【PR】新しい都市と伝統行事が紡ぐ街の記憶。鶴ヶ島市「鶴ヶ島」駅を探訪
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

【PR】新しい都市と伝統行事が紡ぐ街の記憶。鶴ヶ島市「鶴ヶ島」駅を探訪

(配信日時 2018.02.27/更新日時 2018.05.01)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

前回は、さいたま市浦和区の「南浦和」駅を訪問、取材しました。続きまして今回は、鶴ヶ島市の「鶴ヶ島」駅についてご紹介します!
取材当日、関東は記録的大雪。2014年以来の積雪20センチを超え、交通機関に大きな影響を及ぼしました。今回は珍しい雪化粧のUR賃貸住宅をご紹介します!

第8回: 新しい都市と伝統行事が紡ぐ街の記憶。鶴ヶ島市「鶴ヶ島」駅を探訪

鶴ヶ島市は、埼玉県のほぼ中央に位置し、都心から約45kmの圏内にある、人口約7万人(2017年現在)で、坂戸市、川越市、日高市と接しています。

鶴ヶ島の伝統行事

鶴ヶ島では4年に1度、「脚折雨乞(すねおりあまごい)」が行われます。江戸時代から続く伝統行事で、長さ36m、重さ3tある巨大な「龍蛇(りゅうだ)」を「雷電池(かんだちがいけ)」まで運び、雨乞を行うことで降雨を祈願するものです。

材料となる麦わらの栽培から龍神の製作まで、地元住民が一体になって行う、郷土意識を高める行事となっていること、一度途絶えていた伝統行事を復活させたことなどが評価され、2017年に財団法人地域活性化センター主催「第17回ふるさとイベント大賞」で大賞を受賞しました。


国選択無形民俗文化財、市指定無形文化財に指定されている「脚折雨乞(すねおりあまごい)」

その他、豊作感謝・悪疫退散などへの願いを込める「高倉獅子舞」も有名です。こちらも2016年に一般社団法人 日本善行会「秋季善行表彰」を受賞しました。


毎年11月2日、3日に開催される鶴ヶ島市指定無形民俗文化財の「高倉獅子舞」

新田開発の立役者「鶴ヶ島の恩人」“川崎平右衛門”

江戸中期、将軍・徳川吉宗は、「享保(きょうほう)の改革」の柱として新田開発を掲げました。もともと新田に適さない土地が多かったうえに、開発の成果が十分に出ないうちから重い年貢を課されたことで農民が逃げ出すなど、開発は難航しました。

平右衛門は周辺の村々が荒廃していくのを見かね、武蔵野新田の農民の救済を行いながら、82に上る新田の開拓を実施。後に、その功績が認められ、新田世話役に任命。幕府の旗本となりました。


鶴ヶ島の農業に多大な貢献をした川崎平右衛門の銅像(左)(提供:府中市教育委員会所蔵)
陣屋跡には、恩恵を受けた農民たちより、「武蔵野御救(おんすくい)氏神(うじがみ)川崎大名神石祠(ほこら)」が建立された(右)(提供:鶴ヶ島市役所)

鶴ヶ島市には、農業交流センター「つるの里のんのん」があります。農業関係者の研修および活動の場を提供するとともに、農業体験を通じ農業に対する理解を深めることで農業の振興と農村地域の活性化を目指す施設です。


農業関係者の研修や農業の振興と農村地域の活性化を目指す農業交流センター「つるの里のんのん」

市民の交流の場として利用できる各種施設を備え、さつま芋掘り体験、地場野菜を使った料理講習会などのイベントを実施。市民農園もあり、手軽に農作業ができるよう農機具もそろえています。また市内の観光農園では、ブルーベリーの摘み取りやいちご狩りなども行っています。

さらに、地元住民と連携をとりながら、春に「菜の花まつり」、秋に地区住民による各種模擬店のほか、和太鼓、キッズダンスなどが披露される「高倉ふるさとまつり」などの行事を開催しています。


高倉地区約750名の住民全員を会員とする地縁団体「高倉ふるさとづくりの会」(左)
上空から見た鶴ヶ島の農村景観(右)

鶴ヶ島市の歴史

鶴ヶ島は、江戸初期に川越藩領となった後、村落ごとに天領あるいは旗本領などになりました。古くから畑作地帯でしたが、江戸中期には前述の川崎平右衛門の尽力もあり新田開発が盛んになりました。

日光街道、鎌倉街道、飯能街道、川越街道などの街道の町として知られており、中でも日光街道は、八王子で半農半武であった千人同心(武田家遺臣)が日光東照宮に往来したことから、千人同心街道と呼ばれていました。戦前までの街道沿いは老樹が密生し、昼も暗く、街道からあたりの畑・民家も見渡せなかったそうです(老樹は戦後の大型台風で倒伏)。

廃藩置県により、入間県・熊谷県を経て1876年、埼玉県に編入。1889年に脚折村・三ッ木村・大塚野新田などを含む12村2新田が合併し、鶴ヶ島村になりました。

「鶴ヶ島」の由来は、脚折近くの広い沼地の中に小高い場所があり、そこに生える松に鶴が巣篭もり、縁起のよいことが重なったことから名づけられました。

1930年代まで鶴ヶ島駅周辺は、松や杉などが混在した山林でした。その後、1976年から1990年頃まで、URによる土地区画整理事業(施行面積137.9ha東京ドーム約30倍)が実施され、戸建て住宅、利便施設、公共施設も整備。街としての市街地化が進みました。


東京ドーム約30個分の広大な土地を1976年から1990年にかけ、URが土地区画整理事業を実施。最寄りの東武東上線「鶴ヶ島」駅までバス3分、下車後徒歩1分。図は実際の土地計画図(赤枠はかわつるグリーンタウン、青枠はかわつるグリーンタウン松ヶ丘)

「鶴ヶ島」駅から都心へのアクセス

「鶴ヶ島」駅から東武東上線急行を使用すると、「池袋」駅まで直通で約40分。都心エリアも通勤圏内です。また、埼玉西部の最大の商業都市「川越」駅まで東武東上線を利用すれば、約10分でアクセスできます。近隣には「関越自動車道 鶴ヶ島 IC」、神奈川・東京・埼玉・茨城・千葉を環状で結ぶ「首都圏中央連絡自動車道 圏央鶴ヶ島 IC」もあり、マイカー通勤の方には、大変便利です。

市内の交通事情と「鶴ヶ島」駅の周辺情報

鶴ヶ島市内の移動は、公共交通「つるバス」「つるワゴン」が便利です。つるバスは1路線、つるワゴンは6路線を運行。市内各所を結んでいます。


市内の移動には「つるバス」「つるワゴン」が便利

「鶴ヶ島」駅前には「コモディイイダ 鶴ヶ島店」や「ギガマート鶴ヶ島店」など複数のスーパーや飲食店、レンタルビデオショップ、スポーツクラブなどがあり、利便性の高いエリアとなっています。


駅前には「コモディイイダ 鶴ヶ島店」や「TSUTAYA鶴ヶ島店」などのほかにも飲食店やスポーツクラブなどがあります

地域に根差した名店もたくさんあります。

川鶴グリーンタウン地区にある「BAKERY PUMPKIN(ベーカリー パンプキン)」は、8種類の粉・5種類の砂糖・4種類の酵母を使い分ける、地元の人たちに愛される手づくりパン屋さんで、常に買い物客でいっぱいの人気店です。リーズナブルでおいしいパンが並んだ店内は、焼きたての香ばしい匂いが充満。たくさんのパンが試食できるのも、なんともうれしい心遣い。特に人気の「手づくりカレーパン」と「天然酵母のクルミあんぱん」は、早めに売り切れてしまうので注意が必要です。


BAKERY PUMPKIN(ベーカリー パンプキン)/埼玉県川越市川鶴2-11-1

脚折地区の「辰味」は、本格的な和食をカジュアルな雰囲気で味わえる日本料理店。その日、一番新鮮でおいしい素材を厳選して提供されるメニューは、毎日通ってもまったく飽きません。特にランチは刺し身や焼き魚、揚げものなどにデザートまで付いて1,000円ととてもお値打ちで、いつも多くの人で賑(にぎ)わっています。


辰味/埼玉県鶴ヶ島市脚折114-7

そんな歴史と伝統を感じる一方で、きれいに区画整理された緑あふれる街、鶴ヶ島市の「鶴ヶ島」駅に住むなら、UR賃貸住宅がおすすめです!

最寄りの東武東上線「鶴ヶ島駅」からバス3分/徒歩1分(バス便は日中、1時間に3~4本)、徒歩20分ほどの場所にある「かわつるグリーンタウン松ヶ丘」。「池袋」駅まで乗り換えなしで約40分。「川越」駅は約10分。すぐ近くに「関越自動車道」と「首都圏中央連絡自動車道」のICがあり、新潟方面や、横浜、八王子、所沢、つくば、成田などに便利に行けます。


URかわつるグリーンタウン松ヶ丘/鶴ヶ島市松ヶ丘4-1


取材当日は関東で記録的な大雪。撮影開始時にはまばらだった雪もあっという間に積もり、中々見られない雪化粧が施されたURかわつるグリーンタウン松ヶ丘

団地が佇(たたず)むのは、ゆったりと余裕のある、静かで緑豊かな敷地。周辺には「鶴ヶ島南近隣公園」など多くの公園があり、子どもたちが安全に遊ぶ絶好のロケーションとなります。また、小・中学校や幼稚園・保育園などもそろっていて、子育てしやすい環境となっています。

団地にはスーパー「TAIRAYA 川鶴店」が隣接しており、食品や日常品の購入も容易です。先ほどご紹介した「BAKERY PUMPKIN」やカフェ、飲食店、美容室、クリーニング店、郵便局、各種医療機関や薬局が集結した「かわつる商店街」や、徒歩圏内にスーパーやホームセンター、ドラッグストアなどもあり、とても便利です。


団地に隣接している「TAIRAYA 川鶴店」は21時45分まで営業(左)
日用品や食料品も購入可能な「ウェルパーク川越かわつる店」(左)


団地から「TAIRAYA 川鶴店」などに向かう際に通る橋の下には、関越自動車道が通っている(左)
郵便局などが集まる「かわつる商店街」(右)

かわつるグリーンタウン松ヶ丘、松ヶ丘第二、新鶴の3つのUR賃貸住宅は、埼玉県から子育てマンションに指定されており、子育て環境の充実した、子育て層から高齢者まで多世代が交流し安心して住まえる団地を目指しています。

例えば、バリアフリーに改修を行った集会所での「子育てサロン」開催、11号棟の一部住戸での「子育てファミリー向け」リフォームなどを実施しています。


団地中央にある集会場。雪が降る日には、団地内を清掃するクリーンメイトの方々が玄関付近に融雪剤をまいてくれます(左)
集会場のトイレスペースは小さな子どもから高齢者まで使いやすいように配慮(右)


室内では「子育てサロン」などが開催され、奥にある畳スペースでは絵本を読んだりできる

設備と内装

今回訪問したのは11号棟の最上階、5階の2LDK+S(書斎)/78㎡の住戸。約11畳の広いリビング・ダイニングに約4.5畳のキッチン、約10畳と約6.4畳の洋室に加え、約2.4畳の書斎が付いています。


白を基調とした明るいリビング

書斎はまさに隠れ家といった雰囲気で、趣味の部屋やPCルームなどさまざまな用途に使用可能です。さらに、最上階の5階限定の設備として、大きな”グルニエ(屋根裏を利用した収納スペース)”が付いています。こちらは、スーツケースなど普段使わないものや季節ものの衣類、ゴルフ道具、大型家電の外箱などの保管に活躍しそうです。


趣味の部屋やPCルームなどさまざまな用途に使えるカウンター付きの書斎(左)
最上階のみ天井裏に収納スペースを設置。季節家電などをしまうことが可能(右)

北側の洋室は約10畳と、主寝室としても十分な広さ。西側には出窓が、北側にはバルコニーがあり、開放感のある空間です。さらに、追い炊き機能付きのお風呂や温水の利用も可能な洗濯場、各部屋の広い収納や豊富なコンセントなど、細かな配慮がうれしいお部屋となっています。


書斎からも出入り可能な約10畳の洋室(左)
追い炊き機能付きのバスルーム(右)

お部屋のある11号棟は、住民の方の利便性を考慮し、新たに外付けのエレベーターを設置しました。また、階段室のスペースや階段の幅も広く取ってあり、大きな荷物の運搬も楽々です。


住民の方の利便性を考慮し、外付けエレベーターを設置

今回ご紹介したお部屋は、入居開始可能日から5年間の家賃が5%割引となる「キャンペーン家賃」の対象物件となります。すてきなお部屋にお得に住めるチャンスですので、ぜひチェックしてみてください。

このように、子育て世代から高齢の方まで安心して住める「かわつるグリーンタウン松ヶ丘」。ぜひ一度、ご覧になってはいかがでしょうか。

「鶴ヶ島」駅のその他のUR賃貸住宅


かわつるグリーンタウン 松ヶ丘第二/鶴ヶ島市松ヶ丘4-3

「鶴ヶ島」駅よりバス3分/徒歩3分。団地周辺にはスーパーや公共施設のほか、大きな公園も複数あり、潤いのある生活が送れます。休日は家族そろってのピクニックや、公園のテニスコートやグラウンドで汗を流すのも楽しいですね。


かわつるグリーンタウン 新鶴/鶴ヶ島市南町2-1

「鶴ヶ島」駅からバス5分/徒歩1分。団地内には、児童公園や歩行者専用道路などが設置されています。周辺には、野球場、アスレチックなどのある運動公園があり、週末のレジャーライフは快適に過ごせます。公共施設や教育施設、医療施設も団地内外に整い、団地の裏手に南小・南中学校があります。団地中心地区や駅周辺にも商業施設がそろい、利便性は抜群です。

さて、今回の鶴ヶ島市の記事はいかがでしたでしょうか。

今回の記事でご紹介させていただいた物件が気になった方は、独立行政法人都市再生機構 UR都市機構 若葉現地案内所にお問い合わせください。
さらに、上記営業センターで取り扱っている物件一覧や賃料を知りたい方は、こちらをご覧ください。

次回は、埼玉県川越市についてご紹介します。

気になるUR賃貸住宅のお部屋探しは、お得な制度・こだわり物件情報が満載の特設ページをご覧ください。
(マイナビ賃貸広告企画:提供 独立行政法人都市再生機構 【UR都市機構】)

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら