【PR】県内屈指の洗練された”文教地区”! さいたま市浦和区「南浦和」駅
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

【PR】県内屈指の洗練された”文教地区”! さいたま市浦和区「南浦和」駅

(配信日時 2018.01.26/更新日時 2018.05.01)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

前回は、大都市の利便性と豊かな自然が共存する川口市の「新井宿」駅を訪問、取材しました。今回はさいたま市浦和区の「南浦和」駅についてご紹介します!

第7回:県内屈指の洗練された”文教地区”! さいたま市浦和区「南浦和」駅

さいたま市浦和区は、さいたま市を構成する10区のうちの一つで、人口は約16万人(2017年12月現在)です。

浦和区は県内・中央部にあります。元々は浦和市として、さいたま市役所や埼玉県庁、埼玉県警などの主要官公庁が集中し、市や県内行政の中心地として発展してきましたが、2001年に大宮市、与野市と合併し、さいたま市へ。その後、2003年に国内13番目となる政令指定都市になりました。

埼玉県一の文教地区「浦和」

「浦和」駅前には、「浦和PARCO」や「伊勢丹 浦和店」や老舗店、レストランなどの飲食店があり賑やかな雰囲気ですが、実は駅を中心に県内有数の「文教地区※」と呼ばれています。

※文教地区…教育施設が多く集まっている地区

「文教地区」との名声を得た理由として、伝統ある学校が数多く存在していることが挙げられます。県都として、明治の初期より各種行政施設のほか、「学校改正局」(後に埼玉県師範学校と改称)や「県立浦和第一尋常中学校」、県内最古の女学校と言われる「県立浦和高等女学校」(現在の埼玉県立浦和第一女子高等学校)、官立の旧制「浦和高等学校」などが次々と開設され、全国から優秀な学生が集まるようになりました。


教員の養成を目的として開校された「埼玉県師範学校」は現在の「埼玉大学」のルーツと言われる
(提供:さいたま市)


県内最古の女学校と言われる「埼玉県立高等女学校(現在の埼玉県立浦和第一女子高等学校)」
(提供:さいたま市)

特に、「浦和高等学校」は、「東京帝国大学」(現・東京大学)への合格者数が旧制「第一高等学校」に次いで全国2位だったことから、同大学への登竜門として全国的に有名でした。その後、旧制高校は新制大学に昇格・吸収され「埼玉大学」となりましたが、旧制「浦和中学校」を前身とした新制「埼玉県立浦和高等学校」は、公立高校で東京大学合格者数が全国1位となることもあります。

※旧制高等学校…高等学校令(1894年および1918年)に基づいて設置され、1950年まで存在した日本の高等教育機関。教育内容は現在の大学教養課程に相当。

※新制高等学校…中学校で学んだ教育の基礎に加え、心身の発達に応じて専門教育を施す。

現在でも、「埼玉大学」や「慶應義塾大学浦和共立キャンパス」の大学、「埼玉県立浦和高等学校」や「浦和第一女子高等学校」などの名門高校や、「浦和明の星女子中学校」、「埼玉大学附属小学校」など小・中学校にも高い教育水準を誇る学校が多く、進学を意識した親世代から注目を集めています。

また、1923年の関東大震災を契機に、震災の被害が少なく、東京からわずか20kmという立地のため、「東京都」や「神奈川県(横浜市)」方面からの移住者が増加しました。特に被災した文化人の多くが「鎌倉市」や「浦和市」へ転居し、充実した教育施設群とともに、文化人の活躍の地としても有名になりました。この頃、「鎌倉市」と「浦和市」の特色をよく伝える「鎌倉文士に浦和画家」との言葉も生まれています。

このような背景もあり、現在のさいたま市浦和区内には「うらわ美術館」や「青少年宇宙科学館」などに代表される芸術・文化施設や、「浦和駒場体育館」、「市営浦和球場」、「浦和駒場スタジアム」などのスポーツ施設が充実。さいたま市複合公共施設「コムナーレ」内には、「中央図書館」、「市民活動サポートセンター」、「浦和コミュニティセンター」などがあり、まさに「文教地区」の名に相応しい地区となっています。


浦和駅西口から徒歩約7分にある「うらわ美術館」。本にまつわる美術作品を多くコレクションしている(左)
「浦和駒場体育館」はバスケット、バレーボール、剣道などのさまざまなスポーツを楽しむことができる(右)(提供:さいたま市)

さいたま市浦和区の歴史

浦和地区には、狛犬ならぬウサギがいる神社として知られる「調神社(つきじんじゃ)」、平安時代に空海により創建された「玉蔵院(ぎょくぞういん)」など、古くから神社やお寺がありました。


地元では「つきのみや」の愛称で親しまれており、ウサギが境内に置かれている「調神社」

浦和宿(現在のさいたま市浦和区)の中心地であった常盤町に本陣・脇本陣が置かれ、毎月二と七のつく日に市が開かれる「二・七の市」が盛んで、多くの人で賑わったと伝えられています。市神と定杭が残っている市場跡は、全国的にも数が少なく、貴重なもののため、「浦和宿二・七市場跡 付市場定杭(うらわしゅくにしちいちばあと つけたりいちばさだめくい)」は現在、区の指定史跡となっています。


市の指定史跡となっている「浦和宿二・七市場跡 付市場定杭」。ここで、毎月二と七の日に市場が開催されていた

1871年に廃藩置県により埼玉県が成立。宿場町として栄えていた浦和宿は県庁所在地となり、1889年に浦和町に。1883年に県内最古となる「浦和」駅が開業しました。


1961年頃の「浦和」駅の様子(左)/1967年に西口駅舎を改築。これは、2012年まで存在していた(右)

「浦和」の発展

旧浦和市は県庁所在地であり、2000年には人口48万人が暮らす県内最大の市でした。埼玉県の県政、文化の中心都市であり、戦後の高度成長期の東京都市圏の拡大の中で、周辺の町村を合併しながら大きく発展してきました。


1934年頃(左)と1966年頃(右)の埼玉県庁(提供:さいたま市)

1961年の「南浦和」駅開業、1973年の武蔵野線開業や、1985年の埼京線開業に伴う「武蔵浦和」駅、「中浦和」駅の2駅の開設を経て、都内や県内他都市を結ぶ鉄道交通も発達し、大幅に人口が拡大しました。


1961年に開業した「南浦和」駅西口の様子(左)/1973年には武蔵野線「南浦和」駅も開業(右)

「浦和」に県庁が置かれて約一世紀が経過した1981年4月に「浦和」駅西口の改修が完了。川口市を抜いて1995年には埼玉県内最大の人口となりました。

2001年には、地下鉄南北線から延伸した埼玉高速鉄道線が開通、「浦和美園」駅が開設され、市域の鉄道交通の利便性が増しています。埼京線や埼玉高速鉄道開業後には「武蔵浦和」駅や「浦和美園」駅周辺で大規模開発が始まり、現在も市街地を広げています。

「南浦和」駅から都心へのアクセス

「浦和」駅から京浜東北線で一つ隣に「南浦和」駅があります。「南浦和」駅から都心へのアクセスは、京浜東北線の快速電車が通っているので、利便性は抜群です。「上野」駅には約26分(快速利用)、「池袋」駅には「赤羽」駅で埼京線などに乗り換えれば約25分でアクセス可能です。「南浦和」駅から始発電車もあり、ゆっくりと座って通勤・通学することもできます。

隣の「浦和」駅に行けば、湘南新宿ラインや上野東京ラインなどもあり、「新宿」駅、「渋谷」駅、「上野」駅、「東京」駅方面への移動も便利です。

「南浦和」駅の周辺情報

「南浦和」駅の周辺には、県内西部を中心に展開する「丸広百貨店 南浦和店」や、食品エリアが夜23時まで営業している「ダイエー 南浦和東口店」、深夜1時までオープンしている食品スーパー「マルエツ 南浦和東口店」など多くの商業施設が揃い、共働き世帯も安心です。


埼玉県西部を中心に展開している「丸広百貨店 南浦和店」(左)
食品エリアは夜23時まで営業している[ダイエー 南浦和店](右)

一つ隣の「浦和」駅には、「浦和PARCO」や「伊勢丹 浦和店」、「コミュニティプラザ・コルソ」などがあります。

「伊勢丹 浦和店」と「コミュニティプラザ・コルソ」は隣接しており、どのフロアからでも行き来が可能です。「浦和PARCO」には「ノジマ 浦和パルコ店」があり、新生活に必要な家電製品の購入にも便利です。駐車場・駐輪場も完備しています。


「浦和」駅周辺はさいたま市の都市計画における都心地区の一つとして再開発が進行


「浦和」駅の東口にそびえたつ「浦和PARCO」(左)/「伊勢丹 浦和店」と「コミュニティプラザ・コルソ」は隣接しており、どのフロアからも行き来が可能(右)

地域に根差した名店もたくさんあります。

「Pâtisserie L’Authentique(パティスリー ロタンティック)」は、フランスの国旗が目印の小さな洋菓子屋さん。英語では”オーセンティック”となるフランス語の”ロタンティック”は、本物や正統派を意味します。店内はフランスさながらの雰囲気です。

オーナーシェフの関本さんは、クラシックなフランス菓子にオリジナリティを加えることを目指しており、店内にはその言葉通りの、伝統をベースに個性を表現した本格的なフランス菓子が並んでいます。生菓子や焼菓子、タルト、マカロンなどのほか、旬の素材を使った期間限定商品も用意。レベルの高い埼玉県のスイーツの中でもひときわ注目のお店です。


Pâtisserie L’Authentique/埼玉県さいたま市南区南区文蔵2-29-19

「庵悟(あんご)」は、豚骨魚介系のつけ麺が人気のラーメン屋。極太麺を使用した「つけめん」と、中太麺を使用した「中華そば」を楽しめます。すっきりとした魚介系のスープのシンプルな醬油ラーメン「中華そば」は、飽きのこない定番メニュー。こってり系濃厚スープの「つけめん」はインパクト十分で、多くの熱心なリピーターを呼んでいます。


庵悟/埼玉県さいたま市南区文蔵2-30-5

地元民に人気のスポット

埼京線「中浦和」駅から徒歩5分または「浦和」駅から徒歩20分にある「別所沼公園」は約7万9,000㎡の広さで、「東京」駅の八重洲地下街より大きい公園です。緑豊かな園内には、広場、噴水、ジョギングコースがあり、憩いの場として多くの方々に利用されています。広々とした広場でお弁当を広げたり、児童広場での遊具を使った遊びや噴水など、お子さん連れでも楽しめます。


園内は7万9,000㎡の広さでジョギングコースや多目的広場、児童広場などがある

オシャレで洗練された雰囲気の「さいたま市浦和区」に住むならUR賃貸住宅がおすすめです!

「URコンフォール南浦和」は総戸数1,357戸、鉄筋コンクリート造りの地上14階建て、各住居の専有面積は1K~4DKで40㎡~84㎡と家族構成によって選べます。京浜東北線「南浦和」駅から徒歩約8~13分の立地です。


URコンフォール南浦和/埼玉県さいたま市南区南浦和3-41

多くの商業施設が並ぶ利便性の高い駅前を抜け、団地へ向かう道は、広々としていてとても歩きやすく作られています。両脇には各種商店が軒を連ね、帰宅途中の買い物にも便利です。

また、その駅から続く道は、団地エリアの中央を貫くかたちで配置され、敷地の中央にはレンガ風のモニュメントが「URコンフォール南浦和」のシンボルとして、住民を迎えてくれます。


「URコンフォール南浦和」の敷地中央にあるレンガ風のモニュメント

「URコンフォール南浦和」の設備と内装

今回訪問したのは、3LDK/73㎡のお部屋。約9.1畳のリビングへは日差しがたっぷりと差し込み、とても明るい印象です。洋室は約6.4畳、4.5畳、5.5畳と3つあり、お子さんがいても十分な広さ。リビングと洋室をつないで、広い一続きの部屋として使用することも可能です。キッチン横の洋室は趣味の部屋や収納など、多目的に使えそうです。


光がたっぷりと差し込み明るい印象のリビング

2カ所から出入りができる2WAYのキッチンは、約3.6畳とゆったりとしたスペース。視界の良いカウンターからは家事をしていてもバルコニーなどにも目が届くため、常に子どもの様子を確認できます。


2か所から出入りできるキッチンはカウンターキッチンのため、作業をしていてもリビングの様子が分かる

各部屋には大きめの収納が付いていて、玄関脇には外部物置も用意されています。また、玄関前には共有の廊下を仕切るポーチが設けられており、プライバシーへの配慮も。玄関とトイレ、浴室には手すりが付いているなどバリアフリー仕様になっており、高齢者との暮らしも安心です。


各部屋には天井まである高さの収納が設置されている(左)/玄関には廊下と仕切るポーチがあり、プライバシーに配慮(右)


手すりが設けられた浴室

敷地内には郵便局があるほか、幼稚園や保育園、医院、郵便局なども徒歩10分以内と利便性は抜群。敷地内の各所にはヨーロッパの街並みを思わせる街灯や号棟表示のサインなど、おしゃれな雰囲気のデザインが採り入れられています。
緑も多く、各所に広場が設けられており、子どもたちの遊ぶ声が響きます。付近には前述の「別所沼公園」以外にも、「もみじ公園」、「舟山公園」など多くの公園があります。


ヨーロッパの街並みを意識した街灯や号棟表示がおしゃれな「URコンフォール南浦和」

また、「文教地区・浦和」の一角を占める「南浦和」駅周辺は”塾銀座”と呼ばれており、さまざまな学習塾や進学教室、習い事教室がありますので、子育てしやすい環境と言えそうです。

同物件は、最寄り駅の京浜東北線「南浦和」駅から「東京」駅まで約37分、「川崎」駅まで約60分と、東京だけでなく神奈川方面に乗り換えなしで通勤できるので、便利です。住み替えをお考えの方は、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

その他の南浦和の物件はこちら!


UR南浦和第二/埼玉県さいたま市南区南浦和3-49-53

「UR南浦和第二」は「南浦和」駅から徒歩10分。コンフォール南浦和に隣接し、広い敷地に公園やオープンスペースが設けられた団地は、とてもゆったりとした雰囲気です。周辺はマルエツをはじめとするスーパーやデパート、各種店舗が充実しています。団地の北側にはさまざまな商店が軒を列ね、幼稚園や保育園、医院、郵便局なども徒歩10分以内と、暮らしやすい環境となっています。


UR南浦和第三/埼玉県さいたま市南区南浦和3-42

「UR南浦和第三」も同じく「南浦和」駅から徒歩10分。JR京浜東北線とJR武蔵野線の2路線利用で通勤・通学にとても便利です。駅周辺は、マルエツや 丸広百貨店 をはじめとする商業施設が充実。教育施設は徒歩圏内に揃い、舟山公園などは子どもたちの遊び場になっています。都市型の利便性と、自然がもたらすゆとりを実感できるエリアです。

今回のさいたま市浦和区エリア記事について、いかがでしたでしょうか?

今回の記事でご紹介させていただいた物件が気になった方は、独立行政法人都市再生機構UR都市機構 UR賃貸ショップ南浦和にお問い合わせください。
さらに、上記営業センターで取り扱っている物件一覧や賃料を知りたい方は、こちらをご覧ください。

次回は埼玉県鶴ヶ島市エリアについてご紹介します。

気になるUR賃貸住宅のお部屋探しは、お得な制度・こだわり物件情報が満載の特設ページをご覧ください。

(マイナビ賃貸広告企画:提供 独立行政法人都市再生機構 【UR都市機構】)

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら