心も身体も元気になれる、香りのある暮らしの始め方

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

心も身体も元気になれる、香りのある暮らしの始め方 (配信日時 2018.08.26/更新日時 2018.08.26)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

なんとなく気分が上がらないとき、身体や心が疲れているとき、お気に入りの香りをかぐと、ふっと気力が湧いてくることがあります。お気に入りの香りに包まれて暮らせたら、きっと毎日はもっと素敵なものになるはず。そこで今回は、おすすめのルームフレグランスとその使い方を紹介します。


■アロマオイルにお香など……ルームフレグランスにはどんなものがある?

部屋の中を香らせるためのルームフレグランスには、アロマオイルやお香、ファブリックミストなど、たくさんの種類があります。「自分の部屋にはどれが合うの?」と迷ってしまうことも。それぞれルームフレグランスには、どんな特徴があって、どんなふうに使うといいのかをまとめてみました。

○アロマオイル
アロマオイルは植物に由来する香料を元にした香りのあるオイルのこと。また、100%植物に由来する成分だけを使っているものは、エッセンシャルオイル(精油)と呼ばれます。

アロマオイルの楽しみ方は様々ありますが、部屋全体を香らせる場合はディフューザーという香りを拡散させる道具を使うのがおすすめです。中には加湿器として使えるものも。昔からあるアロマポットやアロマランプと違い、火や熱を使わないので、安全性も高いです。

より手軽に使えるのがリードディフューザー。アロマオイルを入れた瓶に竹などでできたリードと呼ばれる細いスティックを差すことで、オイルを吸い上げて、周囲に香りを拡散します。置いておくだけで常に香りが広がります。

また、テーブルの周りだけ、ベッド周りだけといった省スペースで香らせたいなら、アロマストーンがおすすめ。素焼きの石にアロマオイルを垂らすことで、その周辺のみを香らせます。自分の周囲だけ香らせることができます。

○お香
お香には円錐型のコーンと細い棒状のスティックの二種類があります。コーンは短時間で一気に香りが広がります。燃え尽きるまでの時間は短いですが、火がついている間は煙が多め。来客前などに炊いておき、到着したときにその残り香を楽しんでもらうといった使い方がおすすめです。

また、スティックは太さが同じなので、均一に燃えていき、ゆっくりと香りが広がります。煙も控えめなので、部屋でくつろぐときなどに使えます。

○ルームスプレー
スプレータイプのルームフレグランスには、アロマオイルを使った手作りのものから、布用除菌消臭スプレーやファブリックミストと呼ばれる市販品まで様々あります。部屋全体をしっかり長く香らせるというよりも、リフレッシュや空気清浄の意味で短時間香らせるものが多いです。また、除菌消臭効果があるものは衣服やカーテン、ソファなどの洗いにくいファブリックのお手入れに使うことも。

シュッと軽くスプレーするだけで、さっと香りが広がるので、急な来客や気分転換をしたいときにおすすめです。

■香り上手になるためのルームフレグランスの注意点

香りのある暮らしは素敵ですが、周囲への配慮を忘れてはいけません。最近では「スメハラ」「香害」といった言葉も聞かれるようになりましたが、強い香りによって不快感や体調不良を引き起こす人もいます。

人はにおいに慣れやすく、その場に長く居続けると強いにおいにもだんだんと嗅覚が働かなくなると言われています。自分ではほのかに香っている程度だと思っていても、実は強烈なにおいになってしまっていることもあります。「自分の部屋でやっているだからいいでしょ」と思うかもしれませんが、集合住宅であれば、窓や玄関を開けたり、換気扇を通じたりして、香りが共用部や隣室まで届いてしまうこともあるので、くれぐれも気をつけて。

また、煙の出るお香は、部屋の壁や天井を汚す可能性があります。使用する頻度や長さにもよりますが、一日に何度も同じ場所で使っていると、その煙の当たる部分が変色したり、劣化することもあるので、注意してください。気になるときは、食器用洗剤を水で薄めてたもので拭き掃除をしましょう。

—————————-
暮らしスタイリスト・一人暮らしアドバイザー:河野真希
ウェブや雑誌など各種メディアで、料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを目指すライフスタイルを提案。著書に『ひとり暮らしの季節ごよみ』(祥伝社)、監修本に『家事のお手本-大人のたしなみ賢いくらし』(泉書房)『頑張らなくても素敵に暮らせる「夜だけ家事」で快適シンプル生活』(双葉社)などがある。
河野真希オフィシャルサイト

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら