【PR】時代のニーズを敏感にキャッチ! UR賃貸住宅が取り組むリノベーション
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

【PR】時代のニーズを敏感にキャッチ! UR賃貸住宅が取り組むリノベーション

(配信日時 2017.09.20/更新日時 2018.08.24)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

UR賃貸住宅では、退去された住戸を元通りに補修する原状回復工事のほかに、さまざまな取り組みをしています。その事例について詳しくうかがうため、私、ライターの斎藤がUR都市機構千葉エリア経営部を訪問、取材しました。


UR都市機構千葉エリア経営部がある「幕張テクノガーデン」

今回、さまざまな質問にお答えいただいたのは、UR都市機構千葉エリア経営部のお二人。

ストック技術課の瀬下さん(右)と、ストック・ウェルフェア推進課の小原さん(中央)です。

お二人にUR都市機構で働く上でのやりがいをうかがったところ、「どうしたら入居者様に喜んでいただけるかを考えリフォームを計画し、その空間を気に入った方に契約していただけた瞬間が一番嬉しい」と瀬下さん。「思い描いた部屋づくりを計画・実行し、実際に入居していただくまで関われことにやりがいを感じています」と小原さんが語ってくださいました。

それでは、さっそくお二人に取り組みについて、お話をうかがってみましょう。

Q.UR賃貸住宅では原状回復工事のほかに、さまざまな取り組みをされているとのことですが、どのようなことをされているのですか?

瀬下さん:「団地の多くが築30~50年程度で、時代が進むにつれてお客様のニーズが変化し、原状回復だけでは入居者様のニーズに応えきれなくなってきました。現在はマンションのように段差のない空間の需要が高まっていますし、求められる間取りやデザインも変わっています。そこでいくつかご紹介しますと、『リフォーム住戸』や『High-Standard』、無印良品のMUJI HOUSEとコラボした『MUJI×UR』、イケアの家具を組み合わせた空間を提案する『イケアとURに住もう。』といった取り組みを行っています」

ライター:「民間企業とも連携して、さまざまなリフォームに取り組んでいるのですね。今まで抱いてきた昔ながらの団地とは、だいぶ趣が異なりそうです」

Q.ありがとうございます。つづいて、それぞれの取り組みについて具体的に教えてください。

瀬下さん:「まず、私たちの取り組みの1つめとして、『リフォーム住戸』というものがございます。具体的には、畳を交換するよりも洋室に一新する、2DKや2Kの間取りから1LDKに変更する、老朽化した設備を交換するなどといった内容です。リビングが広いと、入居者様に喜んでいただきやすいですね。また、第一印象が大切なので、アイキャッチになりそうな場所にアクセントクロスを入れることもあります」


梨香台団地(松戸市)/玄関(左)、リビング(右)


野菊野団地(松戸市)(左)/グリーンタウン光が丘(柏市)(右)

ライター:「数あるUR賃貸住宅の中でも、築年数や駅からの距離などの違いで人気の度合いが変わってくると思います。入居率が高くない団地から、リフォームを行っているのでしょうか」

小原さん:「エリアごとの担当者が、団地ごとの特徴を踏まえながら戦略を立てています。確かに、駅近の新しい物件は入居率が高い傾向にあります。しかしそれ以前の問題として、街自体に元気がなければ、入居者様に集まっていただけません。そういった場合は、駅近物件からリフォームを進めるケースもあります」

ライター:「ニュータウンと呼ばれるエリアの団地では、少子高齢化の影響が出ていると思います。団地が元気になれば、街全体の活性化に繋がりそうですね」

小原さん:「取り組み2つめは、『High-Standard』というものがございます。『リフォーム住戸』は部分リフォームですが、『High-Standard』はフローリングやクロス、建具といった内装から、風呂、キッチン、洗面所といった水回りまでトータルで新調するなど、大規模なリノベーションを行います。
千葉県内にはかなりの数の団地があり、通常の原状回復工事をするだけでは団地ごとの差が感じられず、家賃帯が高い団地は見劣りしがちな現状があります。そのため、駅近で家賃帯がやや高い物件から優先的に施工しています。
現在、千葉県内で既に6団地が供給、5つの団地が工事中で今年度は11団地に拡大していく予定です。完成を心待ちにしてくださっている方が多いです」


谷津パークタウン参番街(習志野市)/(左上、右下)
八千代ゆりのき台ライフタワー(八千代市)(左下)/コンフォール舞浜(浦安市)(右上)

ライター:「駅近で間取りもデザインも一新されているとなれば、人気にも頷けますね。大規模なリノベーションと言いますと、全ての空間に手を入れているのでしょうか」

小原さん:「交換していないものはないと言ってもいいくらい、水回りからスイッチプレートなど細部に至るまで一新しています。床は、既存のフローリングの上に増し貼り用のフローリングを貼り、一面きれいにしますし、建設当初の建具から木製建具に交換しています。キッチンは、分譲の住戸と同レベルの商品を設置。分譲マンションのメーカーや設備メーカーに話を聞き、需要が高い商品を取り入れています」

ライター:「なるほど。見えない部分も品質の良いものを使用するこだわりはまさに『High-Standard』という名にふさわしいですね。」

小原さん:「取り組み3つめは、『MUJI×UR』というものがございます。2012年度に関西からスタートしたプロジェクトで、団地の良さを見直し、優れた部分を上手に活かしながら、そこに無印良品が積み重ねてきた知恵や工夫をそっと掛け合わせて、これまでにない賃貸住宅をつくるプロジェクトです。無印良品らしい白を基調としたデザインや、MUJI×UR の共同開発商品の採用などを通じ、快適に暮らせる住宅を提供しています。共同開発商品は、ほとんどのMUJI×URで採用しているダンボールふすまをはじめ、麻畳、キッチン、ユニットバスなど多岐にわたります」


芝山(船橋市)(上下)

ライター:「『こわしすぎず、つくりすぎない』というコンセプトに共感する方は多いと思いますし、共同開発商品も使いやすそうです。反響はいかがですか」

瀬下さん:「UR都市機構を知らなかった無印良品ファンからの反響が大きく、新規顧客の獲得に繋がっています。20~30代ですと、UR都市機構をご存知ない方もいらっしゃいますし、団地と言えば古くて汚くて……というイメージをお持ちの方も多いようです。そんな方々が、『MUJI×UR』を通じて団地を訪れ、『意外といいね』と言ってくださいます。自然豊かな環境や、団地内のプレイロット(公園)でお子様たちがのびのびと走り回る様子、商店街がある利便性、行き交う人々のあたたかみも感じてくださるようです。もちろん、MUJIブランドならではのデザイン性も魅力で、2重に喜んでいただけます」

ライター:「団地の敷地条件は、たくさんの緑があって、ゆったりとしていて、現在の住宅事情を考えると贅沢ですよね。そこにデザイン性も加わったとなれば、確かに魅力に感じる方が多いと思います」

小原さん:「最後4つめは、『イケアとURに住もう。』というものがございます。こちらも『MUJI×UR』とほぼ同時期にスタートした取り組みで、「サステナブル・リビング(※編集部注:環境に優しく、季節やライフステージの変化を楽しみながら、豊かに暮らし続けること)」をコンセプトに、URとイケアのスタッフによるプロジェクトチームが、部屋ごとにどんな家族が暮らすのかというイメージを設定しています。その具体性が、部屋の内装や設備、そしてインテリアコーディネートにまで活かされています」


谷津パークタウン参番街(習志野市)


谷津パークタウン壱番街(習志野市)(左)/プロムナード北松戸(松戸市)(右)

ライター:「『MUJI×UR』は間取り変更も含むリフォームを行っていますが、『イケアとURに住もう。』では既存の間取りを活かし、家具で住み心地を高める提案をしているのですね」

小原さん:「はい、イケアの家具や小物をコーディネートしたモデルルームをつくり、入居者様の空間づくりの参考にしていただいております。また、イケアのキッチンは全戸に備え付けられてあり、イケアの家具やカーテン、照明などをご自身でプラスしていただくことで、その方に合った住まいが完成します。収納スペースの使い方などを踏襲し、我が家に取り入れている方々をよく見かけますね」

ライター:「多彩な商品を展開するイケアとのコラボだからこそ、多様化するライフステージに対応できるのですね」

Q.なるほど。取り組み内容についてよく分かりました。これらの取り組みをはじめたきっかけなど教えていただけますか。

小原さん:「『リフォーム住戸』や『High-Standard』は、昭和の時代に建てられた物件でも、築浅の賃貸マンションや分譲マンションと同等の住み心地を叶え、快適に暮らしていただくために計画しています。『MUJI×UR』や『イケアとURに住もう。』は、団地を知らない世代に対する認知度向上を目的としてスタートしました。民間企業とのコラボをきっかけに団地を訪ねていただき、その魅力に触れて、コラボの対象ではない団地にお住まいいただくケースも少なくありません。前述のような住環境に加えて、規模の大きな団地だからこそできるメンテナンスや、イベントの開催など、民間のマンションではなかなか成しえない住み心地を、1人でも多くの方に体感していただきたいですね」

ライター:「このような取り組みは、千葉以外のUR賃貸住宅でも行われているのですか」

小原さん:「『High-Standard』は千葉エリア独自の商品ですが、住戸内リフォームや大規模リノベーションにつきましては、全国のUR賃貸住宅でさまざまな取り組みがなされています。『MUJI×UR』や『イケアとURに住もう。』は、物件は限られていますが、全国展開しています」

これらの物件に興味がある場合はどちらに問い合わせたらよろしいのでしょうか。

小原さん:「UR賃貸住宅のホームページを見てから問い合わせをいただくケースが一番多いですね。千葉県・茨城県内だけでも16ヶ所の営業センターやUR賃貸ショップがありますが、ご希望の物件に近い営業窓口にお問い合わせいただけますと、空き状況も含めたより詳しい情報をお伝えできます。」

ライター:「団地内の現地案内所へ足を運べば、相談に行ったその場で現地の雰囲気を感じることができていいですね」

小原さん:「今回いくつかご紹介したのは一例でして、ほかにも各沿線の物件によってさまざまな商品をご用意していますので、追ってご案内できればと思います」

みなさまいかがでしたでしょうか。
次回は千葉県内でも屈指の文教エリア、幕張ベイタウンの物件を訪問取材します!

今回ご紹介したリノベーション(千葉県内)物件の対象一覧(H29.9.1現在)

※最新の空室状況等については、下記UR営業窓口までお問い合わせください。

UR営業センター・UR賃貸ショップ一覧
UR松戸営業センター
UR稲毛海岸営業センター
UR津田沼営業センター
UR賃貸ショップ柏駅前
UR谷津パークタウン現地案内所
UR賃貸ショップ北習志野駅前
UR賃貸ショップ新浦安駅前

気になるUR賃貸住宅のお部屋探しは、住みたい街や団地の魅力の情報が満載の特設ページをご覧ください。

(マイナビ賃貸広告企画:提供 独立行政法人都市再生機構 【UR都市機構】)

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら