IHクッキングヒーターのメリット・デメリットを解説!

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

IHクッキングヒーターのメリット・デメリットを解説! (配信日時 2018.10.23/更新日時 2018.10.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

IHクッキングヒーターを使ったことはありますか?「使っているところは見たことがあるけれど、自分で使ったことはない」なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

IHクッキングヒーターを使ったことがない上に、どんなものかもよくわからないという状態では、賃貸物件でガスコンロとIHクッキングヒーターが選べる時、どちらのキッチンにしたらよいのか迷うかもしれません。

今回は、そんなIHクッキングヒーター未経験の方にもわかる、IHクッキングヒーターの基礎知識から、メリット・デメリットまでを紹介します。

IHクッキングヒーターとは?

ガスコンロとIHクッキングヒーターの違いはガスを使うか、電気を使うかということです。

IHクッキングヒーターはここ数年のものかと思いきや、アメリカの企業がIH調理器を世界ではじめて商品化したのが1970年と、IHクッキングヒーターの歴史は意外と長いのです。そして、アメリカに遅れるこ4年の1974年にはじめて日本でも商品化されました。

「IH」とは、Inducting Heating(インダクション・ヒーティング)の頭文字で、日本語では「誘導加熱」を意味する言葉です。交番磁界というものを利用し、鍋やフライパン自体を熱くする仕組みを利用して食材を加熱します。

現在ではキッチンで使用するビルトインタイプ(システムキッチンに作り付け)や据え置きタイプ(取り外し・移動可能)のIHクッキングヒーターだけではなく、卓上用の小型のものなども販売されています。また、「IH」の文字にちなんで、11月1日を『IHクッキングヒーターの日』にするなど、日本のキッチンに馴染みあるものとなってきています。

IHのメリットは?

ガスコンロと比較したとき、IHクッキングヒーターのメリットはどんなところなのでしょうか。

火力調整が簡単
ガスコンロ使用時に、「一番小さな弱火にしていたら、立ち消えてしまった」「再び点火すると一度強火になってしまう」といった経験をしたことはないでしょうか。その点、IHクッキングヒーターは、ボタン操作だけで火加減のコントロールが可能です。トロ火から強火まで、一定の温度コントロールができるうえ、鍋底全体が熱くなるため加熱ムラが少ないのも、火加減の失敗が少なくなるポイントです。

省エネにつながる
火力の調節が簡単なだけではなく、IHクッキングヒーターは省エネ調理器具とも言えます。ガスコンロは火のエネルギーをすべて調理器具に伝えることは難しく、火力の調節をしなければよけいなエネルギーを空気中に放出してしまいます。しかし、IHクッキングヒーターは、鍋と調理部が接している部分にのみエネルギーを使用するため、熱効率がよく必要最小限のエネルギーで調理することができるのです。

掃除も簡単
ガスコンロには五徳に凹凸部分があり、取り外して掃除をする必要がありますが、IHクッキングヒーターはすべてほぼ平面なのでさっと拭くだけで掃除がおわります。さらに、熱をもつのは鍋と直接接する部分だけなので、調理後比較的すぐに清掃することができます。

夏場の調理も快適
火を使えば当然室内の温度があがり、キッチンが暑くなることもありますが、IHクッキングヒーターは接する部分に熱を与えるので、室内が熱くなることも少ないのです。

安全に調理できる
直火を使わないため調理中に火が衣服に燃え移ったり、オイルスプレーや油カスなどに引火したりするリスクも低いのです。

手軽に鍋の移動ができる
IHクッキングヒーターは、先ほど述べたように調理部がほぼ平面。お年寄りや体の不自由な方など、コンロへの鍋の乗せ降ろしに不便を感じる方でも、少ない負担で移動できるIHクッキングヒーターなら安全性が高く、楽に調理ができます。

IHを導入する前に確かめたいこと

メリットが多数あるIHクッキングヒーターですが、もちろんデメリットに感じることもあります。

使えない調理器具がある
IHクッキングヒーターの仕組みは、調理器の底に電流を通すことで調理器自体を加熱させるというものです。そのため、電流を通さない素材の調理器具は使用することができません。たとえば、土鍋、銅やアルミ製、耐熱ガラス等の多くはIHクッキングヒーターで使用することはできません。また、底に凹凸ができてしまったものや、直径12センチ未満の小さい鍋等も、センサーがうまく作動しないといったことがあるようです。使用する調理器具は財団法人製品安全協会のマークのついた、IH対応のものを選ぶと安心でしょう。

一部の調理方法ができなくなる
IHクッキングヒーターでは火を使用しないため、火そのものを使う調理はできません。たとえば、炙ったり、お酒を使って引火させてアルコール分を飛ばすフランべなどは、ほとんどのIHクッキングヒーターでおこなえません。また、最新のIHクッキングヒーターではセンサーが向上して対応可能なものも出てきましたが、古い機種ではフライ返しを使用するだけで、センサーが感知せず電源が落ちてしまうものもあるようです。

電気代が高くつくことがある
調理方法に制限があるだけではなく、電気代にも影響する場合があります。国内で現在販売されている日本製IHクッキングヒーターの定格消費電力は最大5800W。ドライヤーの強の多くが1200Wですから、いかに大きな電力を使うかがわかります。最大火力設定を使い続けるような調理方法を続けたり、オール電化などの電気を多く使用する家庭向けプランに加入していなかったりすると、電気代が高くつくことがあります。

火災は起きないと油断してしまう
IHクッキングヒーターには調理部分の汚れを防止するマットも販売されています。そのマットを使用して火災が起こってしまった、という事例があるのです。他にも使い方を間違えたり、使用する調理器具が適切でないと発火の可能性があります。「IHは火を使わないから火事は起こらない」などと油断しないように注意しましょう。

おわりに

IHクッキングヒーターはできるだけ簡単に家事をこなしたい人にもおすすめの調理器具。もちろん、メリット・デメリットはありますが、マイナビ賃貸でもこだわり条件に「ガスコンロ」「IHコンロ」などの選択肢をご用意しています。ぜひあなたの理想のキッチンを、マイナビ賃貸で探してみてください!

※画像はイメージです。
※情報は掲載時のものです。

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら