【PR】伝統と現代とが”粋”に調和する小江戸川越-川越市「川越市」駅を味わい尽くす
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

【PR】伝統と現代とが”粋”に調和する小江戸川越-川越市「川越市」駅を味わい尽くす

(配信日時 2018.02.27/更新日時 2018.05.01)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

前回は、鶴ヶ島市の「鶴ヶ島」駅を訪問、取材しました。今回は川越市の「川越市」駅についてご紹介!
首都圏の交通機関に大きな影響を与えた大雪が降った翌週ということもあり、至るところに雪が残っているのが見受けられました。

第9回:伝統と現代とが”粋”に調和する小江戸川越-川越市「川越市」駅を味わい尽くす

川越市は、埼玉県南西部に位置する、人口約35万人(2018年2月現在)の市です。埼玉県内でさいたま市、川口市に次ぐ県内第3位。県西エリア最大の商業都市です。

首都圏有数の観光名所”小江戸川越”として知られる川越。神社・寺院・歴史的建造物が多く、関東では神奈川県鎌倉市、栃木県日光市に次ぐ文化財数を誇ります。「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」とうたわれ、年間700万人(2016年)もの観光客が訪れる一大観光都市。近年は、たくさんの外国人旅行者も見かけます。
今回は、そんな川越の魅力を探ります。


首都圏有数の観光名所「川越」。おいしいグルメ以外にも歴史を感じる建造物が多数

川越市の歴史

川越の名前の由来は、平安時代に興り、後に武蔵国の筆頭御家人として、鎌倉幕府に重用された豪族の「河越氏」からきていると言われています。

室町時代に太田道灌によって河越城が築城され、以降、多くの合戦の舞台となりました。
江戸時代、川越には武蔵国筆頭藩として大老クラスの重鎮が配置されました。商工業・学問の盛んな城下町として発展を遂げ、江戸とは川越街道や新河岸川の舟運で結ばれていました。その新河岸川上流には川越の外港として川越五河岸が築かれ、千住を経て浅草まで舟が行き交いました。


江戸と川越を結び、人や物を運んだ新河岸川(提供:川越市立博物館)

1871年、廃藩置県により川越藩から川越県、その後入間県となり、1873年の熊谷県を経て、1876年に埼玉県に編入。川越町は1889年に成立しました。

1895年開業の川越鉄道(現・西武鉄道)、1914年開業の東上鉄道(現・東武鉄道)などで流通網が拡大。さらに、県内初となる米穀取引所や民間銀行(川越銀行や川越商業銀行)が設立し、城下町から、埼玉県随一の商都・金融の中心地、米取引・穀物集散地として繁栄しました。
なお、商工会議所や医師会の発足、火力発電所や水力発電所が作られたのも、川越が埼玉県で最初です。


1914年に開業した東上線「川越町」駅(提供:川越市立博物館)

1922年に県内初の市制が施行され、人口約3万人の川越市が誕生。その後、1939年に田面沢村を編入、1955年に隣接する芳野村・古谷村などを含めた9村を合併し、現在の市域となりました。


市役所前の祝賀風景(提供:川越市立博物館)

小江戸川越の名所

川越で真っ先に思い浮かぶのは「時の鐘」ではないでしょうか。「時の鐘」は3層構造の高さ約16m。江戸時代の寛永年間に、川越藩主・酒井忠勝が最初に建てたと言われ、現在の鐘楼は4代目となっています。

当初から、庶民の暮らしに欠かせない「時」を告げる川越のシンボルとなっています。古くは鐘撞き守が決まった時間に時を知らせていましたが、現在では、自動で1日4回(6時、正午、15時、18時)、川越城下の蔵造りの街並みに鐘の音を響かせています。


1996年には、環境省の「日本の音風景100選」に選出。また、建物は川越市指定有形文化財に指定(左)
東武東上線川越駅の構内にもオブジェが設置されている(右)

「喜多院」は天台宗の寺院です。日本三大羅漢の一つである「五百羅漢」や、30万人以上の人出で賑(にぎ)わう1月3日の「ダルマ市」でとても有名です。建物の多くが重要文化財に指定され、寺宝にも貴重な美術工芸品を多く有する有名なお寺ですが、1638年の川越大火により、そのほとんどが焼失してしまいました。しかし、3代将軍・徳川家光が江戸城内・紅葉山から客殿、書院などを移築。結果的に江戸の大火による焼失を免れ、江戸城唯一の遺構として残されることになりました。


1200年近い歴史を誇る「喜多院」。別名は「川越大師」(左)「提供:喜多院」
日本三大羅漢の一つ「五百羅漢」。笑う、怒る、泣くなどの表情をした羅漢様が鎮座(右)「提供:喜多院」

喜多院の南側に位置する「仙波東照宮」は、日光・久能山と並ぶ「日本三大東照宮」の一つ。1617年、徳川家康の遺骸を久能山から日光へ運ぶ途中、天台宗の僧侶・天海が喜多院で法要を行ったことから、1633年に創建されました。1638年の川越大火により焼失したものの、1640年に幕府により再建。本殿には、木像の家康公像が祀られています。


国の重要文化財「仙波東照宮」「提供:喜多院」

その他の文化財

毎年10月の第3土曜日・日曜日に開催され、2日間で80万人以上の人出がある「川越まつり」は、茨城県石岡市の「常陸國總社宮大祭」・千葉県香取市の「佐原の大祭」と並ぶ関東三大祭りの一つ。幻想的な山車と街並みが見事に溶け込み、多くの人々を惹きつけます。


夜は提灯に明かりがともり、幻想的な山車を見ることができる。国の重要無形民俗文化財にも指定されている(提供:川越まつり会館)

蔵造りの建物としては「大沢家住宅」が有名です。呉服太物を扱う豪商・西村半右衛門が1792年に建設。1989年から5年をかけ、大規模修理を行いました。現在は和小物や山車のミニチュアなどを取り扱う「小松屋民芸店」が店舗を構えています。


一番街に並ぶ蔵造り建築の中でも最も古い築200年の「大沢家住宅」は、国の重要文化財

明治・大正時代の洋風建築としては、現在も営業している「埼玉りそな銀行川越支店」が代表的です。元々は1918年に「旧国立八十五銀行本店」として建設され、時の鐘とともに川越のシンボル的な存在となっています。ちなみに、埼玉県初の銀行としても有名です。


1918年に埼玉県で初めて設立された「旧国立八十五銀行本店」。現在は「埼玉りそな銀行川越支店」として営業

川越の名所

江戸時代の城下町として、古くから商業や文化が栄えた川越。戦争や震災の影響を受けなかったこともあり、蔵造りの建物や古い土蔵、明治・大正期の洋館が立ち並ぶレトロな街並みなど、当時の面影は今も健在で、多くの名所を擁しています。

「小江戸蔵里(こえどくらり)」の愛称で知られる川越市産業観光館は、1875年創業の旧鏡山酒造の酒蔵を改装。一番街の蔵造りの街並みと、商業・業務施設が集まるクレアモール商店街の中間に位置しています。昭和蔵は2018年3月10日(土)より、県内35蔵の日本酒を飲み比べることができる「ききざけ処」としてリニューアルオープンします。


三つの蔵からなる「小江戸蔵里」は旧鏡山酒造の酒蔵を改装した施設で、国の登録有形文化財


おみやげ処「明治蔵」は四季折々の和菓子や日本酒、まかない処「大正蔵」は小江戸産の食材を使った料理が味わえる。2018年3月10日から県内35蔵の日本酒を飲み比べることができる「昭和蔵」がリニューアルオープン

「大正浪漫通り」は、洋風建築が立ち並ぶレトロな雰囲気あふれる商店街です。200mほどの商店街はアーケードを取り除き、御影石の石畳を敷き、電線を地中化。町屋造りや洋風看板建築の、川越名産のお土産などを販売する個性豊かなお店が軒を連ねています。中には江戸時代より続く店舗や、3代を越える老舗も多いとか。


日々の買い物やこだわりの逸品、川越観光のお土産などを販売する個性豊かな「大正浪漫通り」

「菓子屋横丁」は、菓子屋が立ち並ぶ商店街。明治の初めから菓子を製造しており、関東大震災後、東京に代わり江戸菓子や駄菓子を製造するようになりました。昭和初期には70軒ほどの業者が軒を連ね、現在も20数軒の店舗が伝統的な菓子を製造・販売しています。ノスタルジックな雰囲気と駄菓子のなつかしい香りが人気です。


タイムスリップしたようなノスタルジックな雰囲気漂う「菓子屋横丁」は、2001年度の環境省「かおり風景100選」に選定

一番街の通りに面した「陶舗やまわ」では、地元陶芸作家の作品を展示。店蔵は、川越大火後の1893年に建てられ、現存する入り母屋形式の土蔵造りとしては日本最大級。店内では「小江戸川越 蔵のまち手ぬぐいタオル」(税別700円)、「小江戸川越 蔵のまちマグカップ」(税別1,200円)などのオリジナル商品も販売。


さまざまな陶芸家が作ったお茶碗や湯飲みが所狭しと並ぶ「陶舗やまわ」(提供:陶舗やまわ)

「川越」駅、「川越市」駅、「本川越」駅から都内へのアクセス

川越市の中心部には、JR川越線・東武東上線「川越」駅、東武東上線「川越市」駅、西武新宿線「本川越」駅の3駅があり、それぞれ徒歩圏内に位置しています。JR「川越」駅から「大宮」駅は川越線快速で約23分、東武東上線「川越」駅から「池袋」駅は東武東上線急行を利用すると約32分でアクセスできます。「本川越」駅から「西武新宿」駅は西武線急行で約58分。いずれも乗り換えなしでアクセス可能です。

また、東武東上線「川越市」駅から西武新宿線「本川越」駅まで徒歩7分なので、多くの人が乗り継ぎに利用しています。さらに、「川越」駅からは成田空港、「川越」駅・「本川越」駅からは羽田空港、「川越」駅・「本川越」駅からは東京ディズニーリゾートへの高速バスもあり、レジャーなどにも便利です。

「川越」駅、「川越市」駅、「本川越」駅の周辺情報

「川越」駅、「川越市」駅、「本川越」駅の周辺には商業施設が発達しており、利便性抜群のエリアとなっています。

「川越」駅構内に「エキア(EQUIA)川越」、駅ビル「ルミネ川越」があり、「川越」駅東口直結の「アトレマルヒロ(アトレ川越)」と「川越マイン」があります。
「本川越」駅の2階改札口は、「西武本川越PePe(ペペ)」や「川越プリンスホテル」と直結。「川越」駅にも徒歩約13分で行くことができます。

「川越」駅と「本川越」駅の間には、約1.2kmにも及ぶ、飲食店や薬局、ファッションなど多様なジャンルのお店が集まる「クレアモール」商店街があります。学生からお年寄り、観光客など、人通りの絶えない活気に溢(あふ)れた通りになっています。

「川越市」駅近くには、「ベルク 川越東田町店」があり、日用品の購入に便利です。また、「本川越」駅までは徒歩5分ほどの距離ですので、同駅周辺の商業施設を利用することも可能です。


レストラン街は22時30分、食料品街は21時まで営業している「アトレマルヒロ(アトレ川越)」(左)
「川越マイン」は25時まで営業しており、帰宅が遅くなっても買い物ができ安心(右)


今では珍しい屋上遊園地「わんぱくランド」がある「丸広百貨店 川越店」(左)
約1.2㎞続く「クレアモール」商店街では、グルメやファッションなどさまざまなお店が軒を連ねる(右)

地域に根差した名店もたくさんあります。

市内に数店舗ある「菓匠右門」では、和菓子「いも恋」が人気。川越の名産品であるさつまいもとつぶ餡(あん)を、山芋ともち粉の生地で包み、昔なつかしい風味に仕上げたおまんじゅうです。さつまいもとつぶ餡(あん)の取り合わせと、もちもち感のある生地が独特の味わいを醸し出しています。店頭では蒸したての熱々で提供しており、街歩きのお供としても最適です。


菓匠右門 一番街店/川越市幸町1-6

今成交差点の大きな「パエジャラ(鍋)」が目印の「Restauranteすぺいん亭 本店」は、川越市で約30年続くスペイン料理店。本場のコンクール国際部門で3年連続優勝を果たしたパエリアや、イベリコ豚のチョリソなどスペイン各地の伝統料理を提供。モザイクや鉄の装飾に包まれたスペインの音楽が響く店内で味わうパエリアは格別です。


すぺいん亭/川越市今成4-11-4

川越はバス網が発達しており、市内の各所に行くのに便利です。川越の観光名所を結んで走る、クラシカルな風貌の「小江戸巡回バス」や、駅を中心として住宅地や公共施設を結ぶ市内循環バス「川越シャトル」など、目的によってさまざまな路線があります。

それだけでなく、「川越市自転車シェアリング」も便利です。街なかサイクルポートであればどこでも、自転車の貸出・返却が可能となっています。


「川越市自転車シェアリング」は、借りた場所以外でも自転車の返却が可能

蔵造りの街並みが連なる古き良き伝統とモダンな利便性とを兼ね備えた、注目の街「川越」。そんな川越市の「川越市」駅に住むなら、UR賃貸住宅がおすすめです!

最寄りの東武東上線「川越市」駅から徒歩9分の場所にある「アクティ川越」。同駅から「池袋」駅までは、急行なら直通35分圏内と利便性抜群です。周辺のスーパーをはじめ、徒歩16分の西武新宿線「本川越」駅前や、一つ隣の駅で、徒歩で19分の「川越」駅まで足を伸ばせば、大型スーパーやデパートなどでショッピングも楽しめます。


URアクティ川越/川越市三光町38-1

小江戸川越にある物件らしく、団地内の号棟表示が通常の数字に加え「壱」「弐」「参」などの漢数字が併記されていたり、集会室がある管理事務所や各棟のエントランスが和風の瓦葺(ぶ)きであったりと、随所に遊び心を感じさせてくれます。


各棟のエントランスは和風の瓦葺(ぶ)き


集会場もエントランス同様瓦葺(ぶ)き(左)
団地内の号棟表示にも漢数字があり、建物全体から小江戸の雰囲気を感じることができる

傍らには川越の繁栄の源となった新河岸川が流れ、利便性の高いエリアにありながらも緑が多く、とても静かな環境で、子育てにも最適です。


利便性の高いエリアながら、周辺には緑も多く、子育てにも申し分ない環境

設備と内装

今回訪問したのは、3LDK/76㎡のお部屋。約9.5畳のゆったりしたリビング・ダイニングに、約4.5畳のキッチン。さらに、・ダイニングの隣の約6.0畳の和室と、約6.0畳と約4.0畳の洋室があります。

訪ねたのは冬の寒さが厳しい日でしたが、南向きのリビング・ダイニングと和室にはたっぷりと日差しが入り、暖房が要らないほどの暖かさでした。天井が高く、ウッディなフローリングとホワイト系の壁クロスのコントラストも爽やかで、とても明るい印象です。また、周辺には高層の建物がないため眺望も良好で、晴れた日にはバルコニーから遠くの山々が望めます。


南向きでたっぷり日が差し込むリビング。隣には6畳の和室があり、ふすまを開ければ一部屋としても利用可能

各部屋には収納がたくさんあり、それぞれ容量が大きいのもうれしいポイント。特に廊下に面した、洗面脱衣室手前の収納はとても大きく、使用しない大きな家電や趣味のゴルフバッグなどを収納することが可能です。


廊下一面の収納には使用しない季節家電や掃除機などをしまうことが可能(左)
便利な洗面化粧台(右)

部屋数も十分ですので、お子さまがいらっしゃる方、年配の方との同居を考えていらっしゃる方まで、幅広い層に住んでいただけるお部屋になっています。


約4.5畳の広々としたキッチンはリビングからたくさんの日が差し込み明るい印象(左)
各居室には収納スペースが十分確保されている(右)

今回ご紹介したお部屋は、「U35割」の対象物件となります。U35割は、35歳以下の方の家賃が3年間お得になる割引制度で、単身、学生、夫婦、子育て世帯も対象となります。契約名義人の年齢が35歳以下であれば、配偶者(年齢不問)もしくは35歳以下の親族が同居可能です。

同物件ではこのほかにも、「子育て割」や「そのママ割」など、さまざまな割引制度を用意しています。ぜひ、お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

川越エリア・狭山エリアにあるその他のUR賃貸住宅


川越ニューシティいせはら リバーサイド弐番館/川越市伊勢原町5-5-12

東武東上線「鶴ヶ島」駅よりバス8分/徒歩5分のほか、JR川越線「的場」駅からも徒歩18分となります。団地周辺は、学童保育や保育園、小・中学校などの教育機関がそろう好環境。コンビニも徒歩圏内で、すぐ向かいには桜の名所として有名な御伊勢塚公園もあります


狭山台/狭山市狭山台1-31ほか

西武新宿線「本川越」駅から約9分の西武新宿線「狭山市」駅よりバス10分/徒歩1分。駅周辺は、「西友」や各種店舗が並ぶショッピングエリアとなっており、日々の買い物にとても便利です。団地の近隣にはスーパー、コンビニ、ファミレスが点在しているほか、狭山台中央公園も隣接する緑豊かな環境。バスの本数も多く、バス停からもすぐなので深夜の帰宅でも安心です。

さて、今回の川越市の記事はいかがでしたでしょうか。

今回の記事でご紹介させていただいた物件が気になった方は、独立行政法人都市再生機構 UR都市機構 UR賃貸ショップ川越にお問い合わせください。
さらに、上記営業センターで取り扱っている物件一覧や賃料を知りたい方は、こちらをご覧ください。

次回は、埼玉県入間市についてご紹介します。
気になるUR賃貸住宅のお部屋探しは、お得な制度・こだわり物件情報が満載の特設ページをご覧ください。
(マイナビ賃貸広告企画:提供 独立行政法人都市再生機構 【UR都市機構】)

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら