お酒好き必読! 赤羽情報誌編集長に聞いた「赤羽昼飲み」徹底攻略ガイド
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

お酒好き必読! 赤羽情報誌編集長に聞いた「赤羽昼飲み」徹底攻略ガイド

(配信日時 2017.10.17/更新日時 2018.11.28)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

ここ数年で住みたい街ランキングの上位に急浮上してきた「赤羽」。人気のきっかけとなった漫画やドラマの影響からか、メディアでは“呑兵衛の聖地”として紹介されることが多く、昼間から飲める街としてお酒好きを中心に注目度が高まっているようです。お酒が好きなら、この街に住むのも“検討する価値あり”かもしれません。

そこで今回は、噂の実態を調査すべく、赤羽の情報誌「赤羽Styles」の編集長でもある北区観光協会の杉山さんに、赤羽で昼飲みをする際のポイントやおすすめスポットについて伺いました。


――赤羽といえば、ディープな飲み屋スポットというイメージですが実際のところはどうなんでしょうか?

「あちこちでそういう取材を受けることが多く、確かにメディアで紹介されるような有名店はどこも個性ある昔ながらの店ばかりですが、そういった店の多くが、本来の『居酒屋』とはちょっと違う立ち位置になっています。このあたりには昔から工場やタクシー会社が多く、もともとは夜勤明けの人が仕事終わりに食事を取る店として生まれた店なんです。世間では朝でも彼らにとっては『夜ご飯』。なので食事と共にちょっと一杯ひっかけたくなるのも当然ですよね。

そんな彼らの需要を受けて、店でも早い時間からお酒を提供するようになったというわけです。だから逆に普通の居酒屋のゴールデンタイムには店を閉めている場合がほとんど。繁華街の飲み屋とはちょっと時間の配分が違うんですよ。

また、そういう店の多くは小学校の通学路に位置しており、店の経営者も地元の名士が多く、なかにはPTAの会長までいます。そんなこともあってか、もともと酷い酔っ払いの入店を断っている場合が多く、飲む場合も一人何杯までと決められていたりします。大勢でワイワイ騒いで呑んだくれたりする店ではなく、美味しいつまみと共に軽くひっかける程度に飲むのが粋な飲み方だと思いますね。泥酔して他人に迷惑をかけたりする人もいませんから、女性一人でも気軽にちょい飲みを楽しんでもらえると思います」

――庶民派というイメージが大きいですが、安くて美味しいというのは本当ですか?

「もともと居酒屋というよりは食事がメインの店ですから美味しいのは当たり前です(笑)。例えば某漫画の中でも紹介された『まるます家』は鰻屋。鰻が美味しいのはもちろんですが、鯉やナマズ、スッポンなど、珍しい高級魚も庶民派価格で楽しむことができます。それ以外にもメニューの数は常時100種類以上。一人暮らしの方が毎日台所代わりに利用してもメニューに飽きることはないと思いますよ。

次にメディアでもよく紹介される『丸健水産』はおでんの店です。手作りの練り物はどれも美味しく種類も多いので、迷ったらおでん4種にお酒がついたおトクなセットを頼むのがおすすめですね。ほかに日本酒をおでんだしで割った『だし割り』というメニューも人気。半分くらい飲んだワンカップを持っていくと熱々のだし汁を入れてくれます。寒い日にはたまらないですよ。

OK横丁にある『八起』は炉端焼きがメインの居酒屋。串物は5本で400円と格安で、ホルモンメニューもどれも絶品です。そのほか、焼きとんで有名な『まるよし』や立ち飲みの『いこい』など、おすすめの店をあげればきりがありませんが、どこも平均して21〜22時くらいが閉店時間。夜遅く来ても店じまいの時間ですから、赤羽で飲むなら昼がおすすめですね」

――若者が一人飲みも大丈夫そうですか?

「もともと夜勤明けの方が一人で行くための店ですから、むしろ一人飲みの方が自然なくらい。大勢で騒いでるような人の方が少ないですよ。メニューも一人用の小ぶりサイズになっていますから、いろんなメニューを楽しめると思いますね。
また、土地柄から子連れの家族客も多いのが特徴です。

せんべろとは言いますが、千円でベロベロ酔っ払っている酔っ払いなんかほとんどいません。女性一人でも安心してちょい飲みを楽しんでいただけると思います」

――一人暮らしをする際の住み心地はどうですか?

「メディアではいわゆるディープな飲み屋街として紹介されることが多く、年齢層の高いイメージもあるかもしれません。でも昨年から赤羽台に東洋大学のキャンパスが開校したこともあり、最近では若者向けのお店もどんどん増えています。

北区は子育て支援にも力を注いでおり、ファミリーに住みやすい街としても人気上昇中です。交通の便もよく、スーパーなども充実していますから一人暮らしの若者なら、結婚した後もそのまま住んでもらえる街だと思います。また、さっきも言った通り、昔ながらの店に立つ人のほとんどは地元の有志や小学校のPTA役員など。わからないことがあったら気軽に話しかけてみてはいかがでしょうか?」

取材協力:杉山徳卓(まちづくり北株式会社)
東京北区観光協会の事務局長。
赤羽駅周辺の情報を扱うフリーマガジン「赤羽Styles」の編集長でもある。
http://prkita.jp

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト
PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら