【PR】利便性抜群! 魅力的なお店が数多く集う街「恵比寿エリア」に住まう(リノベーション事例2)
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

【PR】利便性抜群! 魅力的なお店が数多く集う街「恵比寿エリア」に住まう(リノベーション事例2)

(配信日時 2017.12.18/更新日時 2019.01.30)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

前回は東京都中央区晴海について紹介しました。今回は、2つのカラータイプと水回り設備をすべて入れ替えた「UR-CLASS²(ゆーあーる くらすくらす)」のリノベーション住宅がある恵比寿ビュータワーを訪問、取材しました。

第3回:利便性抜群! 魅力的なお店が数多く集う街「恵比寿エリア」に住まう(リノベーション事例2)


夕暮れ時、ライトアップが綺麗な恵比寿ガーデンプレイス

「渋谷」「青山」「広尾」「代官山」を繋いで描いた円のほぼ真ん中に位置する「恵比寿」は、都会の”心地好さ”を感じられる街です。

都会に暮らすことの大きな利点は、その利便性。複雑に絡み合う交通網を使えば、都内の移動はもちろん、北関東や横浜・湘南エリア、湾岸エリアなどへも骨を折ることなく移動することができます。恵比寿は暮らし、レジャー、ビジネスに快適かつアクティブに行動できる、希少な街となっています。

今回ご紹介する物件は、「恵比寿」駅からほど近い「恵比寿ビュータワー」です。物件をご紹介いただくのは、前回にひきつづき、UR都市機構東京東エリア経営部の林さんです。さっそく拝見しましょう。

恵比寿ガーデンプレイスの南西端に建つ恵比寿ビュータワー


恵比寿ビュータワー/目黒区三田1-4-4

恵比寿ビュータワー(以下、ビュータワー)は総戸数520戸、鉄筋コンクリート造の地上32階建で、各住居の専有面積は1K〜3LDK/40㎡〜73㎡。恵比寿のランドマーク「恵比寿ガーデンプレイス(以下ガーデンプレイス)」に位置していています。

「ガーデンプレイス」と「恵比寿」駅は約400mの「動く歩道」で結ばれており、雨の日も濡れることなく駅に直行することができます。ビュータワーにはシングルユースに向いた1Kから、ファミリーが快適に暮らせる3LDKまで、多様な部屋が揃っています。

――非常によい眺めですね。あそこに見える緑一帯はなんでしょうか?


ビュータワー(32階)から臨む風景中央の緑地は国立科学博物館附属自然教育園

林さん:「あちらは、港区白金台にある国立科学博物館附属自然教育園です。あまり手が入っていない自然緑地で、昔の東京の自然の面影を残している森だそうです。紅葉の季節には木々が赤や黄色、オレンジに染まって、とても綺麗ですよ」

――都心でこれだけ豊かな緑を目にすることができるなんて、とても素敵ですね。


三田丘の上公園。右側にある「じゃぶじゃぶ池」で水遊びが楽しめる。

林さん:「そうですね。それと恵比寿は公園もたくさんあります。ビュータワーの近くには『三田丘の上公園』があって、お子さんが水遊びできるスペースなどもあります。ガーデンプレイスでの買い物の帰りなどに、ご家族で訪れてもいいかもしれませんね」

――それはいいですね! 緑や公園が豊富な環境で子育てがしやすそうです。お部屋の間取りや設備について教えていただけますでしょうか。


1LDK間取り図


リビング・ダイニング(左)/洋室(右):カラーパターン『モデレート・ミディアム』

林さん:「はい。まずご紹介させていただくのは、『UR-CLASS²(以下、同商品)』の1LDKのお部屋です。カラーパターンは、『モデレート・ミディアム』です。同商品の他のお部屋同様、キッチン・洗面・ユニットバスの設備はすべて新しいものに入れ替えています」

――以前、同商品のお部屋を取材した時にも感じましたが、水回りなど設備の質感の高さが印象的です。

林さん:「ありがとうございます。分譲マンションを多く見学された目の肥えたお客さまも、水回りのクオリティーに驚かれます」

――広くて、明るく開放感がある、素敵なリビング・ダイニングですね。

林さん:「はい。こちらのリビング・ダイニングは約9.9畳と、広々と使っていただけると思います。約7.2畳の洋室と合わせて、単身の方はもちろん、カップルの方でも十分な広さではないでしょうか」

――ベランダからの景色も、緑が間近に感じられていいですね。


JR東日本「恵比寿」駅から近いが、二重サッシの為それほど音は気にならない

林さん:「こちらは4階のお部屋なのですが、視線の先に敷地に植えられた木々が見えて、まるで傍に森があるような感覚になれます。身近に緑があるということで、とてもリラックスできると好評です。ビュータワーの同商品はすべて二重サッシになっていますので、防音対策も万全ですよ」


2LDK間取り図(左)/リビング・ダイニング(右):カラーパターン『プレミアム・ナチュラル』


洋室(2)/収納スペースがたっぷりな洋室(1)

林さん:「こちらは、9階の2LDKのお部屋で、カラーは『プレミアム・ナチュラル』になります。中央に約10.4畳のリビング・ダイニングがあり、左右に約6.8畳と約5.1畳の洋室を配置しています」

――シンプルで、とても使い勝手が良さそうなお部屋ですね。


室内についてお話している林さん

林さん:「はい、こちらは特に人気の間取りで、単身の方からカップル、お子さんがいらっしゃるファミリーまで、幅広い層にご利用いただけると思います。ご入居者様の事情に合わせた使い方ができる、柔軟性の高いレイアウトになっています」


3LDK間取り図(左)/リビング・ダイニング(右):カラーパターン『モデレート・ミディアム』


天井まで収納スペースがある洋室(1)(左)/窓が2つあり明るい洋室(2)(中央)/4.4畳の洋室(3)(右)

林さん:「こちらは、22階の3LDKのお部屋です。カラーパターンは、『モデレート・ミディアム』となります。元は和室だったものを、洋室にリノベーションしたお部屋です」

――この間取りにお住まいの方はどういった方が多いのでしょうか?

林さん:「お子さんがいるファミリーの方が多いですね。部屋数が多いので、お子さんが増えても十分対応できます。それと、ビュータワーの同商品はいずれもオール電化になっていてキッチンもIHですので、小さなお子さんがいらしても安心です。和室の押入れのスペースをそのまま活かしていて、クローゼットがとても広かったり、キッチンに2ウェイで出入りできたりと、細かな部分にも気を配っています。そこを気に入ってくださる方も多いですね」

――なるほど。たしかに、部屋数が多いと家族が増えても柔軟に対応ができそうです。
そして、何と言ってもこの景色! 22階もの高さになると、まさに絶景ですね!


ベランダからは都心を一望できる

林さん:「ありがとうございます。晴れて空気が澄んでいる日には、富士山もご覧いただけます。内見の際、景観に一目惚れして決められるお客さまもいらっしゃいます」

――ありがとうございました。恵比寿という利便性の高いエリアにありながら、閑静な環境で、落ち着きのある生活を実現できるビュータワーの同商品。とても魅力的です。

恵比寿ビュータワーの共用部分


明るく洗練された共有部分

――明るく広々とした共有部分ですね。設計のポイントを教えてください。

林さん:「メインエントランスはとても広く、ゆったりとしたレイアウトになっています。木目や石の自然な風合いを活かしたデザインが特長ですね。柔らかな間接照明で、落ち着いた、ほっとする空間になっています」


共有エントランスのコーナーに飾られたガラスと鉄を組み合わせたアート作品

林さん:「コーナーには、ガラスと鉄を組み合わせたアート作品を置き、壁面にはモノクロの写真を飾っています。全体に華美にならず、それでいて明るく、洗練された演出になっていると思います。メインとサブの各エントランスのサインは、深みのある朱色で葡萄をデザインした、大きめのものに変えています」

――エレベーターの横の階数表示板も、シンプルで品の良いデザインですね。


各フロアで階数表示板が違う。木や花のデザインが飾られている。

林さん:「はい、お花や果物をモチーフに、各階ごとに異なるデザインで階数をお知らせしています。それぞれデザインは異なるものの、先ほどお話ししたサインも含めて、全体的なトーンは統一されたものになっています」

――その他、同物件の特長はありますか。

林さん:「ゴミ収集所を改修してスペースを広くしたことで、回収日にゴミがあふれてしまう問題点を改善しています。また業務用車両のための車寄せスペースを設けたことで、外観の景観も向上しました」

――なるほど、景観にもこだわっているのですね! ありがとうございます。立地からして夜になると雰囲気が一気にロマンティックに変化しそうですね。

林さん:「そうですね。この辺りはいわゆる繁華街の喧騒とは無縁のエリアですが、『ガーデンプレイス』や『ウェスティンホテル東京』など、”落ち着いた大人”の方が集う施設が多くありますので、夜はよりオシャレ度が高まります。特に、毎年11月初めからクリスマス時期にかけては、『ガーデンプレイス』ではイルミネーションイベントが開催されます。街がライトアップされて多くの人が集まり、一気に華やいだ雰囲気に包まれます」


ビュータワーの夜の外観(左)とエントランス(右)

林さん:「ビュータワーからの夜景も素敵です。夕暮れ時の薄明も美しいですが、その時間を過ぎると今度は、街に灯が点る様子や遠方の高層ビルの色とりどりのイルミネーションなどを楽しむことができます。お部屋によってアングルは変わりますが、特に高層階からの眺望は、住んでいらっしゃる方ならではの特権かもしれませんね」


ビュータワーからの眺め(階層・向きにより異なる。)

――これだけの夜景が一望できるなんて贅沢ですね。こういった眺望のお部屋はやはり入居は難しいのでしょうか?

林さん:「今回ご紹介した『UR-CLASS²』のお部屋は、おかげさまで人気が高く、空室情報が出るとすぐにお問い合わせをいただき、お部屋を見てその場で決められる方もいらっしゃいます。先着順でご案内をさせていただいておりますので、ご興味を持たれた場合には、お早めにお問い合わせをいただければと思います」

――物件の人気の高さが伺えますね。ご興味のある方はぜひ早めの問い合わせをおすすめいたします。

恵比寿エリアについて

交通アクセス

「恵比寿」駅には、JR山手線、埼京線(りんかい線直通)、湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線が乗り入れており、都内のどこへ行くにも便利です。隣駅の渋谷までは2分、代官山も徒歩圏内となります。また、近くには首都高速目黒線天現寺出入口もあり、車での移動も楽々。車を持つことで快適になる場合ばかりではない都心において、恵比寿は貴重な環境だと言えるでしょう。

周辺施設

近年の”住みたい街”ランキングの常連で、関東でもトップクラスの人気を誇る「恵比寿」駅。流行を先取りしたスイーツやカフェなど充実したグルメや、遊びのスポットも多数あり、いつでも多くの人たちで賑わう、都内屈指のオシャレな街です。一方で、駅から少し離れると住宅街が広がっているので、新宿や渋谷といった巨大都市と比べると、人混みはそれほど激しくはありません。


アトレ恵比寿西館(左)/ピーコックストア 恵比寿店(右)

駅ビルの「アトレ恵比寿」は2016年にオープン。アトレ恵比寿本館とは、西口連絡通路で繋がっています。スーパー「ザ・ガーデン自由が丘」や「成城石井」、「無印良品」、カフェや各種レストランの他、雑貨店やファッション関連のショップなど、特に女性に人気のお店が多く揃っています。


ガーデンプレイス敷地内にある三越

駅周辺には「KINOKUNIYA entrée(キノクニヤ アントレ)」「ピーコックストア」などがあり、日常品の入手は容易です。また、恵比寿のランドマークでもある「恵比寿ガーデンプレイス」には、「三越」などの商業施設、レストラン、美術館などがあり、外食にも買い物にも便利です。医療機関も充実しており、駅から徒歩圏には、日赤医療センターや広尾病院、厚生中央病院など大型の医療機関が多数あり、緊急時にも安心です。


ジェエル・ロブション(左)/TSUTAYA 恵比寿ガーデンプレイス(右)

「ガーデンプレイス」にある「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」は、”フレンチの神様”ジョエル・ロブションの最高峰のブランドとなるレストラン。最高の素材を惜しみなく使い、素材が持つクオリティーを最大限に引き出した”ロブション モダンフレンチ”の集大成を、洗練されたサービスと共に楽しめます。また、よりカジュアルに味わえる「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」も、同じくガーデンプレイス内にお店を構えています。

今回ご紹介した物件に隣接する「TSUTAYA 恵比寿ガーデンプレイス店」は旧作DVD・ブルーレイなら何枚でも月額1,000円(税別)で借り放題に加えて、ネットで動画見放題。休日映画等観て楽しみたい方におすすめです。(2017年11月現在)


恵比寿神社(左)/東京都写真美術館(右)

「恵比寿」駅近くには、都会の中の憩いのスポット「恵比寿神社」があります。周辺には隠れ家的な飲食店も多く、人気のエリアとなっています。ちなみに、ガーデンプレイス内にもサッポロビール所有の小さな恵比寿神の社があり、1994年より一般公開されています。

ガーデンプレイス内の「東京都写真美術館」は、個人名を冠したものを除いては日本初の、本格的な写真映像の美術館。収蔵する作品数は3万4,008点(2017年3月末現在)に及び、多くの貴重な作品や日本の作家のコレクションなど、他館にないユニークなものとなっています。

皆さまいかがでしたでしょうか。次回は成城エリアを訪問、取材します!

今回の記事で紹介した物件が気になる方は「独立行政法人都市再生機構 UR都市機構 UR恵比寿現地案内所」へお問い合わせください。

気になるUR賃貸住宅のお部屋探しは、住みたい街や団地の魅力の情報が満載の特設ページをご覧ください。

(マイナビ賃貸広告企画:提供 独立行政法人都市再生機構 【UR都市機構】)

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら