【PR】東京都に隣接する歴史ある大都市。川口市の「新井宿」駅
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

【PR】東京都に隣接する歴史ある大都市。川口市の「新井宿」駅

(配信日時 2018.01.26/更新日時 2018.05.01)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

前回は、海外からも熱い視線を浴びる「盆栽の聖地」さいたま市北区の「土呂」駅を訪問、取材しました。今回は川口市の「新井宿」駅についてご紹介します!

第6回:東京都に隣接する歴史ある大都市。川口市の「新井宿」駅

川口市は、埼玉県南部にあり、荒川を隔て東京都に接し、人口は約60万人(2018年1月時点)です。その人口数はさいたま市に次ぐ2位、全国の政令指定都市以外の市でも千葉県船橋市、鹿児島県鹿児島市に次いで全国3位となっています。

川口市の歴史

川口は「日光御成道(にっこうおなりみち)」で江戸と結ばれた宿場町として栄えました。「日光御成道」は初代将軍・徳川家康を将軍家が参拝するための街道です。本郷追分(現在の東京都文京区)から「岩淵宿」「川口宿」「鳩ケ谷宿」「大門宿」「岩槻宿」を経て、「幸手宿」の手前で日光街道に合流する12里30町(約48km)あります。


将軍一行が休憩したと言われる「錫杖寺」。お寺の門瓦には徳川ゆかりの「葵の御門」がある(提供:川口市観光物産協会)

1871年、明治政府による廃藩置県により埼玉県に属するようになり、1874年には「川口宿」から「川口町」へと名称を変えます。1887年~1896年の間に、上野-前橋間の鉄道が開通し、1910年に「川口町」駅が誕生。この鉄道の開通が、後の川口の発展に大きく寄与することになります。

その後、1933年4月1日、「川口町」が付近の3村(横曽根村、南平柳村、青木村)と合併し、川口市が誕生しました。その後、3度周辺地域との合併を実施、2011年10月11日に鳩ヶ谷市と合併し、現在の川口市へ。2017年11月には川口市を中核市に指定する政令が公布され、2018年4月1日の移行に向けて準備を進めています。

また、「鳩ヶ谷」駅付近にある「御成坂公園」には参拝の様子がタイルに描かれています。公園内のからくり時計は、文字盤が数字ではなく「子」「丑」「寅」など十二支に置き換えて作られていて、決まった時間に童謡調のしらべに合わせ、「おな〜り」との声とともに小さなお坊さんの人形が鐘をつき時間を知らせてくれます。


1日5回(日曜は10時~20時の1時間おき)、「おな~り」の声とともにからくり時計が時間を知らせてくれる

「鋳物(いもの)」の街、川口市

「鋳物」は川口市を代表する産業の一つで、江戸時代に確立し、鍋・釜・鉄瓶、鋤・鍬など日用品や農具の製造をはじめ、梵鐘、灯篭、鰐口、天水鉢など社寺用具なども造っていました。江戸中期以降は、その技術の確かさと需要増大により、ますますの隆盛を誇ります。幕末には、幕府や14藩などから大砲、弾丸を川口の永瀬、増田家などが受注。軍事産業として、兵器製造が行われていました。武器製造の技術には、寺院のつりがねの梵鐘(ぼんしょう)の製造が役立ったといわれています。

明治以降、「川口鋳物」は近代工業へと発展。特に日露戦争以降は、それまでの日用品・農具・仏具から、建築用品や鉄管、機械部品などへ製造品の拡大がはかられ、飛躍的な成長を遂げます。一例としては、国の重要文化財に指定されている学習院鉄門なども製作されています。

川口市の鋳物産業は昭和になってからも、戦前・戦中は軍需産業が、戦後は輸出の増加により活況で、終戦直後の1952年には鋳物生産額が全国の約3分の1占めるまでになります。

1962年には、川口市を舞台にした映画が公開され話題になりました。映画のタイトルにもある「キューポラ」(コークスの燃焼熱を利用した溶鉱炉)は、今も街のシンボルとなっています。


「川口」駅西口の駅銘板はもちろん鋳物で作られている(左)(提供:川口鋳物工業協同組合)
当時の溶解炉をモチーフにしたモニュメント(右)(提供:川口市観光物産協会)

川口市のおすすめ買い物スポット

「川口」駅東口の目の前には20時まで営業(10Fの名店食堂街は22時まで)している「そごう川口店」があり、ペデストリアンデッキで駅と3階は行き来することができます。B1F〜11Fの各フロアは、ファッションから生活雑貨、食料品やレストランなど多くのテナントが入っており、ショッピングやグルメなど、さまざまな目的で利用できます。地下1階の食品売り場には有名店の惣菜が揃っており、日々買い物客で賑わいます。「そごう川口店」の隣には、レストラン、カフェ、ファッション、フィットネスジムなどがあり、21時(7Fレストランは23時30分)まで営業している「かわぐちキャスティ」があります。


有名店のお惣菜なども楽しめる「そごう川口店」

同じく、「川口」駅東口から徒歩約15分のところに、大型ショッピングセンター「イトーヨーカドー アリオ川口店」があり、日用品の購入のほか、館内の「MOVIX」で映画も楽しめます。


映画館も併設されている「イトーヨーカドー アリオ川口店」

駅周辺にはこれらの大型商業施設が揃っているほか、遊具で遊んだり花見を楽しめる「川口西公園」やバーベキューも可能な「荒川運動公園」、見沼低地の湿地の自然を残した「川口自然公園」などもあります。


遊具で遊べたり花見が楽しめる「川口西公園」は川口駅西口から徒歩1分(左)
夏にはカブトムシやクワガタムシ、湿地には絶滅が危惧されるメダカも泳いでいる「川口自然公園」(右)

東口から徒歩5分の「川口銀座商店街」、愛称「樹モール」は昔から地元で愛されている商店街で、飲食店や喫茶店、食料品店などさまざまなお店が軒を並べます。


飲食店や食料品店、薬局、ファッションなどが楽しめる「樹モール」

ここまで川口市の歴史や買い物スポットを紹介してきました。利便性抜群ながら親しみやすい顔も覗かせる川口市。歴史を感じさせる名所の数々や豊かな自然にも恵まれ、快適な暮らしが送れそうです。

「新井宿」駅から都心へのアクセス

2001年に開業した埼玉高速鉄道線「新井宿」駅からは、東京メトロ南北線と相互乗り入れで、JR京浜東北線「王子」駅、JR山手線「駒込」駅、都心地下鉄各駅に直行できます。「東京」駅へ約40分(「王子」駅で京浜東北線快速に乗り換え)、「飯田橋」駅へ約30分と通勤に便利です。
また、「新井宿」駅からは、「川口」駅、「赤羽」駅などに国際興業バスが運行しています。さらに、「赤羽」駅などから深夜バスもあるので、万が一、終電を逃しても安心です。

「新井宿」駅の周辺情報

駅周辺には「ローソン 新井宿駅前店」や、23時まで営業しているドラッグストア「ジャパン 川口西新井宿店」があり、日用品や食料の購入に便利です。また、駅から10分ほどの距離には、深夜3時まで営業している総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ 川口新井宿店」があり、多様な商品が廉価で入手可能です。
飲食店では、深夜2時まで営業の「サイゼリヤ 西新井宿店」や、深夜0時30分まで営業している「華屋与兵衛 川口西新井宿店」などお馴染みのレストランがあり、ファミリー世帯だけでなく、残業で帰りが遅くなった方にも対応しています。


駅付近には深夜営業の飲食店もあり、帰宅が遅くなっても駅付近での食事が可能(左)
「ドン・キホーテ 川口新井宿店」は、国道沿いにあり、深夜3:00まで営業しているので何かと便利(右)

地域に根ざした名店もたくさんあります。

2007年開業の「Bakery Kitchen hoppe*hoppe(ホッペホッペ)」は、低温長時間発酵によって小麦粉のうま味を引き出した、丁寧に作られたパンが評判のパン屋さん。遺伝子組み換えをしていない国産豆乳や穀類を生地に練り込むことで、パンを食べることと自然と体にいい食材を摂り入れられるそう。新井宿には農家が多いため、トマト、なす、じゃがいも、ネギなど地産野菜を使ったオリジナルパンを季節ごとに用意しています。


Bakery Kitchen hoppe*hoppe/川口市西新井宿南103-4

川口駅前の商店街「樹モール」にある”町のお肉屋さん”といった佇まいの「マルサヤ」の店頭には焼鳥や、「コロッケ」や「牛肉のメンチカツ」「あじフライ」などの揚げ物が陳列されており、食欲をそそります。なかでも肉厚の「ハムカツ」は、一度は試してみたい人気商品!


マルサヤ/埼玉県川口市幸町2-16-1

このように、都市の利便性と豊かな自然を満喫できる、歴史ある街「川口市」の「新井宿」駅に住むなら、UR賃貸住宅がおすすめです!


URコンフォール東鳩ヶ谷/川口市桜町4-4

「新井宿」駅より徒歩11分の場所にある「URコンフォール東鳩ヶ谷」は、総戸数401、鉄筋コンクリート造りの地上12階建て。各住戸の専有面積は1DK~4DKで43㎡~78㎡です。

団地南側の「鳩ヶ谷公団住宅」バス停からは、始発で「川口」「西川口」「鳩ヶ谷」「赤羽」の各駅にアクセスできます。首都高や外環道、東北道のインターチェンジも近く、クルマ利用者にも便利な環境です。

また、駅近くの旧街道沿いには、昔ながらの商店街が軒を連ね、ちょっと足を伸ばせば大型複合施設やショッピングセンターも充実。また、団地の周辺には、さまざまな公園や幼稚園、小中学校や医療施設をはじめ、各種生活施設も揃っており、毎日の暮らしをサポートしてくれます。

「URコンフォール東鳩ヶ谷」の設備と内装

今回訪問したのは、1LDK/56㎡のお部屋。南向きでたっぷりと陽の光が差し込み、また白を基調としたシックなフローリングと相まって、とても明るく爽やかな印象です。
リビング・ダイニングは約11畳ととても広く、キッチンも約3.6畳とゆったりと使えます。カウンタータイプのキッチンからは、リビングやバルコニーまで目が行き届くので、小さなお子さんがいても安心です。


約11畳の広々としたリビング。カウンターキッチンなので、料理中でもリビングの様子が伺える

水栓の金物など水回り設備が整っており、高級感があることも特徴的です。また、トイレには大きめの手すりが付いていて高齢者でも使いやすいバリアフリー対応です。


便利な洗面化粧台(左)/手すりが設置されお年寄りも使いやすいトイレ(右)

各部屋には大きめの収納やクローゼットがあり、キッチン横には広々とした物入れが備わっていて、さまざまな用途に使用できます。また、リビング・ダイニングには床暖房※も設置されているので、冬でも足元はポカポカです。

※入居後、別途契約が必要


各部屋だけでなく、キッチン付近にも大きな収納が2つあり、荷物が多い人にも嬉しい

天井も高く、すべてにゆったりと余裕が感じられるこのお部屋。幅広い層にマッチするお部屋になっています。

閑静な日当たりの良い高台にある物件までは、緩やかなスロープのウッドデッキが敷かれていて、その傍らには小さな広場も。敷地内には広場や緑も多く、子育てにはうってつけの環境です。


敷地内には緑も多く、四季による移り変わりが楽しめる(左)/手すりが設置されており、お年寄りでも安心(右)

団地南東側の広場には、世界的な彫刻家である「流政之」氏が手掛けた石のアート「住塚(SUMIZUKA)」が置かれています。また、歩行者専用のタウンゲートがあるこの広場は、団地全体のデザインと一体に、埼玉県の彩の国景観賞「心に潤い部門」を受賞しています。


団地中央の広場にも世界的な彫刻家・流氏の作品があり、偉大な芸術作品に触れることができる

最寄りの病院は徒歩5分以内、幼稚園・保育園・小中学校が徒歩10分以内と、医療・教育の環境も整っています。また、広大な敷地に広がる川口市立グリーンセンターや複合施設「SKIPシティ」、「埼玉スタジアム2002」も生活圏と、カルチャーや芸術、スポーツや自然と戯れる生活を楽しめます。

その他の川口市の物件はこちら!


URコンフォール西鳩ヶ谷/川口市大字里958-1

「URコンフォール西鳩ヶ谷」は東京メトロ南北線「新井宿」駅から徒歩10分。全戸南向きバルコニー、充分なゆとりある豊富な収納スペース、バリアフリーに配慮された内装、敷地内のプレイロットや駐車場など、快適な住環境が魅力です。周辺には、生活を彩る便利な施設が充実。大型ショッピングセンターやグリーンセンターなどが家族の楽しい休日を演出してくれます。
また、少し足を延ばせば、駅周辺が充実しているJR「川口」駅にもアクセスできます。


UR川口芝園/川口市芝園町3

「UR川口芝園」はJR京浜東北線「蕨(わらび)」駅より徒歩7分。広大な敷地内に一つの街を形成しているともいえる、”やすらぎと快適のビッグタウン”です。集会所、公民館、保育園、幼稚園、歯科医院などが団地内に揃っており、また、野球やサッカー、テニスなどが自由に楽しめる運動公園や、夜12時まで営業しているスーパーも団地内に完備しています。

今回の川口市エリア記事は、いかがでしたでしょうか?

今回の記事でご紹介させていただいた物件が気になった方は、独立行政法人都市再生機構UR都市機構 UR賃貸ショップ川口にお問い合わせください。

さらに、上記営業センターで取り扱っている物件一覧や賃料を知りたい方は、こちらをご覧ください。

次回は、さいたま市浦和区エリアについてご紹介します。

気になるUR賃貸住宅のお部屋探しは、お得な制度・こだわり物件情報が満載の特設ページをご覧ください。
(マイナビ賃貸広告企画:提供 独立行政法人都市再生機構 【UR都市機構】)

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら