相場は? タイミングは? 引っ越し挨拶の品物とポイントを徹底解説
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

相場は? タイミングは? 引っ越し挨拶の品物とポイントを徹底解説

(配信日時 2018.08.23/更新日時 2018.12.06)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

引っ越しをしたときはこれからお世話になるご近所の方に、粗品を持ってひとこと挨拶に行こうかなと思う人も多いのではないでしょうか。
とはいえどのような品物をいつ渡せばよいのか、いざとなると考えてしまいそうです。

品物を選ぶ基準や挨拶に行く際のポイントなど、ひとつひとつ確認してみましょう。

品物選びのポイント

せっかくお渡しするものなので、気持ちよく受け取ってもらえるよう、外せないポイントについていくつかピックアップしました。

個性が強くないものを選ぶ

品物選びでよくあるのが、自分好みに走ってしまうということ。また、凝ったものを選んでしまう場合がありますが、自分がいいと思っても、相手にとっては少し困ってしまうものだったりすることもあります。

相手の好みはわかりませんし、あたりさわりのない品物のほうが、引っ越しの挨拶品としては無難でしょう。

邪魔にならない消耗品など

贈り物といえば、インテリアの一部になるような装飾品を思い浮かべる方もいるでしょう。相手の好みに合えばいいのですが、趣味ではない形に残るものをもらったら、邪魔になるばかりか処分に困ってしまうこともあります。

そのため挨拶の品物は、日々の暮らしの中で使えてなくなる消耗品がおすすめです。どの家庭でも使用する日用品で、誰もが知っている、安心して使える物がよいでしょう。

高価なものは避ける

今後生活をする上で親しくなっていくだろうとはいえ、挨拶に伺う段階では初対面ということが多いでしょう。「せっかく挨拶に行くのだから、どうせならちょっと奮発したものを……」と考えがちですが、もらった方の立場になってみるとどうでしょうか。

高価なものは相手に気を遣わせてしまうことがありますから、引っ越しの挨拶向きではありません。気兼ねなく、気軽に使ってもらえる品物を選ぶようにしましょう。

保存方法や賞味期限に注意

挨拶の品物が食品の場合は、保存方法や賞味期限に注意する必要があります。「思ったよりも期限が短く、気づいたときにはもう食べられなくなっていた……」という残念なことにならないためにも、できるだけ傷みやすいものは避け、期限の長い品物を選ぶようにしましょう。

具体的にはどんな品物がいいのか

では実際に、どのような品物が引っ越しの挨拶に向いているのでしょうか。おすすめの品物をいくつかご紹介します。

タオル類

定番ともいえますが、おすすめはタオル類です。ハンドタオルやフェイスタオル、スポーツタオルやバスタオルなど種類も豊富ですし、ミニハンカチがついたギフト用の詰合せセットなども多く販売されています。

お子さまがいる家庭ではタオルはいくらあっても困らないでしょうし、さまざまな用途に使っていただける品物です。

トイレットペーパーやティッシュペーパー

生活消耗品であるトイレットペーパーやティッシュペーパーも、挨拶の品物として喜ばれるようです。これらはなくなるスピードが早く、「ついうっかりストックを切らせてしまった」ということも多いもの。高級タイプのものを選ぶようにすれば、引っ越し挨拶の品としてよいのではないでしょうか。

食器用洗剤やハンドソープ

食器用洗剤やハンドソープも、毎日使う消耗品なのでおすすめです。誰もが知っているような商品であれば、もらって迷惑だとは感じることは少ないのではないでしょうか。

一方洗濯洗剤は、仕上がりや香りなど好みが分かれるところです。また、アレルギーなどの問題もあって、特定の洗剤しか使わないという方もいるようです。洗濯洗剤は贈り物として避けたほうが無難かもしれません。

クッキーなどの焼き菓子

クッキーなどの焼き菓子も引っ越しの挨拶には定番で、お子さまがいるファミリーなどに人気です。焼き菓子は種類やサイズも豊富ですし、ギフト用にかわいらしいラッピングがほどこされた商品も多いです。

そうめんやうどんなどの乾麺

食品だとそうめんやうどんなどの乾麺も人気です。長期保存できるのですぐに使わなくてもいいですし、いざというときの常備品として、普段からストックしているご家庭も多いのではないでしょうか。

また長期保存できる食品といえば「お米」!引っ越しの挨拶ギフト用のお米も売られているので、近年需要が高まっているのかもしれませんね。

挨拶で渡す品物の相場はどのくらいなのか

引っ越しの挨拶で渡す品物、「いったいどのくらいの価格が妥当なの?」と悩んでしまいませんか?一般的には500円~1,000円が相場とされていますが、渡す相手が管理人などの場合は、1,000円~2,000円くらいが妥当なようです。

もらった方が気を遣わない価格帯で抑えるのがマナーといえるでしょう。

品物はどこで買えばよい?

極端な話、品物は近所のコンビニでも購入することができます。しかし、挨拶の品として渡すためにはいくつか注意点もあり、どこで買ってもいいというわけではありません。

ギフト対応可能な大型スーパーマーケット

引っ越しの挨拶なので、商品に「ご挨拶」と書いた熨斗(のし)をつけてもらわなければなりません。大型スーパーの中にはそのようなサービスに対応しているところがあります。小さいスーパーやコンビニだとサービスがない場合がありますから注意してください。

大型スーパーの中にはギフト用品を扱うコーナーが別に設置されていることもありますが、引っ越しの挨拶品としては若干価格が高めに感じられることがあるかもしれません。その場合は、通常の売り場で商品を購入後、サービスカウンター等で包装と熨斗をお願いするのがよいでしょう。

ネット通販

ネット通販でも数多く取り扱っています。種類や価格帯など、選択の幅も広がりますから、探すのも楽しくなるかもしれませんね。
デパートのオンラインショップなど、熨斗のサービスを提供しているところもありますので、調べてみてください。

実際に挨拶に行くときのポイント

いよいよ品物を持って挨拶に行こうというとき、ここでも注意すべき点がいくつかあります。初対面は、第一印象がとても大切。失礼な入居者だと思われないよう、ポイントを抑えておきましょう。

挨拶に行く日にち

引っ越し当日は人の出入りが激しく、ご近所さまも「新しい人が来たのかな?」と気になっているはず。そのため挨拶はできるだけ引っ越し当日に済ませるのがおすすめですが、準備に時間がかかってしまい夜遅くなってしまいそうなときは、翌日でも大丈夫です。ただし、できるだけ引っ越してから4~5日以内には済ませるようにしましょう。

また、引っ越し前にご近所さまと顔を合わせたら、引っ越ししてくることをお知らせし、あらためて挨拶に伺う旨を伝えると相手も安心します。

おすすめの時間帯

早朝や昼食時を避けた日中が理想的ですが、共働き世帯などは夕方のほうが在宅の確率が高いので臨機応変に対応しましょう。夕方に伺う場合は食事の準備や片づけなど忙しい時間帯なので、「夜分に失礼いたします」といったひとことを添え、手短に済ませるようにしましょう。

反対に、避けたほうがよい時間帯は午後8時以降。入浴や就寝準備にとりかかる家も多いので、避けるのが無難です。

挨拶に行くのは何軒くらい?

一軒家の場合は向かいの3軒と両隣、いわゆる「向こう3軒両隣」に挨拶に行くといいと一般的に言われています。裏側にも家が建ち並んでいる場合は、裏の3軒も同様に挨拶に行くといいでしょう。また、隣近所に挨拶に行ったときなど、自治会長のお宅を聞いておくのもひとつです。町内のまとめ役となるので、ひとこと挨拶しておいてもいいかもしれません。

一方、マンションなど集合住宅の場合は、「上下と両隣」へ挨拶に行くといいと言われています。戸数が少ない場合は、もっと範囲を広げてもいいかもしれません。マンションなど管理人が駐在している場合は、こちらも忘れずに挨拶をしておきましょう。

留守だった場合の対処法

何度訪ねても留守だった場合は、手紙を添えて、挨拶の品を郵便受けに入れるかドアノブにかけておいてもよいでしょう。ただし、品物が食品の場合は衛生的な面から郵便受けやドアノブは避け、直接渡した方がいいですね。留守がちなお宅への挨拶品は食品以外のものを考えた方がいいかもしれません。

引っ越しの挨拶の仕方

挨拶に行くときは、身だしなみを整えましょう。引っ越し当日はジャージなど動きやすい服装でいることが多いと思いますが、第一印象は大切なので、少しこぎれいな服装に着替えましょう。

挨拶はできれば入居者全員で行くのが理想的です。
しかし、全員が揃わないこともありますし、また人数が多い家族などでは全員で行くと迷惑になってしまいます。夫婦や代表者だけで行くときは、挨拶できなかった人や家族構成を簡単に紹介し、引っ越し当日の騒音のお詫びをします。そして、これからお世話になる旨の挨拶をして、持参した品物を渡すとよいでしょう。

おわりに

引っ越しの挨拶で渡す品物は、「無難なもの」が一番のようです。形として残らず、使用頻度が高い消耗品が人気なので、ポイントさえ抑えておけばそれほど難しくはありません。

新しい土地での生活は、最初が肝心です。失礼のないようにマナーを守って引っ越しの挨拶に行くようにしましょう。ただし、最近では一人暮らし住宅などでは慣習的にあまり挨拶をしない物件などもあるようです。心配な場合は不動産会社の方や管理会社の方に聞いてみるのもおすすめです。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら