プロに聞く!ガス代を上手に節約できる調理「10」のコツ

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

プロに聞く!ガス代を上手に節約できる調理「10」のコツ (配信日時 2017.09.15/更新日時 2017.09.15)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

なにかとお金のかかる一人暮らしですが、日々、節約を心がけたいのが光熱費。その中でも、調理法を工夫すればぐっと節約できそうなのが、ガス代です。

そこでガス代を節約するコツを、自社サイトで家計の節約術を紹介しているエネチェンジ株式会社の中田さんに伺いました。


――一人暮らしの場合、光熱費はどのくらいかかっているのでしょうか?

「総務省統計局による家計調査(2014年度より)では、一人世帯の光熱費は年間約13万円です。そのうち、ガス代が年間およそ3.9万円、月平均で3000円程度かかるとされています。ちなみに電気代は年間6.6万円、上下水道代は年間2.4万円程度です」

――調理法を工夫すれば、ガス代をもっと節約できるそうですね。ガス代を上手に節約するコツを教えてください。

1.鍋のふたや落としぶたを活用しよう!
「調理の際にふたをすることで熱を逃しにくくなり、調理時間を短縮できます。ふたをすることで年間3.3立方メートル(ガス代にして357円程度)、落としぶたをすることで年間21.7立方メートル、2350円程度の節約ができます」
※ガス代は1立方メートル108.3円で計算。調理時間を18分程度に短縮されたと仮定した場合で算出。

2.パスタをゆでるときは同時調理で!
「一人暮らしでパスタを作るなら、パスタをゆでるついでに野菜なども一緒に入れて同時に調理しましょう。洗い物が減るし、調理時間も短縮できます。じゃがいもを一緒にゆでればポテトサラダができますし、そこにタラコを混ぜればタラモサラダが作れます。これで年間10立方メートル、1080円程度のガス代が節約できることになります」

3.レトルトパウチは卵焼き器で温めよう!
「パスタソースやレトルトカレーなどを、大きな鍋にたくさんの水を入れて温めようとすると、沸かすのに時間もかかり、結果的にガス代も高くなります。そこでちょうどいいサイズなのが卵焼き器です! 鍋底から炎がはみ出ない程度の中火にするだけで、年間2.38立方メートル、258円程度のガス代が節約できます。ちなみに餃子などを1人分焼く場合にも卵焼き器がピッタリです」

4.大きめの鍋を使おう!
「深い鍋より、浅くて鍋底の広い鍋のほうが、熱の無駄がなく効率よく調理ができるので、年間1.3立方メートル、141円程度のガス代を節約できます。パスタをゆでる際も、パスタ鍋よりフライパンを使うことで水の量を減らすことができ、ガス代の節約に繋がります」

5.調理法は、炒める>蒸す>煮る!
「水を使わないほど調理時間が短くなってガス代が節約できるということを念頭に置いて、調理法を考えてみましょう」

6.炊飯器調理を活用しよう!
「一人暮らしで簡単にできるカレーなどは、煮るのにガス代がかかります。圧力鍋があれば時間短縮もできますが、一人暮らしで圧力鍋を買うのはちょっともったいないところ。炊飯器なら、具材とカレールウを入れて炊飯ボタンを押せば、約30分でカレーができあがります」

7.余熱を利用しよう!
「ゆで卵を作る時、固ゆでにする場合は通常13分程度かかりますが、余熱調理を活用すればゆで時間を少なくすることができます」

・ゆで卵
鍋に卵と、卵が浸るくらいの深さの水を入れて火にかける。沸騰したら火を止め、ふたをして蒸らす。10分ほどで半熟に、20分ほどで固ゆでに。

・乾麺
沸騰した湯に乾麺を入れ、再び沸騰したら火を止めてふたをする。袋の表示時間より1~2分長めに蒸らす。

8.調理用の水は常温のものを使おう!
「煮炊きする際などにペットボトルの水を使う場合は、冷蔵庫で冷やした水ではなく、常温のものを使いましょう。沸騰までの時間が短くなります」

9.給湯器の温度を見直そう!
「キッチンに給湯機能がついている場合、給湯温度を確認してみましょう。お風呂と連動している場合、そのまま使うとお風呂と同じ温度(40~42度)で使うことになります。キッチンで使うのに40度のお湯である必要はありません。設定温度を下げればガス代を節約できます。給湯器のON・OFFも忘れずに。ガス代だけでなく電気代の節約にも繋がります」

10.夏場の洗い物は水を使おう!
「外気温が高い夏は、水道水がある程度温かくなっています。最近の洗剤なら水洗いでも油汚れが充分に落とせるので、水で洗う習慣をつけましょう。水切れが悪くなるからイヤという方は、水で洗った後、洗い桶などに湯をためて最後にすすぐようにすると、湯の使用量もおさえられ、水切れよく洗い上げることができます」

一つひとつは小さな節約でも、積み重ねていくことで大きな金額になります。今日からチャレンジできる簡単な方法ばかりなので、ぜひ試してみましょう。

《取材協力》
エネチェンジ株式会社 http://enechange.co.jp/

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら