UR賃貸住宅とはどんな物件?メリットとデメリットを解説
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

UR賃貸住宅とはどんな物件?メリットとデメリットを解説

(配信日時 2018.10.24/更新日時 2019.02.01)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed


物件探しをしていると「UR」、「UR賃貸」という言葉を見聞きすることがあります。UR賃貸住宅は初期費用を抑えることができるだけでなく、築年数が古くても内装がリノベーションされている物件やDIYが可能な物件などがあり、民間の物件に比べ魅力を感じる人も多いと思われます。

そこでこの記事では、UR賃貸住宅の詳細と、メリット、デメリットについて解説します。

UR賃貸住宅とはどんな物件?


URとは、独立行政法人都市再生機構(Urban Renaissance Agency)の略称で、一般的にはUR都市機構と呼ばれます。

もともとは1955年に、高度成長期に必要になった大都市での住宅供給を目的に設立された日本住宅公団が始まりで、2004年7月に現在の独立法人都市再生機構になり、大規模な開発を行い、いわゆる「団地」を大量に供給しました。八王子・町田・多摩・稲城の4地域にまたがる多摩ニュータウンや吹田市・豊中市にまたがる千里ニュータウンなどが有名です。公団から引き継いだ約74万戸の賃貸住宅の賃貸や管理運営をする「日本一の大家さん」といってもよいでしょう。

また、物件にはかつての公団住宅に加えて、タワーマンションや、デザイン企画住宅など、おしゃれにリノベーションされた物件もあります。建物を建築・所有し、物件の案内から契約手続き、物件の不具合対応や日常の管理運営まですべて一貫してUR都市機構が行っている点が大きな特徴です。

UR賃貸住宅のメリット・デメリット


UR賃貸住宅は民間の賃貸とは異なる、独立行政法人によって運営される公的な賃貸住宅です。そのため、公的機関が提供する賃貸物件ならではのメリット・デメリットがあります。

まずは、UR賃貸住宅の4つのメリットについて解説します。

UR賃貸住宅4つのメリット

1.礼金なし

通常、不動産会社でお部屋を契約しようとすると、家賃1か月分などの礼金が必要となることが多いのではないでしょうか。もちろん必要ない場合もありますが、そんな物件を探すのは一苦労。しかし、UR賃貸住宅が供給する物件は、すべて礼金がかかりません。入居時に必要な費用は、敷金(月額家賃の2か月分)と日割り家賃、共益費のみとHPにも明記されています。

参考:https://www.ur-net.go.jp/chintai_portal/index.html

2.仲介手数料なし

UR賃貸住宅は機構のみが物件を取り扱い、不動産会社を介さないので仲介手数料が必要ありません。また、UR都市機構が管理しているので、信頼性が高いのも特徴です。

3.更新料なし

1年ごとに自動で更新されるので、更新料も不要です。

4.保証人なし

本人の申し込み資格の審査が通れば、保証人なしで単独契約できます。資格審査には、住民票の写し、収入証明書等の書類が必要になります。

また、賃貸保証会社との保証委託契約も必要ないので、保証委託契約に伴う保証料も不要です。

参考:https://www.ur-net.go.jp/chintai/whats/merit/

UR賃貸住宅4つのデメリット

このようにメリットが多いUR賃貸住宅ですが、デメリットも存在します。

1.立地条件が悪い物件も

昭和の時代に開発された郊外型の大規模団地が多いため、駅から徒歩10分以上、バス便といった物件も少なくありません。

2.設備が古い物件

UR賃貸住宅の多くは、随時大規模リニューアルが行われていることが多いものの、なかには、まだエレベータや洗濯機を置く防水パン、ガスコンロなどが設置されていない物件もあります。

3.家賃が高め

家賃は広さに比例するため、1Rでも30平方メートル程度の広さがあるUR賃貸住宅の住宅は、民間賃貸住宅の同じ間取りの物件より家賃は高めに設定される傾向があります。

4.入居審査がやや厳しい

保証人が不要である反面、本人審査はやや厳しめです。申込み者本人の毎月の平均収入額が、定められた基準月収額をクリアすることが必須となります。基準月収額は以下の通りです。

  家賃額 基準月収額
単身者で申込みの場合 62,500円未満 家賃の4倍
62,500円以上 20万円未満 25万円(固定額)
20万円以上 40万円(固定額)
世帯で申込みの場合 82,500円未満 家賃の4倍
82,500円以上 20万円未満 33万円(固定額)
20万円以上 40万円(固定額)

引用元:独立行政法人都市再生機構 お申し込み資格

UR賃貸住宅と民間賃貸、4つの違い

具体的に民間賃貸住宅とどう違うのかをご紹介します。

1.住宅の質が高い

UR賃貸住宅は、ほとんどが鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造です。また、最近はリノベーションに力を入れており、「MUJI×UR団地リノベーション」という企画で民間企業とコラボレーションするなど、質の高い物件を供給しています。

2.耐震診断、耐震改修

旧耐震基準で建設された物件を多くかかえるUR賃貸住宅では、随時「耐震診断」「耐震改修」を行っています。平成30年3月末までに99%の物件で耐震診断がなされており、災害に対する備えが整っていることも特徴です。

3.独自の家賃割引制度がある

UR賃貸住宅には、「近居割」「U35割」「子育て割」「LOVE得」など、さまざまな割引制度があります。適用条件や割引内容は制度ごとに異なりますが、家賃の5年間5%減額や、3年間の定期借家契約をする代わりに通常より家賃が抑えられる、所得によっては家賃が最大で9年間20%減額になるなど、家賃減額の制度がそろっています。

4.UR-DIYというユニークな取り組み

URでは、一定の手続きをすれば自由に改造できる「UR-DIY」という物件を用意しています。「UR-DIY」であれば、通常の賃貸住宅ではほとんど認められることの少ない、お部屋の改造が可能です。この制度を利用すると、入居までの3か月間の家賃が無料となり、DIY改修のためのプランニングや施工の時間が確保できます。また、退去時の原状回復の義務も免除されるという特典もあります。

おわりに(UR賃貸住宅とは?)

いかがでしたでしょうか?UR賃貸住宅は、礼金や仲介手数料が必要ないため、初期費用が抑えられます。また、耐震診断や耐震改修を行っている点も魅力です。

さらに、 「UR-DIY」物件では、お部屋を自分好みに改造することもできます。新居探しの選択肢に、UR賃貸住宅を加えてみてはいかがでしょうか。

※画像はイメージです
※掲載時の情報です

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら