節約するなら光熱費から!暖房効率をアップさせるワザ
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

節約するなら光熱費から!暖房効率をアップさせるワザ

(配信日時 2017.11.16/更新日時 2019.01.24)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

冬は室内と室外の温度差が大きくなるため、光熱費、特にエアコンにかかる電気代が夏よりも高くなりがち。でも、そんな出費は少しでも抑えたいものです。そこで、家計の節約術を紹介しているエネチェンジ株式会社の中田さんに、冬の光熱費が高くなる理由や、一人暮らしの家でも気軽に試せる暖房効率アップ法を伺いました。


――そもそも、なぜ暖房費は高くなるのでしょうか?

「それは、エアコンの仕組みと、外気温とエアコンの設定温度が大きく関係しています。エアコンに使われているのは、空気の熱をくみあげて加熱を行うヒートポンプ技術です。外の空気中から熱を拾って取り込み、室外機の中にある圧縮機で圧縮することで空気を暖めます。その暖めた空気は冷媒*によって室内機に運ばれ、室内機の吹き出し口から室内に送られて、部屋が暖められていくのです。冬の室内外の温度差は20~25℃にもなります。反対に、夏の温度差は5~10℃程度です。エアコンは室内温度を設定温度に上げるまでがエネルギーを最も使うため、夏に比べて冬のほうが電気代がかかるのです」

*冷媒とは、空気中の熱を運んで室外機と室内機の間をぐるぐる回っているガスを指します

――では、一人暮らしの家でもできるような、暖房効率をアップさせるワザを教えてください。

エアコン周りで節約対策!

1.室外機の周りには、物を置かない

「空気の通り道をふさいでしまうと、余分な電力を消費することになります」

2.フィルターの掃除はこまめに

「フィルターにホコリやゴミが詰まっていると、暖房効果が弱まります。掃除機でホコリをサッと吸引するだけでも、目づまりが改善されます」

3.設定温度は「自動運転」で

「一見、電気代を抑えられそうな『弱運転』ですが、実はお部屋を快適な温度(設定温度)にするまで多くの時間がかかってしまうため、かえって電気代がかかります。自動運転なら最も効率的な運転をしてくれるので、結果的に節電・節約につながるでしょう」

4.こまめなオンオフはやめる

「部屋が十分に暖まったと感じてもエアコンは切らずに、設定温度を下げるなどで調整をしましょう。エアコンは、スイッチを入れた時に最も電力を使用する家電の一つです」

100円ショップを活用しよう!

1.冷気の入り口、窓の周りを工夫する!

「冬の窓からは52%の暖かい空気が逃げるとされています。特に外気温の下がる夜はカーテンをきちんと閉めて暖かい空気を外に逃げにくくしたり、窓ガラスに100円ショップでも手に入る発泡シートや隙間テープなどを貼ったり、冷気の侵入を防ぐ工夫をしてみましょう。見栄えはよくないですが、窓とカーテンの間に段ボールを挟むのも一つの手です」

2.ラグやこたつの下にはアルミシートを!

「フローリングの場合、そのまま座ると冷たさがダイレクトに体に伝わってしまいます。ラグなどの下に100円ショップで手に入るアルミシートを敷いてみましょう(滑りやすくなるので、滑り止めマットなども併用するとよいです)。足元の冷えが緩和されますし、こたつの下に敷けば暖かさが長持ちして節約・節電対策にもなります」

―エアコン以外にも、暖まるのにおすすめの器具はありますか?

1.こたつ(1時間あたり2.2~4.6円)

「上半身の寒さ対策として、はんてんなどを羽織って入れば全身が温まります。電気代も比較的安いし、テーブルとしても利用できるので、1年中出しっぱなしにできる優れた暖房器具の一つですね」

2.電気ひざかけ(1時間あたり1.4円)

「エアコンを併用している場合でも、暖かい空気は上に集まるため下半身は冷えがち。エアコンの設定温度を上げるより、電気ひざかけを活用すれば、電気代を節約しつつ下からぽかぽか温まることができます」

3.ホットカーペット(1時間あたり6.2~9円)

「面積を温めるために電気代が必要になるので、必要最低限のスペースの大きさのものを選ぶか、温める面積を1/2面・全面など選べるタイプのものにすれば、効率的に利用できて節約にもつながります」

そして、もっと節約したい人におすすめなのが、湯たんぽです。「布団の中に入れて使用するだけでなく、起きている時間帯も、湯たんぽを他の暖房器具と併用すれば、効率よく体を温めることができます」とのこと。これこそ電気代もかからず、気軽に挑戦できるアイデアといえるでしょう。

自分の生活スタイルに合わせて、なるべく無理せず光熱費を節約していきたいですね。

《取材協力》
エネチェンジ株式会社 http://enechange.co.jp/

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら