楽しくお部屋で過ごすために。気分を明るくする3つのインテリア
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

楽しくお部屋で過ごすために。気分を明るくする3つのインテリア

(配信日時 2017.10.20/更新日時 2017.10.20)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

秋が深まるにつれ、次第に日照時間が短くなり、なんだか少し寂しい雰囲気に。そんな時、部屋の印象まで暗いとますますテンションが下がりますよね。

そこで今回は、秋の気分を盛り上げ、沈みがちな気分を明るくしてくれるインテリアのポイントやおすすめアイテムついて、インテリアショップ「Rigna」スタッフの八木さんに伺いました。


――気分を盛り上げたい時のインテリアってなんでしょう。

「部屋に明るいイメージを与えるための一番簡単な方法は、やはり光の効果を利用することになるかと思います。生活するのに必要な明るさ、という面で言えばメインの天井照明だけで十分かもしれませんが、間接照明を使うと暗さをうまく活かした秋冬ならではの雰囲気作りに大きな効果が期待できますよ。

間接照明といってもフロアライトやスタンドライト、ルームライトなどいくつかの種類があります。簡単に取り入れられるものとしてはスタンドライトがおすすめ。これもさまざまなタイプがあり、それぞれに違う効果があります。

シェードがついていない、部屋全体を明るくするようなライトはどんな場面でも使えるマルチなタイプ。ただし、電球の光が直に入ってくるものだと光の力が強く、気分が沈んでいる時には少し尖ったキツいイメージを与えがちになるため、電球を覆ったり包んだりしているものを選ぶのがおすすめですね。柔らかい光が部屋を包むことで気持ちに優しさや温かみを与えてくれると思います。

また、シェードが上向きに広がっているような、天井に向けて光を出すタイプの間接照明は部屋をムーディな印象にしてくれるため、部屋で映画を見る時や恋人と過ごす時間に使うと演出効果に役立ちますよ」

――灯り以外でおすすめのアイテムはありますか?

「部屋にグリーンを取り入れるのもおすすめ。植物は生き物なので、置くだけで生命力を感じ、心理的に元気になる力があります。

ただ、これからの季節は気温も低く部屋も乾燥しがちなので、種類選びが重要。枯れてしまったり葉が落ちてしまったりするとがっかりしますから、落葉樹類は避けた方がよいと思います。最近はフェイクグリーンでも本物と見分けがつかないくらい精巧に作られているものも多いので、大きなものを部屋に置くならこの際フェイクを使うのもおすすめですね。水やりの手間もなく、気軽に使える元気アイテムです。

また、最近人気の多肉植物なら枯れたりする心配も少なく乾燥にも強いので、室内でも比較的育てやすいですね。多肉は見た目が固く、あまり大きなものを置くと部屋に圧迫感を感じてしまう場合があります。インテリアに取り入れる場合は小さめのものをポイントに使うのがよいのではないでしょうか」

――植物が部屋にあるとおしゃれなイメージにもなりますね。

「そうですね。また、配色を意識すると部屋のイメージに大きな違いがでるでしょう。
気分が暗くなりがちな時はビタミンカラーを取り入れるのがおすすめ。ビタミンカラーとは柑橘類に見られるようなビビッドな色合いのことです。ただ、あまり広い範囲に使うと強すぎるので、クッションや雑貨など、インテリアの差し色として使うのがおすすめですね。

暖色もこれからの季節に取り入れたい色です。もともと暖色には実際の気温より暖かく、寒色には涼しく感じさせる効果があります。こちらも赤やオレンジ、黄色などの濃い色を使う場合はポイント使いで。

最後に。気をつけなくてはいけないのが素材感の統一性です。せっかく色やアイテムを揃えても、素材がちぐはぐだと部屋全体としてのまとまりがなくなってしまいます。季節によって向いている素材と向いていない素材があるため、季節に合った素材を取り入れることが大切。暑い季節であれば麻素材が人気でしたが、これから寒くなってきたら、毛素材やベルベットなどもよいかと思いますよ」

取材協力:八木清貴(Rigna店舗スタッフ)
リグナテラス東京の店舗販売員兼コーディネーター。ワンルームからマンション・戸建まで幅広く相談にのり、住み良い家具選びのアドバイスや提案を行う。

[インテリアショップRigna]
国内最大級の取り扱い商品数と国内外の上質な家具インテリアを取り扱う。東京と福岡に実店舗を構えたオンラインストア。
http://www.rigna.jp/

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら