【PR】行きやすい不動産会社って? 物件探しの“アレコレ”を本音トーク
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

【PR】行きやすい不動産会社って? 物件探しの“アレコレ”を本音トーク

(配信日時 2018.04.13/更新日時 2018.04.16)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

進学や就職、転勤などで新生活を始める人も多い季節、春。新しい場所に住み始めるには、不動産ポータルサイトで部屋を検索し、その後、不動産会社に訪れて物件探しをするという人がほとんどではないでしょうか。そこで「物件探しに関する新しい製品やサービスを生み出すLiving Innovation」に挑戦し続けるハウスコム社が、不動産会社に対する本音を聞き出すため、座談会を実施しました。

座談会参加メンバーは、引っ越し経験があるという、後列左からカズヤさん(22歳)、マサヒロさん(22歳)、ユウヤさん(22歳)、前列左からミキさん(22歳)、アヤさん(21歳)、アミさん(22歳)の6人。自身の経験から不動産会社や引っ越しについて本音を語ってもらいました。

■イマドキの物件探しって?

――最初に引っ越しをする時は、どうやって物件探しをしましたか?

カズヤさん:「いいなと思う物件をネットで検索はしていましたが、あまり時間がなかったので、調べるのは大体の家賃相場だけにして、後は現地の不動産会社に飛び込んで物件を探しました」

ユウヤさん:「僕はネットをまったく見ませんでした。日程を決めて、この日に不動産会社に行って決めちゃおう、と思っていたので。そうしたら、たまたま住もうと思っていたエリアに高校の友達が引っ越しをしていて、家を決めた不動産会社の評判を聞いたら、良さそうな雰囲気でした。その後すぐに行きその日のうちに全部決めてしまいました」

ミキさん:「私はネットで不動産会社をいくつかピックアップしておいて、一番対応の良かった不動産会社で一気に決めました。問い合わせは10~20件くらいしましたね。最初は提案された物件の良さをみるんですが、最終的には不動産会社の対応の良さが決め手でしたね。印象の良さはかなり重要視しています」

アミさん:「私もまずはネットで検索しました。それで、気になる物件にどんどん問い合わせをしていましたが、最後の方は信頼できるなと思った不動産会社にすべてお任せしました」

■物件探しは不動産会社探し!? 対応の差が気になったという声も

――不動産会社に行く、問い合わせをした時の感想はどうでしたか?

アヤさん:「不動産会社によって、こんなに対応が違うのか! と思いました。私が何か言わなくても、こういうお部屋もあります、と出してくれるところもあれば、全然そういうのが無いところもありました」

ミキさん:「私もそれは思いました! 後はレスポンスの早さ。ネットから問い合わせても定型メールが来るだけで、そこからさらに問い合わせをしないと連絡が取れない不動産会社もあれば、すぐ返信してくれて、電話もワンコールくらいで出てくれて、色々案内してくれるところもある。それ以外だと、後は接客態度。アレもいいよ、コレもいいよと言ってくれるものの、営業っぽさが強すぎる場合があって…… 。そういうのは、ちょっと嫌でしたね。やはり、笑顔で親身になってくれる方がよかったですね」

ユウヤさん:「僕はやっぱり物件の見せ方というか紹介の仕方が上手いなぁ、と思いました。安いところから見せていって、最後に比較的キレイなところに連れて行ってもらいましたが、やっぱりキレイなところがいいなって思うじゃないですか。後は、学生の人が多い場所ですよ、とかその地域に住んでいる人にしかわからない情報を教えてくれたのもよかったですね」

マサヒロさん:「やはり何回も行くのは大変なので、僕も1日で決めるつもりでした。確か1月頃に不動産会社に行った際、入居したい物件を見つけましたが、空きがなくて……。ただ、不動産会社の人が『今住んでいるのは大学4年生だから、恐らく退去すると思いますよ』、と言ってくれて、空いたら連絡をくれるという形にしてくれました」

■住んでから発覚した、物件探しの意外な落とし穴!?

――最初だからこそ、自分の中に基準もなく、何が決め手になるのかわからなかったのかもしれないですね。今思うと、どういうところを確認しておけばよかったですか?

ユウヤさん:「最寄り駅の終電がすごく早かったことですね。ローカルな線だったので。久しぶりに高校の友達と会ってご飯を食べたりしていても、自分だけ早く帰らなきゃいけなくて……。しかも、日曜日は特に早くて、22時過ぎには終電が出てしまうので(笑)。それが2回目の引っ越しの理由のひとつでもあります」

ミキさん:「私は最初、女子寮に入っていましたが、とにかく制限が多くて……。例えば、寮の開門は7時30分なので、泊まりに来ていた友達を、6時とか朝早くに見送りに行って戻ってきたとしても、7時30分まで寮に入れないとか(笑)。閉門も22時30分で、ちょっとキツかったですね」

――女子寮で安心な反面、帰れなくなってしまうのは厳しいですね。

ミキさん:「ほかにも、そこが女子寮であることを知られているからか、変質者も多くて。それが嫌だったのも引っ越した大きな理由です」

アヤさん:「私の部屋もオートロック物件のはずが、23時以降にならないとロックがかからず、夜中だけオートロックみたいな感じで(笑)。近くに交番があるので、安心は安心でしたが、なんだかな、と」

■入りやすい不動産会社、引っ越しの予定がなくても行きたくなる不動産会社?

――不動産会社に行くときに、入りやすいのはどういう不動産会社ですか?

ユウヤさん:「僕が行った不動産会社は入り口に、大学名が書いてあったのが良かったですね。そういうのが書いてあるとわかりやすくて入りやすいです。しかも、不動産会社の人にその大学に通うことを伝えると、もうOK! お待ちして居ました! って感じで話が早かったです」

カズヤさん:「テレビCMをやっているような大手も安心感があります。もしマイナスなことや何かがあったとしても、言いやすい気がします」

アミさん:「外から中の雰囲気がわかるほうが入りやすいですね。開放的な方がいいと思います」

マサヒロさん:「それちょっとわかります! 今回、契約をした不動産会社は雑居ビルの中にあって、評判を事前に聞いていたから入れたけど、何も知らない状態だったら入りにくいと思いました」

ユウヤさん:「僕が行った不動産会社は業務用のLINEアカウントがあり、LINEで『埋まっちゃいました』とか、希望に合ったものを紹介してくれたりといった連絡をくれたりしてくれました。また、書類などもLINEで送ってくれたので便利でしたね」

ミキさん:「うまく説明できませんが、淡々と紹介するだけ、みたいな人は苦手かもしれません。とはいっても、『ちなみに、どちらがお好みですか?』とか、こちらが決めかねているという気持ちを汲み取らずにグイグイときて決めさせようとするのもダメですね(笑)」

ユウヤさん:「あーわかる。契約取りたい! っていうのが見えすぎるとダメだよね(笑)」

――今のところ、不動産会社は“引っ越したい時にだけ”行く場所ですが、洋服や家電をウインドウショッピングするような感覚で引っ越しの予定が無くても不動産会社に足を運ぶようになるには、不動産会社は“どう”変わればいいですか?

カズヤさん:「難しいな……。冷やかしじゃないの? って思われそうで」

ユウヤさん:「自分たちが行く時は引っ越しシーズンだからかもしれないけど、不動産会社の人はいつも忙しいイメージはあります」

カズヤさん:「カフェとかと一緒になっていて、くつろげるような感じになっていたら行くかも。本も読めるし、間取りもどんどん見ることができる、みたいな」

アヤさん:「ネットで間取りを見るのは暇つぶしですることもあるけど……。わざわざ不動産会社に行って紹介してもらうのはしませんね」

マサヒロさん:「いわゆる1対1になってしまうカウンターやテーブルだと契約しなきゃいけないような雰囲気になるので、そういう配置じゃないテーブルとか椅子のほうがいいかもしれないですね。ちょっと見ていたら、声をかけてくるくらいの感じ」

――それこそ、洋服屋さんみたいな感じですね。そのほかにもありますか?

カズヤさん:「後は……賃貸だけじゃなくて、売買のコンサルティングまでフォローしてもらえると興味が出るかも」

ユウヤさん:「これから先、学生じゃなくなってきた時にそういうのがあると助かるかもしれないですね。何も考えずに借りることを考えるけど、よくよく計算したら買う方が安く済むのかもしれないし」

ミキさん:「私は、ちょっと不動産会社の枠を超えてしまうかもしれませんが、お部屋のコーディネートとかそういうところまでやっていたら、契約後にまた行ってみようかな? ってなるかも。何度か引っ越しをすれば、6畳の部屋にどれくらい入るかとかわかってきますが、初めての引越しの時はいまいちピンとこないもの。ベッドはこう配置するといいよ、とかが不動産会社で分かれば引っ越しが終わった後でも相談しに行くと思います」

アミさん:「こういうの憧れるな~っていうものが、ふらっと見られるような場所だったら行くかもしれませんね。気軽なモデルルームがあるといいと思います!」

――気軽に相談できるような不動産会社がどんどん増えるといいですね。本日はありがとうございました!

引っ越しは頻繁にすることではないからこそ、考え込んだり戸惑ったりしてしまうもの。そんな時、自分に合った不動産会社を選ぶためには、日頃から自分がどんなこだわりを持っていて、どんなところに興味があるのかを把握しておくことが大切なのではないでしょうか。

[PR]提供: ハウスコム株式会社

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら