【PR】駅から近い好立地、利便性の高い周辺環境を備えた高洲第二(リノベーション事例5)
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

【PR】駅から近い好立地、利便性の高い周辺環境を備えた高洲第二(リノベーション事例5)

(配信日時 2018.01.26/更新日時 2019.01.30)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

前回は、コミュニティーづくりのための新たな取り組みをしている八千代市にある村上団地のリノベーション物件をご紹介しました。

今回はリノベーション住戸の取り組み例として、JR京葉線「稲毛海岸」駅にある「高洲第二」を訪問、取材しました!

第6回:駅から近い好立地、利便性の高い周辺環境を備えた高洲第二(リノベーション事例5)

駅徒歩3分の立地が魅力の「高洲第二」

今回訪問した物件は、無印良品とURの団地リノベーションプロジェクトでおなじみの「MUJI×UR」の住戸や珍しいタイプの住戸を展開している「高洲第二」です。


高洲第二/千葉市美浜区高洲4

総戸数1,776戸、31㎡の1DKから52㎡の3DK、JR京葉線「稲毛海岸」駅から徒歩3分と利便性の高い同物件。こちらのご案内はUR都市機構で千葉エリアご担当の日尾さん。早速拝見しましょう。


駅徒歩3分の好立地が魅力的な「高洲第二」にある、「MUJI×UR」の住戸を紹介してくれた日尾さん

――まずは、人気の「MUJI×UR」の住戸をご案内いただきます。以前にもご紹介させていただきましたが、「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」として、無印良品と共同で開発したリノベーション住宅のことですね。

日尾さん:「はい、2012年度にスタートしたプロジェクトです。もともとの部屋の持ち味を活かしながら、無印良品さんの知恵やノウハウをお借りして、住む方にとって自由度が高い、快適なお部屋をご用意しています」


リビングと寝室の間のふすまは取り外し可能で、1Rとして、使用することも可能

――全体がホワイトで統一されていて、とてもシンプルで住みやすそうなお部屋ですね。このお部屋のコンセプトを教えていただけますか。

日尾さん:「このお部屋は1LDKですが、もともとは2DKで長い廊下だった部分を、洗濯機置き場を備えた広いユーティリティスペースにしました。コンセプトは、『キッチンの近くに広い洗面室がある暮らし』のため、洗濯機置き場とキッチンの家事動線に配慮したレイアウトになっています。また、壁付けキッチンから対面キッチンに変更することで、部屋全体を見渡すことができるようになり、家族と会話しながら料理が楽しめます」


不要な廊下をなくし、対面式キッチンにしたことで、洗面室とキッチンの同線がよくなり、家事効率が格段にUP!

――キッチンから、お部屋全体がすっと見通せる感じがとてもいいですね。置かれた家具の佇(たたず)まいも主張が強すぎず、見事に調和しています。

日尾さん:「このお部屋にはモデルルームとして無印良品さんの家具が置かれており、備え付けの小天井や扉、キッチンなどと、家具やシェルフの高さが連携して、全体に調和が保たれるように設計されているのがお分かりいただけると思います。引き出しや収納ボックスなども調和していて、部屋全体で居心地の良さを感じていただけるのではないでしょうか」


キッチンにいながら室内全て見渡すことが可能な対面キッチン(左)
背面に置いたシェルフは、キッチンと高さを合わせスッキリとした印象に(右)

――リビングと和室は畳敷きですが、ちょっと変わった印象ですね。

日尾さん:「はい、こちらはヘリがない麻畳を使用していて、フローリングの機能性と和室の温かみとを同時に味わっていただけます。また、机やテーブルを置いてもへこまず、独特な手触りが気持ちいいと好評です。リビングと和室の間は、軽くて取り外しが簡単なダンボールふすまで仕切られていて、一続きの大きなお部屋としてもご使用いただけます」

――全体に華美にならずに、ナチュラルな感覚が印象的ですね。

日尾さん:「ええ。“壊しすぎず、つくりすぎない”ことが大きな特長になっていると思います。柱や鴨居(かもい)など、リノベーション前のものをあえて残すことで、年月を積み重ねた木材の素材感や風合いを活かしています。シンプルで機能的でありながらも無機質ではないことが、長く住んでいただけるポイントかもしれません」


洗面室の扉はあえて残すことで、木の素材感や風合いを感じられるつくりに

――なるほど、確かにどこか懐かしい、落ち着ける雰囲気がありますよね。そのほかの特長も教えてください。

日尾さん:「エアコンやモニター付きのインターホンが標準装備となっています。また、ささいなことですが、すっきり見せるために配線は直線を基調としていて、歪曲する部分は木製のカバーでさりげなく隠しています。そのほかにも、随所に細かな工夫を凝らしたお部屋になっていますので、ぜひ一度ご覧になっていただきたいですね」

――細かな気配りがうれしい、とてもすてきなお部屋ですね。ありがとうございました。

続いてのお部屋をご紹介いただくのは、日尾さんと同じくUR都市機構で千葉エリアご担当の小野田さんです。

――こちらの住戸の特長を教えてください。

小野田さん:「こちらはもともと2DKだったお部屋を、納戸付きの1DK+S(納戸)にリノベーションしました。それまでの和室2部屋をフローリングに換え、納戸を設置しています。ダイニング・キッチンは約10.1畳と広く、今のライフスタイルにマッチしたお部屋になっていると思います」


質感にこだわった住戸を紹介してくれた小野田さん。キッチン横にある納戸は家事室や書斎などに使える

――全体的に質感の高さを感じる、高級感のあるお部屋ですね。温かみのあるフローリングの木目など、とても上質な印象です。

小野田さん:「ありがとうございます。リノベーションに際しては床や扉など、お部屋全体を柔らかいナチュラルな色でカラーコーディネートしていて、住んでいてとてもリラックスできる色合いになっていると思います。質感にも気を配っていて、これまでの団地のイメージとは一味違うものになっています」


仕切りがなく開放的なLDK

――なるほど。壁のクロスも落ち着いたテイストです。

小野田さん:「ええ、これまで当社のクロスはピュアホワイトに寄った色が主流だったのですが、こちらのお部屋ではグレーとベージュを入れることで、よりナチュラルな色合いになっています。光の照り返しを和らげてくれますので、落ち着いた暮らしが実現できるのではないでしょうか」

――こちらの納戸もユニークですね。いろいろな目的に使えそうです。

小野田さん:「はい、広さは約3.0畳とコンパクトですが、趣味の部屋やPCルーム、あるいはちょっとした物入れなどにも使っていただけると思います。もちろん、寝室としてご利用いただくというのでもいいかもしれません」


キッチンの横にある約3.0畳の納戸。趣味部屋や物入れなど使い方はさまざま

――ありがとうございます。そのほかの特長についても教えていただけますか。

小野田さん:「システムキッチンを取り換えて、モニター付きインターホンを新たに設置しました。バスや洗面化粧台も入れ替え、トイレは温水機能付きのタイプを入れています。生活をスタートするにあたって必要なものは十分にそろっていますので、若いカップルなどでワンランク上の暮らしを求められている方には、ぜひおすすめしたいお部屋ですね」


室内は床や扉をナチュラルなカラーで統一。その雰囲気に合わせた洗面台と鏡を設置(左)
手すりが設置されており、バリアフリーにも配慮した浴室(中央)
靴箱は高さ調節可能な可動式タイプなので、片方は靴箱、もう片方は趣味や毎日使う上着を掛けるといった使い方も可能(右)

――モダンかつリラックスできる、とてもクオリティーの高いお部屋ですね。ほかのタイプの住戸もありますか。

小野田さん:「こちらもリノベーション物件ですが、“土間のある玄関”をコンセプトにしたお部屋になります。グレーが基調の、シックな土間が特長です」


グレーを基調にしたシックな玄関土間。アウトドア用品やサーフボード、観葉植物などを置くことが可能

――わあ、玄関に一歩踏み入れた途端に目の前に広がる光景が、とてもユニークですね(笑)。とても広い玄関がとにかくインパクト十分です。

小野田さん:「ありがとうございます。こちらは52㎡の3DKで、玄関ホールの仕切りをなくして、大きく明るい『土間空間』にしています。広々とした、自由度の高い多目的な空間としてご利用いただけます。壁には有孔ボードを設置していますので、趣味の道具や工具などを掛けることができます。フロアシートは耐水性のタイル調で、メンテナンスも簡単です。観葉植物を置いたり、DIYや、アウトドア用品やサーフボードなどのメンテナンスなど、さまざまな用途で使っていただけると思います」

壁には有孔ボードを設置し、趣味の道具などをかけることも可能。また、床は耐水性のタイル調でメンテナンスも簡単

――なるほど、いろいろな目的で使えそうですね。お子さんがいれば、遊びのスペースとしても重宝しそうです。そのほかの特長はどうでしょうか。

小野田さん:「壁にはスタイリッシュなブラウンのアクセントクロスを採用して、白を基調としたフローリングとのマッチングを図っています。和室には『MUJI×UR』と同様の麻畳を採用していて、従来の和室とは異なるテイストです。通常の畳よりは白っぽく、目が細かい仕様となります。清涼感があり、カーペット感覚で使っていただけます」


ブラウンのクロス、麻畳がアクセントの和室

――畳部屋でありながら、洋室的な感覚ですね。キッチンと和室間の仕切りがないのも、開放感があっていいですね。

小野田さん:「ええ、間の襖(ふすま)を撤去することで、一体化した広いスペースとして、リビング・ダイニング感覚でご利用いただけます。また、トイレや洗面の床は、白を基調とした大理石風シートに変更しています。そのほか、浴室のタイルも新調し、出入り口には樹脂製のカバーを採用していて、触れたときのヒヤッとした感触を防いでいます」


洗面台所の床はしりを基調にした、大理石風シートに変更(左)
窓から光が差し込む浴室はタイルを新調(右)

都内へのアクセスと周辺環境

最寄り駅である「稲毛海岸」駅から「東京」駅までは京葉線を利用すると、約34分です。また、「成田空港」「羽田空港」行きの高速バスも運行しています。「稲毛海岸」駅から「成田空港(第2ターミナル)」は約60分、「羽田空港(第2ターミナル)」は約58分でアクセス可能です。

駅を利用する住民の多くが愛用しているのが、ステーションビル「ペリエ稲毛海岸」と、南口にある「イオンマリンピア店」。駅前で衣・食・住に関する一通りの買い物を済ませることができます。


駅前にあり買い物に便利な「イオンマリンピア店」は、地下1階の食料品エリアが24時まで営業

駅前だけでなく「高洲第二」周辺にも、商業施設やスポーツ施設などの利便施設が充実しています。

2017年7月に「ピアシティ稲毛海岸」内にオープンした「フードスクエア カスミ稲毛海岸店」は、9:00~24:00まで営業しており、食の専門店として「食の楽しさ・食の発見」を提供。そのほかにも「ピアシティ稲毛海岸」はドラッグストア、美容室、クリーニング、ペットショップ、回転寿司などを備えた、地域のライフスタイルに根ざした、まさしくシティといえるエリアです。


スーパー以外にもドラッグストア、美容室、クリーニングなどがある「ピアシティ稲毛海岸」

「ヤオコー稲毛海岸店」は、22:00まで営業。食生活提案型スーパーマーケットとして、新鮮でおいしい品ぞろえに定評があります。プライベートブランドも充実していて、お得なアイテムがそろっています。


22:00まで営業しているので、帰宅が遅くなっても安心な「ヤオコー稲毛海岸店」

「稲毛海岸」駅から徒歩8分の立地の「高洲スポーツセンター」は、7,624㎡の敷地面積に、体育館部分は816㎡の広さがあります。施設内にはバスケットボール1面(ミニバスケなら2面)や、バレーボール(6人制2面・9人制1面)、バドミントン6面、卓球8台などを備えているほか、フットサルにも対応しています。また、各種トレーニング機器のそろったトレーニング室や、屋外プールもあり、大人用25m×9コースと子ども用プールでのスイミングも楽しめます。


体育館は816㎡で、バスケットやフットサルに対応可能(左)/さまざまな器具が充実したトレーニングルーム(右)
(提供:千葉市スポ-ツ施設 指定管理者 スポ-ツクラブNAS株式会社)

また、稲毛海岸は東京都心から近い海水浴場として人気があり、第4回で紹介した「稲毛海浜公園」といったファミリーに人気のスポットもあります。

今回は、駅から3分の好立地と、東京駅まで約34分と抜群のアクセス、利便性の高い周辺環境をも備えた高洲第二。さまざまなニーズに対応した、バリエーション豊かなお部屋をご用意してお待ちしています。

今回の記事でご紹介させていただいた物件が気になった方は、UR賃貸ショップ稲毛海岸営業センターにお問い合わせください。

さらに、上記営業センターで取り扱っている物件一覧や賃料を知りたい方は、こちらをご覧ください。

次回は八千代市の「八千代中央」駅にある物件を訪問取材します!

気になるUR賃貸住宅のお部屋探しは、お得な制度・こだわり物件情報が満載の特設ページをご覧ください。
(マイナビ賃貸広告企画:提供 独立行政法人都市再生機構 【UR都市機構】)

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら