【PR】「古き良きアメリカの息吹を感じる街」入間市「入間市」駅を訪ねて
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

【PR】「古き良きアメリカの息吹を感じる街」入間市「入間市」駅を訪ねて

(配信日時 2018.03.27/更新日時 2018.05.01)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

前回は、伝統と現代が”粋”に調和する小江戸・川越市の「川越」駅を訪問、取材しました。今回は入間市の「入間市」駅についてご紹介します!

第10回:「古き良きアメリカの息吹を感じる街」入間市「入間市」駅を訪ねて

入間市は人口約15万人(2018年3月現在)で、埼玉県内では狭山市に次ぐ13位です。都心から40km圏に位置しています。

1966年11月1日の市制施行にあたって市名を一般公募し、「入間」が選ばれました。選出理由については、この地が昔から「入間野」と呼ばれており、この地域で作られる生産物に「入間」の文字が盛んに用いられていることが挙げられています。また漢字の「入」は豊かな収入、「間」は「太陽を囲んだ平和な生活を営むこと」を表すとされます。

狭山茶の産地 入間市

入間市は豊かな緑に恵まれ、狭山茶(さやまちゃ)の産地としても知られています。狭山茶は、埼玉県西部および東京都西多摩地域(埼玉県産と区別するため、東京都産は「東京狭山茶」と呼ばれる)を中心に生産されているお茶ですが、入間市はその半分以上を生産する主産地となっています。

狭山茶の歴史は古く、静岡茶、宇治茶と並んで日本三大茶と称され、狭山茶摘み歌では「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と謳われています。


入間市は日本三大茶の一つ、「狭山茶の生産量、栽培面積で県内一を誇る
(提供:入間市)


入間市制50周年を記念し、2016年に観光大使として誕生した「いるティー」
(提供:入間市)

米国風の街並みが広がる「ジョンソンタウン」

「入間市」駅から徒歩約17分の場所に、「ジョンソンタウン(JOHNSON TOWN)」があります。国道463号沿いにある元米軍住居地域跡地で、合計79棟の建物が住居用・店舗用として利用されています。

「ジョンソンタウン」は1938年頃、現在の航空自衛隊入間基地にあった陸軍航空士官学校に勤める将校たちのために、磯野住宅が平屋の日本家屋を建設したのが始まりで、1954年に米軍ハウスが建設され、日本家屋と混在する街へとなりました。

1978年、米軍の撤退に伴い、米軍ハウスは一般向けの賃貸住宅として利用されたものの、建物は老朽化が進行。1996年に復興策の検討を開始し、2003年に復興方針が決定。以降、約10年かけて米軍ハウスはリノベーションを行い、日本家屋は平成家屋に建て替えられ、街並みが整えられました。

現在の「ジョンソンタウン」には、アメリカ風な平屋の古民家・米軍ハウスと、米軍ハウスの雰囲気を継承しつつ現代的建築基準で新築した平成ハウスとが、樹々の間に点在。ゆったりとした自然豊かなスペースに白い横張りの板壁が特徴的な家々が並び、一歩足を踏み入れるとまるで、どこかアメリカの都市の郊外に迷い込んだような錯覚に陥ります。


国道463号沿いにある元米軍住居地域跡地の「ジョンソンタウン」

敷地内には住宅のほか、カフェやレストラン、雑貨店など約50店舗があり、テレビドラマや映画のロケ地の他、ファッション雑誌やCDジャケットの撮影などでもたびたび登場し、アメリカを感じさせる佇まいで人気を集めています。ちなみに、「ジョンソンタウン」は賃貸住宅もあるので、ご興味がある方は、お問い合わせされてみてはいかがでしょうか。


雑貨店やレストランなど50店舗があり、随所にアメリカの郊外の街並みを感じることができる

なお、同施設は、2015年に「平成27年度都市景観大賞都市空間部門」において大賞(国土交通大臣賞)を受賞。2017年には「日本建築学会賞(業績)」および、「第11回 キッズデザイン賞 子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」にて優秀賞(少子化対策担当大臣賞)を受賞しています。

(取材協力:ジョンソンタウン)

入間市の自然と公園

入間市は緑が豊かで、多くの公園があることも特長です。市内には232カ所の公園があり、トータルの広さは約66万8,000㎡にも及びます。これは、東京ドーム約14個分の広さとなります。

「入間市」駅から徒歩約15分、前述のジョンソンタウンからはわずか徒歩1分の場所にある「彩の森入間公園」は、園の中心に2つの池(上池と下池)があり、緩やかな起伏のある芝生広場や多目的広場が整備されています。園内には多くの木々が茂り、市民の憩いやレクリエーションの場、潤いと安らぎを与える場として活躍。また、災害時における避難地や防災活動拠点にもなっています。


「彩の森入間公園」は、園内の2つの池がシンボルとなり、緩やかな起伏のある芝生広場や多目的広場が整備されている
(提供:彩の森入間公園パートナーズ)

県営の「狭山稲荷山公園」は「稲荷山公園」駅前に位置し、住所は狭山市ですが、「入間市」駅からも徒歩20分程度と十分アクセス可能です。戦後米軍が使用していた「ジョンソン空軍基地(現・航空自衛隊入間基地)」の一部が返還されたもので、米軍管理下の時代には「ハイドパーク(Hyde Park)」という英語名がありました。春には300本ほどのソメイヨシノやヤエザクラのライトアップが行われます。また、広大な芝生広場やBBQガーデンがあり、アカマツ・コナラなどの樹木も多く、周辺住民の憩いの場となっています。


約300本のソメイヨシノ・ヤエザクラがのライトアップされたり、広大な芝生広場がある「狭山稲荷山公園」
(提供:彩の森入間公園パートナーズ)

市内に7つのコースを擁する「元気な入間ふれあい茶ん歩道(さんぽみち)」は、入間市の四季折々の豊かな自然や、郷土の歴史や文化などを知ることのできる散歩道。「里山をめぐる」「入間川を歩く」「湧水をめぐる」など7つのコースに応じて、想い想いに散策を楽しめます。


「元気な入間ふれあい茶ん歩道(さんぽみち)」は、四季折々で表情豊かな入間市の自然や緑を感じながら散歩ができる
(提供:入間市)

「入間市」駅から都内へのアクセス

西武池袋線の特急停車駅でもある「入間市」駅からは、「池袋」駅まで特急を利用すると直通で約33分。東京メトロ有楽町線・副都心線との相互直通運転もしており、「明治神宮前(原宿)」駅、「渋谷」駅へも乗り換えなしでアクセス可能です。

また、入間市駅からは「狭山市」駅、「河辺」駅、「箱根ヶ崎」駅、「武蔵藤沢」駅方面の路線バスが発着しているほか、東京近郊を環状に結ぶ国道16号線が通っているので、車のアクセスも抜群です。

「入間市」駅の周辺情報

駅に直結した「西武入間ペペ」は、スーパーやドラッグストア、100円ショップ、書店、レストランなどの店舗の他、郵便局やATMもあります。


40以上のお店がある「西武入間ペペ」はスーパーとレストラン街が21時まで営業

駅から徒歩7分の場所にあるショッピングプラザ「サイオス(SAIOS)」は、食品のフロアや暮らしのフロア、おもちゃのフロアのほかに、ボウリングも楽しめます。「丸広百貨店 入間店」は、駅から徒歩5分。食料品や衣類、グルメの他にも、家電量販店や家具店があります。


20時まで営業している「サイオス」は、「ユナイテッド・シネマ入間」が隣接している(左)
県内に9店舗展開する「丸広百貨店」の入間店(右)

「三井アウトレットパーク入間」は、国内外の有名ブランドやレストラン、フードコートなどを擁するアウトレットモール。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の「入間IC」直近の国道16号沿いに位置しています。「入間市」駅からは、直通バスで約15分。「コストコホールセール入間倉庫店」が隣接しており、近隣には「イオン入間店」などの大型商業施設も集中しています。


国内外ブランドを取り扱う「三井アウトレットパーク入間」(左)
食品フロアが24時まで営業している「イオン入間」(右)

地域に根差した名店もたくさんあります。

「古都」は、関東を代表するデカ盛りの有名店。多いときには1日に60kgも炊くというご飯は丼からあふれんばかりの大盛りで、おかずの量もたっぷりです。料理は盛りが良いだけでなく、どこか懐かしい味わいも◎。女将の気配りのある接客も人気で、店内には「ご飯は足りていますか?」という明るい声が響きます。お店は週替わりでお休みとなりますので、来店の際は毎日更新される公式Webページを要チェックです。


古都/埼玉県入間市宮前町12-11

「ジョンソンタウン」内にある豚肉料理専門店「THE PORK SHOP」は、ランチはカフェにてとんかつやパスタなどを、夜はワインとクラフトビールを揃えたバルにて自慢のポーク料理を提供。木更津産のブランドポーク・林SPFを使用したこだわりのメニューを目当てに、連日多くの人で賑わっています。帽子や雑貨のコーナーもあり、テイクアウトメニューも充実しています。


THE PORK SHOP/埼玉県入間市東町1-5-8

そんな豊かな自然と利便性、そしてアメリカのPOPなカルチャーをも感じさせる街、入間市の「入間市」駅に住むなら、UR賃貸住宅がおすすめです!

今回訪問したUR入間駅前プラザは、「入間市」駅からわずか徒歩2分。改札のある2階部分とデッキで直結しており、車の通行などを気にせずにアクセスすることができます。


UR入間駅前プラザ/入間市向陽台1-1-17

設備と内装

拝見したのは、3DK/61㎡のお部屋で、南向きの和室6畳が2部屋と約4畳の洋室、約4畳のキッチン、約6畳のダイニングとなります。和室には冬でも日差しが差し込み、とても暖か。フローリングの床と違ってあまり響かないので、小さなお子さまも思いっきり遊ばせられそうです。

また、収納がたっぷりとしているのも大きな特長。和室の上部には天袋がついており、普段は使わないゴルフバッグやスキー道具などをしまっておくのに便利です。押入れも広く、賢く物を収納することで、お部屋を広くすっきりと使うことができます。


ライフスタイルを自在にデザインできる和室が魅力


化粧水や歯ブラシなどは鏡の裏に収納可能(左)
浴室には追い炊きが設置されており、お風呂に入る時間がバラバラでも一定の湯温に(右)


約4畳の洋室にも天井まである収納を設置(左)
改修済みのエントランス(右)

UR入間駅前プラザは1DK~4LDKと、一人暮らしからお子さまがいるご家庭でも十分対応可能。近隣には幼稚園・保育園、小・中学校があり、子育てしやすい環境です。団地の周辺には自然のままの雑木林が残されており、緑豊かな公園も点在しています。駅にも近く、スーパーやショッピングモール、病院などにも簡単にアクセスできるので、生活の利便性は申し分ありません。

今回ご紹介したお部屋は、35歳以下の人の家賃が3年間お得になる割引制度「U35割」の対象物件となります。単身、学生、夫婦、子育て世帯も対象で、契約名義人の年齢が35歳以下であれば配偶者(年齢不問)もしくは35歳以下の親族が同居可能です。

UR入間駅前プラザには、このほかにもさまざまなタイプのお部屋があり、それぞれのニーズに応じた対応が可能です。また、「U35割」以外にも各種割引制度を用意していますので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

「入間市」駅のその他のUR賃貸住宅


UR入間豊岡/入間市豊岡1-8

「入間市」駅徒歩5分。駅からはJR青梅線方面へバスが出ており、立川エリアも生活圏内となります。東京近郊を環状に結ぶ国道16号線が通っているので、車のアクセスも抜群。駅周辺にはデパートやスーパーなど大型商業施設や映画館、スポーツクラブなどがあります。また、春になると、団地のそばを流れる霞川に満開の桜が咲き誇ります。


UR入間黒須/入間市黒須1-12

「入間市」駅から徒歩7分。特急、急行が利用できるほか、バスや車で移動もしやすい環境です。駅周辺には駅ビル「PePe」や「丸広」などの商業施設や、少し足を伸ばせば国内最大級の「三井アウトレットモール」も。また、すぐ近くには「狭山稲荷山公園」があります。

さて、今回の入間市の記事はいかがでしたでしょうか。

今回の記事でご紹介させていただいた物件が気になった方はUR都市機構 UR賃貸ショップ川越にお問い合わせください。

さらに、上記営業窓口で取り扱っている物件一覧や賃料を知りたい方は、こちらをご覧ください。

次回は、埼玉県坂戸市についてご紹介します。

気になるUR賃貸住宅のお部屋探しは、お得な制度・こだわり物件情報が満載の特設ページをご覧ください。
(マイナビ賃貸広告企画:提供 独立行政法人都市再生機構 【UR都市機構】)

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら