【PR】“運気が上がる”色を部屋に取り入れて豊かな暮らしを~ラッキーカラーをベースにしたフラワーアレンジメントに挑戦!

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

【PR】“運気が上がる”色を部屋に取り入れて豊かな暮らしを~ラッキーカラーをベースにしたフラワーアレンジメントに挑戦! (配信日時 2018.05.30/更新日時 2018.05.30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

「物件探しに関する新しい製品やサービスを生み出す=Living innovation」に挑戦し続ける、ハウスコム社。

前回は女性がより豊かな生活を送るための部屋作りに焦点を当て、星座をもとに、恋愛運や仕事運が上がる色をご紹介しました。今回はその結果をもとに、運気が上がる色を取り入れたフラワーアレンジメントを作っていきます。

運気が上がる色をフラワーアレンジメントで取り入れよう!

前回は、仕事運や恋愛運などの運気が上がる、今年の運気アップカラーを占い師の真木あかりさんに教えていただきました。今回はその結果をもとに、上げたい運気の色を取り入れたフラワーアレンジメントに挑みます。体験するのは、モデルの中村衣里さん(左)、鹿糠葵さん(中央)、さいとう雅子さん(右)の3人。教えていただくのは、世田谷にある「宙花」のオーナーフローリスト、戸部秀介さんです。

運気アップカラーは何色? 恋愛や仕事運がアップするカラーもチェック

自身の占い結果に興味津々な3人。まずは、それぞれ運気が上がる色を確認していきます。

おひつじ座の中村さんのメインカラーはレッド、サブカラーはオレンジ。恋愛アップカラーは落ち着いた色味のピンク、仕事運アップカラーはワインレッドです。「“ここが正念場”とのことで、占いに励まされた気分です。元々白やピンクが好きで、今日来て来た服はまさに恋愛アップカラー。ラッキーなことがあるかもしれませんね。でも、今は仕事を頑張りたいので、新しい色で新しい自分になります!」と宣言。

次に、さそり座の鹿糠さんのメインカラーはベージュピンク、サブカラーはレッド。恋愛運アップカラーはブルー、仕事運アップカラーはホワイトです。「12年に一度の幸運期とは知りませんでした。貪欲に、この機を逃さずものにしたいです。“幸運というより忙しい”という感覚はまさにその通り。普段はマカロンカラーに惹かれることが多いのですが、恋愛運アップカラーはブルー。いつもと違う色遣いのフラワーアレンジメントになりそうです」とこれから始まるフラワーアレンジメントにワクワクしている様子。

そして、やぎ座のさいとうさんのメインカラーは群青色、サブカラーはパープル。恋愛運アップカラーは水色、仕事運アップカラーはグリーンです。「好きな色は赤やオレンジといった暖色系なのですが、ラッキーカラーは寒色系ばかりですね。どの色も普段はあまり選びませんが、仕事運も恋愛運も向上させたいので、これらの色を積極的に取り入れたいです。これからどんなフラワーアレンジメントが完成するのか、とても楽しみです」と笑顔で語った。

色とりどりの花から、運気が上がる色の花をチョイス

まずは戸部さんが、お手本を見せてくれました。バイカウツギやバラ、戸部さんが大好きだというトルコキキョウ、女性陣が「かわいい!」と声を揃えていたレースフラワー、デルフィニウムをサッと組み合わせます。「夏の花でまとめてみました。4種類程度の花とグリーンを合わせるのがポイント」と戸部さん。次は、3人が思い思いの花を選びます。

中村さんが選んだのは、メインにスカビオサを2色。オレンジのスプレーバラと、レースフラワー、グリーンベル、バイカウツギ。「仕事運アップカラーのワインレッドを入れつつ、それだけだと主張が強すぎるので淡い色をプラスしました。今日の服に合わせたいという想いもあります。バイカウツギは蕾が多いものを選び、できるだけ長い間、花が咲くのを楽しみたいと思いました」

鹿糠さんが選んだのは、メインカラーであるベージュピンクのトルコキキョウ、サブカラーの赤いバラ、恋愛運アップカラーである青のデルフィニウム、仕事運アップカラー、ホワイトのスプレーバラと占い結果を全て網羅しつつ、ドラセナも添えて。「普段は2つのことを一度にできないタイプなのですが、貪欲になろうと思って(笑)。いろいろな色を取り入れました。感情を豊かに、様々なことにチャレンジしたいですね」

さいとうさんは、メインカラーである群青色のアジサイをベースにチョイス。パープルのクレマチスや水色のブルースター、デルフィニウム、白のスプレーバラも加えました。「“冷静な思考力を養ってくれる”という群青色を中心として、恋愛運アップカラーの水色や、仕事運アップカラーのグリーンもプラス。大人の第一歩として落ち着いた色を意識して選んでみました」

いよいよ実践! アドバイスをもとにフラワーアレンジメントに挑戦

ここで、待ちに待ったフラワーアレンジメントに入ります。まずは戸部さんから、3人それぞれの選んだ花や花瓶に合わせてアドバイスをしてもらいます。

中村さんは、花瓶に直接花を入れてアレンジする「投げ入れ」という方法に挑戦。茎がしっかりとしているバラから入れ、茎が動いてしまうのを防ぐためにゼラニウムを目立たないように入れていきます。花瓶の中で、茎を絡まり合うようにすると良いとのこと。高さは花瓶の倍くらいの高さに調整するときれいに仕上がるそうです。

鹿糠さんは、「オアシス」と呼ばれるスポンジに茎を挿していくスタイル。トルコキキョウを中心として、丸みを帯びるように意識しながら仕上げます。葉を等間隔に挿してあらかじめ輪郭を作っておくと、バランスよく挿しやすいとのこと。花屋で働き始めると初めに習う、基本的な技なのだそう。

高校時代に生け花を習ったことがあるというさいとうさんも、オアシスを使います。アジサイやブルースターは、切ると茎から白い液が出て手がかぶれてしまう恐れがあるため、切る度に水につけてから挿します。アジサイを短めに切って中心に据え、それに沿わすように他の花を挿していきます。

試行錯誤の末、完成! それぞれの作品を評価!?

しばし時間をとって、フラワーアレンジメントに着手。「思うような形にならない。どうしよう!」「センスがなくて難しい!」といった声が漏れ、試行錯誤する様子が窺えましたが、20分少々で無事に完成! 最後は戸部さんにチェックしてもらいましょう。

まずは中村さん。「初心者には難しい投げ入れで大変だったと思いますが、スカビオサの量がほどよく、きれいにまとまりましたね」とのこと。中村さんは「難しかったですが、すごく楽しかったです。正面ばかり気にして作業に没頭する中、戸部さんから『もう少し後ろを膨らませて』とアドバイスをいただき、全体を俯瞰して見ることが大切だなと思いました。今度は友達と一緒に、また挑戦したいですね」と笑顔で語ってくれました。

続いて、鹿糠さん。「後ろに札を付ければ、このまま楽屋に贈る花として使えそう。はじめてとは思えない、良い出来だと思います」とお褒めの言葉が。鹿糠さんは「高さをだしながらバランスを取るのは難しかったです。『楽屋に贈る花』のようにかっちりとした仕上がりは、私の性格の表れかもしれません。次はもっとのびのびとした作品にできたらいいなと思います」と、やや謙遜しながら話してくれました。

戸部さんが「一番好き!」と最高の賛辞を送ったのが、さいとうさん。「全員上手にできましたが、個人的に、自分が今まで多数手がけてきた作品に似ていることもあって気に入りました」とのこと。さいとうさんは、「今回の体験を楽しみながら『もっとこうしたい』という欲も出てきました。お花が嫌いな人はいないと思いますし、見ると元気が出ます。今回の経験を活かして、今後はあげる人のラッキーカラーを組み合わせた花を、誰かにプレゼントしたいです!」と話してくれました。

作っていただいたフラワーアレンジメントを、早速お部屋に飾ってくれた3人。その感想を伺いました。

中村さんは「もともと物も少なくシンプルな部屋ですが、お花を飾ったことで部屋全体が明るくなりました! 朝起きた時、夜眠る時、お花を見るとパワーがもらえる気がします!! 仕事運アップのカラーで作ったので、今後が楽しみです!」

鹿糠さんは「普段あまり植物を部屋に飾ることはありませんが、色とりどりの鮮やかな花を飾ると心も明るくなりますね。また、自分で手を加えた物だからこそ愛着が湧きますし、朝起きてアレンジメントが目に入ると、清々しい気持ちになります! ラッキーカラーということもあり、運気が上昇しているような気がして『よし。今日も頑張ろう!』と活力にも繋がっています!」

さいとうさんは「お部屋の印象がパッと明るく華やかになりました。気分的にもとても良く、毎日見るのが楽しみです。自分のラッキーカラーである郡青色や白、水色、グリーンといった落ち着きのある色のお花をチョイスして生けたので、気持ち的にも穏やかに生活できる気がしていて、とても気に入っています。お花を飾るだけで、いつもより快適になりました! とても嬉しいです」

毎日が慌ただしく過ぎ去ってしまい、家にいるのに落ち着かない時もあるはず。そんな時は、お花を飾るだけで、お部屋の印象が変わったり、穏やかな気持ちで過ごせたりして、日々の暮らしに潤いやちょっとした幸せを運んでくれるかも。花のある暮らしを、是非楽しんでみてください。

取材協力:「宙花」東京都世田谷区中町5-17-5-1F

⇒お店の情報はコチラ

戸部秀介さん

前職は電気工事士という、異色の経歴の持ち主。趣味で育て始めた花の魅力に惹かれ、転身を決意。大手フラワーショップで店頭販売を、パリのフラワーアーティストが手掛けるフラワーブティックでは装花装飾を学んだ。2016年7月、世田谷区に「宙花」をオープン。現在は、生花やドライフラワー、プリザーブドフラワーなどを販売する他、「花のある暮らしを楽しんでもらいたい」という想いから随時開催しているワークショップも好評。遠方から訪れるファンも多い。

(マイナビ賃貸広告企画:提供【ハウスコム株式会社】)

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

あわせて読みたい関連記事

マイナビ賃貸で物件を探す

限定キャンペーン

引越し見積もりでQUOカード1,500円プレゼント!
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら