アウトドアリビングとは? DIYと業者に依頼する際のメリット・デメリットを比較解説

マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

アウトドアリビングとは? DIYと業者に依頼する際のメリット・デメリットを比較解説 (配信日時 2018.11.07/更新日時 2018.11.16)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

「アウトドアリビング」という言葉をご存知ですか?「アウトドア=屋外」+「リビング=居間」なので、「このふたつを同時に楽しむこと…?」と、イメージできても、具体的にどのようなものなのかすぐに思い浮かばないのではないでしょうか。そこで今回は、「アウトドアリビング」の具体的な内容や楽しみ方についてご紹介します。

 

アウトドアリビングとは

 

 

アウトドアリビングを簡単に説明すると、庭やベランダにバルコニーやウッドデッキ、テーブル、椅子などを置き、「2つめのリビング」として活用することを指し、実際に取り入れている方が増えています。

通常、アウトドアというと、準備をして現地へ出かけ、最後は後片付けをして自宅へ戻って、とリフレッシュできても手間がかかるので、なかなか重い腰が上がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、アウトドアリビングは完全な外部ではなく、自宅の一部なので、使い慣れたキッチンで料理の準備や後片付けができます。また、自宅内なので、治安上の不安もありません。お子様連れのゲストにも安心して楽しめるでしょう。日常的に太陽や風や星と接していれば、穏やかな毎日が過ごせそうではありませんか?

 

アウトドアリビングの楽しみ方

 

 

アウトドアリビングには、絶対的な定義はありません。ご自宅の特性やレイアウトに合わせて、思い思いに楽しむものといえます。

たとえば、屋内のリビングルームから自由にアクセス可能なウッドデッキを作れば、家族の憩いの場になるでしょう。また、ベランダに簡易的なテーブルと椅子を置き、読書を楽しむのも趣がありますよね。屋上があれば、そこを活用する方法もあります。快適なリクライニングチェアを設置し、テントを設営すれば、手軽に星の観察なども行えます。ゴルフの練習道具や天体望遠鏡を置いたりすれば、これまでの趣味をより充実したものにすることもできるでしょう。

このように、アウトドアリビングは、アイデア次第でさまざまな楽しみ方ができ、気軽に気分転換を行うことができます。

 

アウトドアリビングの作り方

 

 

では、アウトドアリビングは具体的にどのように作るのでしょうか?作る際には、DIYで作る方法と、専門業者に依頼する方法があります。目指す方向性によってどちらがベストかは変わってくるので、双方のメリット・デメリットをご紹介します。

DIYで作るメリット・デメリット
アウトドアリビングをDIYで作る場合には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

DIYのメリット①低予算で作ることができる
DIYによってアウトドアリビングを作るメリットは、低予算で取り組めることです。人件費はかかりませんので、材料費だけで済みます。

DIYのメリット②マイペースに取り組める
ご自身のペースで進めることができるのもDIYの魅力です。思い立った日にホームセンターなどで材料を揃えればいいので、空き時間を活用してコツコツと進めることもできます。

DIYのデメリット①クオリティは自分次第
DIY初心者の場合、細部の施工は手慣れたプロにかないません。作成の過程を楽しむのもDIYの醍醐味と言えますが、失敗して材料と時間を無駄にしてしまった、ということが起こる可能性もあります。比較的作りやすいものから挑戦してみてください。

DIYのデメリット②時間がかかってしまう
DIYはデザインのイメージから素材選び、作成までのすべてを行うので、プロに依頼する場合と比較すると完成まで時間がかかることも。ペース配分が自分次第という点はメリットであり、デメリットでもあるのです。

プロに依頼するメリット・デメリット
つづいて、アウトドアリビングをリフォーム業者などのプロフェッショナルに依頼する場合のメリット・デメリットを確認してみましょう。

プロに依頼するメリット①クオリティが担保される
プロに依頼することで、本格的な「アウトドアリビング」を実現できます。リビングと地続きにする、庭の一角を理想の空間にしたりなど、希望に沿ったリビングを作ってもらうことができるでしょう。

プロに依頼するメリット②アドバイスを受けられる
スキル、ノウハウに基づいたアドバイスを受けられる点も、プロに依頼するメリットではないでしょうか。施工した部分に関するこれからのメンテナンスに関しても力になってもらえるでしょう。たとえば外気にさらされることによる家具の劣化対策、ゴキブリ・ハエ・蚊などの問題に関して意見を求めることもできます。

プロに依頼するデメリット①予算がかかる
当然ながらDIYよりも費用がかかります。依頼する範囲によっては、想定していた予算を超えてしまうことも考えられます。

プロに依頼するデメリット②工事中は日常生活に支障が出る場合もある
大規模な工事を発注する場合、工事期間中は普段通りに生活できない可能性もあります。庭が使えなかったり、工事音がしたりというケースが考えられますので、ご家族とも相談してみましょう。

 

おわりに

日常生活で自然を感じることができるアウトドアリビング。大規模なウッドデッキから、簡易的なくつろぎスペースまで、種類はさまざまです。

アウトドアリビングを作る方法には、DIYとプロに依頼する2つの選択肢があります。目指す方向性やご家庭の特性、予算などを踏まえて計画することが大切です。この機会に、アウトドアリビングづくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト
一人暮らし・お部屋暮らしをトコトン楽しむWEBサイト

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら