今さら聞けない!?マンションとアパートの違いを解説
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

今さら聞けない!?マンションとアパートの違いを解説

(配信日時 2018.10.17/更新日時 2018.10.17)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

「次に引っ越すならマンションがいいな!」「いや、家賃が高いしアパートがいいんじゃない?」「マンション」や「アパート」について、なんとなくイメージするものはあるかと思います。

しかし「マンションとアパートって具体的に何が違うの?」と聞かれたら、意外と正確には答えられない方も多いのではないでしょうか。

今回はマンションとアパートの違いやそれぞれの特徴、メリットとデメリットについて解説します。

マンションとアパートの違いって?

実は、建築基準法、宅地建物取引業法にマンションとアパートの定義や差異については明記されておらず、法律的には明確な違いはありません。

平成12年に施行された『マンションの管理の適正化の推進に関する法律』によって、「マンション」が定義づけられました。

『マンションの管理の適正化の推進に関する法律』第二条第一号

“イ「二以上の区分所有者が存する建物で人の居住の用に供する専有部分のあるもの並びにその敷地及び附属施設」
ロ「一団地内の土地又は附属施設(これらに関する権利を含む。)が当該団地内にあるイに掲げる建物を含む数棟の建物の所有者(専有部分のある建物にあっては、区分所有者)の共有に属する場合における当該土地及び附属施設設」“
引用:国土交通省 マンションとは

簡潔にいうと、「2つ以上に区分けされ、それぞれに所有者がいる居住用の建物、敷地、共有施設」がマンションということです。

「アパートも同じでは?」と思いますよね。確かに、マンションもアパートも、同じ集合住宅であり、名称は建物の所有者が自由につけることができます。

同じ集合住宅であっても、多くの不動産会社では建物の構造によって「マンション」と「アパート」を区別しているようです。区別の基準の一例としてマンションは、鉄骨鉄筋コンクリート造、または鉄筋コンクリート造で建てられた共同住宅というものがあります。

そんなマンションはどんな人におすすめ? メリット・デメリットは何?

マンションを鉄骨鉄筋コンクリート造、または鉄筋コンクリート造で建てられているものとすると、木造に比べて防音性が高く、高層住宅が多いのが特徴です。

そのため以下のような物件を探している方におすすめです。
・高層で景色のよい部屋を探している
・防音や、高気密な部屋を探している

もちろんデメリットもあります。
・高層住宅では停電になると断水の可能性がある
・高層階に居住している場合、エレベーターが故障すると、上り下りが大変

一方アパートは、木造、軽量鉄骨造(プレハブ造)で建てられた主に2階建てまでの共同住宅を指すことが多いようです。これらの工法は、高層の建物を建てるには強度的に向いていないとされています。そのため「2階建てくらいの小さめな建物がアパート」という、多くの方が抱くイメージにつながっていると思われます。

しかしながら、「マンション」と比べて、実は「アパート」のほうが、語源である英語の表現に近い意味があります。アパートは「集合住宅」を意味する「アパートメント(apartment)」という英語をもとに作られた和製英語です。一方「マンション(mansion)」の意味は、「豪邸」。
今でこそ「アパート=木造やプレハブ造」とイメージされがちですが、過去の歴史の中では、例えば大正時代、関東大震災後に作られた「同潤会アパート」は、鉄筋コンクリート造で、当時憧れの先進的な住宅でした。

そんなアパートはどんな人におすすめ?メリット・デメリットは何?

主に、木造、またはプレハブ造で建てられるものをアパートとすると、アパートは工期が短く、狭い土地でも作りやすい造り方なので、建築費用は比較的安価になります。

そのため、以下のような物件を探している方にはオススメです。
・予算はできるだけ抑えたい
・高層の建物には住みたくない

建築費用が安く、かつ低層建築だからこそのデメリットは
・鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートに比べ強度が低い物件が多い

それぞれにメリット・デメリットがありますので、好みに合った物件を選ぶことが快適に過ごせるポイントです。

おわりに

マンションとアパートには法令的に明確な違いはありません。しかし不動産業界や一般的なイメージとしては、マンションは鉄骨鉄筋コンクリート造、または鉄筋コンクリート造で建てられた共同住宅、アパートは木造、軽量鉄骨造(プレハブ造)で建てられた、主に2階建てまでの共同住宅とされることが多いようです。

ところが、建築技術は進化しており、これまでになかった木造高層ビルの建築が日本を含む世界の企業で計画されています。そのため、30年後には不動産業界の分類が変わっているかもしれません。

マンション、アパート双方にメリット、デメリットがあるので、物件を選ぶ際にはしっかりと理解することが重要です。

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら