“多世代により育まれる持続可能な地域”を目指す、「江古田の社プロジェクト」の取り組み
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

“多世代により育まれる持続可能な地域”を目指す、「江古田の社プロジェクト」の取り組み

(配信日時 2017.11.01/更新日時 2017.11.01)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

10月25日、中野区江古田に「『サステナブル・タウン』誕生! 〜総合東京病院・積水ハウス・独立行政法人都市再生機構(以下、UR都市機構)の三社協働による持続可能なまちづくり〜」と題された説明会が開催されました。これは、中野区最大級の住宅、医療、保育施設などの複合プロジェクトである「江古田の社プロジェクト」に関するもので、主催は、上記三社からなる江古田三丁目地区まちづくり協議会(以下、まちづくり協議会)となります。説明会は三社のプレゼンテーション形式で行われ、さらにこの日は中野区の田中大輔区長も登壇されました。今回は、同プロジェクトがこれまで推進してきた取り組みと、今後の展開についてリポートします。


左から積水ハウスの篠崎浩士氏、総合東京病院の渡邉貞義氏、田中大輔中野区長、UR都市機構の田中伸和氏

「江古田の社プロジェクト」は、総合東京病院、積水ハウス、UR都市機構が連携して進めています。江古田の森公園と連続し、豊かな自然に囲まれた江古田三丁目地区で、学生や子育て世代、高齢者世代など多様な世代が愛着を持って住み続けられるまちづくりを目指しており、来秋まちびらきを予定しています。

中野区全体の”サステナビリティ”にも大きく寄与

説明会は、中野区の田中大輔区長による「江古田の社プロジェクトに関して中野区が期待すること」から開始。中野区では、同プロジェクトの上位計画である中野区の都市計画マスタープラン(基本計画)や、中野区の傾向である子育て世代の区外転出が多く見られることを踏まえ、UR都市機構へ以下の要望を行いました。

区の要望としてはまず、「周辺地域への適切な情報提供」が挙げられています。続けて「地域環境や特性への配慮」「ファミリー向けの良質な住宅の供給」「地域の防災機能への貢献」、そして「地域に貢献する公共的な施設の配置」として「中野区北部で不足している小児初期救急診療、病児・病後児保育などの施設導入」などを要望しています。


「江古田の社プロジェクトに関して中野区が期待すること」を説明する田中大輔氏

これらを受け、A・B・Cの3街区で構成されたエリア内を、A街区=ファミリー向け分譲マンション、B街区=総合東京病院の小児医療施設等の配置、C街区=多世代向け賃貸マンションを整備し、そのほか防災・環境への配慮も行っています。田中区長は、同地区がサステナブル・タウンであると同時に、この開発が中野区全体のサステナビリティ(持続可能性)にも大きく寄与してくれていると評価されました。

民間業者・行政・地域との連携でまちづくりを推進

次に、UR都市機構 東日本都市再生本部 本部長 田中伸和氏の、「江古田の社プロジェクトにおけるURの取り組み」の説明がありました。田中氏によれば、同社は同プロジェクトを民間事業者や地方公共団体と連携して推進する「都市再生」事業と位置付け、まちづくりを進める第一歩として民間業者の活力の導入を図りました。「上位計画や地域ニーズを踏まえた民間事業者の公募」と「民間事業者等と連携してまちづくりを進めていくための『まちづくりガイドライン』の策定」を行い、同プロジェクトの礎としています。


「古田の社プロジェクトにおけるURの取り組み」を説明する田中伸和氏

前述の区の要望や社会課題、地域特性などを勘案し策定された「まちづくりガイドライン」は、「多世代により育まれる持続可能な地域をつくる」をコンセプトとしています。また、これを具現化するための4つのテーマ「多世代 子育て」「緑」「防災」「健康 スポーツ」を定めています。まちづくり協議会は現在、行政や地域と連携しまちづくりを進めており、来秋のまちびらき以降は、継続的にエリアマネジメントを行う「リブインラボ協議会」への、円滑な引き継ぎを予定しているとのことです。

子どもたちが住みやすい=すべての人が住みやすい街に

続いて、総合東京病院 院長 渡邉貞義氏が登壇。「地域医療における小児医療の問題とその取り組み」の説明を行いました。地域医療における小児医療の問題として、渡邉氏は小児科医の不足を指摘。ドクターの獲得に苦労しながらも、同院がそれまで中野区北部エリアには存在しなかった小児初期救急を開始することにより、地域の小児医療に貢献しています。


「地域医療における小児医療の問題とその取り組み」を説明する渡邉貞義氏

病児・病後児保育は、児童が病気にかかっている場合や回復期にある際に、医療機関や保育所などにある専用スペースでケアを行う保育サービスで、これまで区内では病後児保育施設は2つのみ、病児保育施設はありませんでした。同院では二次感染予防など児童の安全の確保を第一に、病児・病後児保育を行っていく、としています。


病児・病後児保育ルーム。中野区民であれば登録の上、子どもの体調、病状の事前連絡などを経て利用可能となる。
最大3部屋あり、感染症などの状況・場合によって1部屋1人の受け入れ

人と人がつながる仕組みをまちづくりの基本計画に

最後に話されたのは、積水ハウス 東京特建支店 支店長 篠崎浩士氏。「江古田の社プロジェクトにおける積水ハウスの役割と目指すところ」を説明しました。同社では、コンセプトに「コドモイドコロのある街」を掲げ、コミュニティーを育むまちづくりを目指します。”コドモイドコロ”は、自ら成長しようとする子どもたちがその機会を見つけ、新たに挑戦するための居場所と位置付けられています。


「江古田の社プロジェクトにおける積水ハウスの役割と目指すところ」を説明する篠崎浩士氏

「コミュニティーを育むまちづくり」を実現するため、世代交流・地域交流の拠点として「リブインンラボ」を設置。篠崎氏は、多世代による見守りという支え合いのサポートを受け子どもたちは伸び伸びと育ち、その存在が街の活力となり人々を笑顔にする、と語っています。

“持続可能なまちづくり”が、日本再生のヒントに

都内・それも23区内で行われる大規模なまちづくり。UR都市機構の田中伸和氏によれば、「今回の計画は建物などのハード面だけでなく、ソフト面もカバーしてまちづくりをすることを、開発の条件の一つとして念頭に置き、事業者の選定、計画をしています。地域のコミュニティ形成、新しく入る住人と既存の住人の交流、そういったものに寄与する試みが今後続々と出てくると思います」とのこと。

少子高齢化や地域のコミュニティー喪失の危機が叫ばれる昨今、今回「江古田の社プロジェクト」で提起された民間事業者や地方公共団体と連携して推進する「都市再生」や、そのテーマである「持続可能なまちづくり」への取り組みは、非常に示唆に富む内容となっています。これは中野区や東京都にとどまらず、広く日本全体で共有する価値のある試みであり、今後の展開が大いに期待されます。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら