シェアハウスの掃除や管理ってどうしてるの? 暮らしのルールを知りたい!

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

シェアハウスの掃除や管理ってどうしてるの? 暮らしのルールを知りたい! (配信日時 2018.07.10/更新日時 2018.07.10)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

シェアハウスに興味はあるけれど、他人と一緒に暮らすってどんな感じなのか、たとえば掃除は誰がするのか、トイレットペーパーやシャンプーは誰が買うのかなど、なかなか住んでみないとわからないことは多いですよね。


シェアハウスに住んでみたい人が知りたい生活の実態を、All About「ルームシェア・シェアハウス」ガイドで、シェアハウスについての著書を出版されている阿部珠恵さんに伺いました。

――シェアハウスではリビングやトイレ、お風呂などの共有スペースの掃除や、電球が切れた場合などの管理は、どうするのが一般的なのでしょう?

「そもそも、シェアハウスには大きく二つの種類があります。ひとつは、一軒家や3LDKなどのマンションを借り切って、知り合い同士でシェアハウスをするタイプ。自分たちでルールや家賃の配分などを決めていくので、『DIY型』と呼んでいます。

もうひとつは、事業会社が運営しているシェアハウスの1部屋に入居するタイプ。ルールや部屋ごとの家賃は会社が決めるため、『事業体介在型』と呼んでいます。

DIY型の場合、掃除やお部屋の整頓、管理なども、全部自分たちでルールを決めます。掃除は当番制というところもあれば、気になった人が都度やっているというパターンも。事業体介在型の場合、キッチンやリビング、お風呂などの共有部の掃除・管理は事業会社側で行うことが多いです。電球が切れた場合も、管理担当に電話して、換えてもらうという感じですね」

――トイレットペーパーやシャンプー、洗剤や調味料のような消耗品は、どんなものが備品・共用のものとして用意されているのが一般的なのでしょうか?

「正直なところ、シェアハウスのサイズやタイプによります。寮のように、数十人が住むようなタイプの事業体介在型シェアハウスの場合、トイレットペーパー以外の消耗品は個人で用意するケースが多いですね。キッチンにも個人のラックが用意されており、そこに個人で購入した調味料や乾物をしまう場合が多いです。DIY型の場合は、そのシェアハウスのメンバー間でどんなルール作りをするかによって違います。たとえば私の住んでいるシェアハウスは10人くらいで住んでいますが、だいたいの消耗品は共有しています。ただ、シャンプーにこだわりがあるなどの場合は個別に買うでしょうし、料理をするメンバーがごく一部しかいない場合は、調味料も各自で買ったほうがいいでしょう。メンバーによって、このあたりに差はあります」

――消耗品の補充は、いつ誰がするものですか? その購入費は誰がどうやって負担するのでしょう。

「事業体介在型の場合、運営会社が定期的に補充します。家賃のほかに共益費が定額設定されていることが多く、そこから費用が出ます。

DIY型の場合は、シェアハウスによりますが、多くの場合は消耗品購入代、共益費として全員から集金しておき、足りなくなったタイミングで気付いた人が買うという感じです。買うタイミングは、家族で消耗品を補充するというイメージに近く、特に決まったタイミングがあるわけではありません。実家でトイレットペーパーがなくなったときに『ちょっと買ってきてー!』っていう感覚に近いですね。

調味料などをどこまで共益費から買うかも、シェアハウスによって違いますね。我が家は醤油からお米まで共益費で買っていますが、お米は各自買うというシェアハウスもあります」

――消耗品以外にも、Wi-Fiなど費用のかかる設備が共用としてある場合の、費用負担のしかたを教えてください。

「事業体介在型の場合は、家賃のほかに設定された共益費からWi-Fi代や光熱費も支払われます。DIY型の場合も基本的には同じで、メンバーでwi-fiや光熱費の支払いに必要な費用を共益費として出し合って、そこから負担しています。DIY型の場合は、リビングの設備なども自分たちでお金を出し合って充実させていくことが少なくありません。メンバー間で合意が取れれば、費用を出し合って買うこともありますよ」

なるほど、DIY型のほうがメンバーによるぶん、自由度が高いとも言えそうです。自分の暮らしの感覚に近そうなルールのシェアハウスを見極めて探せたらよいですね。

《取材協力》
阿部 珠恵
All About「ルームシェア・シェアハウス」ガイド。20軒以上のシェアハウスを取材し、自らもシェアハウスに7年以上暮らす。著書に「シェアハウス わたしたちが他人と住む理由」(辰巳出版)、連載に「結婚してもシェアハウス!」(幻冬舎plus)。

https://allabout.co.jp/gm/gp/1293/
著書/https://www.amazon.co.jp/dp/4777810542
連載/http://www.gentosha.jp/category/kekkonshitemosharehouse

シェアハウスに興味があるかたはこちらから→

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら