざまな場所で活躍してきた日本の伝統素材です。

一見和風なイメージですが、実は現代のインテリアとの相性も高いと思います。オシャレにアレンジされたものが多く登場しているのもポイントです。お部屋のラグマットをい草素材に変えれば、夏の大敵である足の臭いを除去する効果も期待できますし、湿度調節機能のおかげで寝転がっても熱がこもらず、肌触りひんやり。湿度が高くても快適に過ごすことができるでしょう。
お部屋に自然素材が増えると見た目にも涼しさを感じられます。

――そのほかに清涼感のあるアイテムはありますか?

涼しげな素材といえばやっぱり「ガラス』です。食器をガラス素材にすれば食卓が涼しげに感じられるでしょう。予算に余裕があればガラステーブルを置いても涼感演出になります。

また観葉植物でも夏らしさをアピールすることができるでしょう。オススメなのは最近とても人気が高く、100円ショップでも手に入るようになったエアプランツです。
もともと熱帯地域に生息するエアプランツは夏の暑い気候が似合う品種。「生きたオブジェ』とも呼ばれるほど見た目もオシャレな上、空気中の水分を吸収する働きまで持っているという夏にピッタリの植物です。

こまめな水やりが不要で育てやすいエアプランツですが、それでも面倒と感じる方はこの際フェイクを飾るのも手でしょう。表面がザラザラとして白っぽい独特の質感を持つエアプランツは、他の植物に比べても本物とフェイクの見分けがつきづらいのが特徴です。これなら水やりの手間もかかりません。

――最後に、どんな色合いのインテリアが夏には合うのでしょう?

夏のカラーとして真っ先に思いつくのはブルーなどの寒色系ですが、あまり広範囲に使うと、かえって寒々しく落ち着かない印象を与えてしまいます。青を使うなら差し色で。メインには白系の薄いカラーをセレクトして清涼感を出すのがオススメです。

また、清潔感を最優先するなら真っ白がベストですが、『白』を選ぶ時にもポイントがあります。漂白したような真っ白すぎる白色には緊張感があるので、敢えてオフホワイトやベージュなど、の色味を少し加えると、それだけで純粋な白よりもナチュラルで自然な印象を与え、部屋のイメージにこなれたオシャレさが出るでしょう。

*****
模様替えのタイミングは今がチャンス。見た目も機能性も兼ね備えた夏のインテリアを取り入れれば暑い季節も快適に! ますます夏が楽しみになりそうですね!

――――――――
《取材協力》
内田芳美さん(インテリアコーディネーター)
カーテン販売会社の営業を経て、現在スタイリクスの専属インテリアコーディネーター 兼オンラインショップマネージャー。ホームページの実例集のスタイリングディレクター の他、テレビ出演や大手企業のセミナー講師なども務め、幅広い分野で活躍中。

家具インテリアコーディネートショップSTYLICS(スタイリクス)
http://www.stylics.com/

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら