引っ越しにも安い時期はある? 引っ越し費用を抑えるコツ
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

引っ越しにも安い時期はある? 引っ越し費用を抑えるコツ

(配信日時 2018.11.16/更新日時 2019.01.24)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

 

新生活をきっかけに、引っ越しされるという方も多いと思います。新居での生活は楽しみですよね。しかし、新しく何かを始めるときには、どうしてもお金がかかってしまうもの。そのため、少しでも安く抑えることができるなら、そのほうがよいですよね。

今回は、引っ越しをできるだけ安くする手段として、どの時期に引っ越しをするのがよいのかという点についてご紹介します。

 

 

引っ越し費用が安い時期

実は引っ越し業界にも、通常期と繁忙期というものがあります。同じ距離、同じ荷物の引っ越しであっても、時期によって料金が高くなる、逆におトクに引っ越しができるということがあるのです。

あくまでも一例ですが、通常期と繁忙期とでは、2万円の差が出る場合も。新生活で何かと物入りになる時期の2万円というのは、非常に大きな金額ですよね。2万円安く依頼できるなら、荷造りや荷解きなどのオプションを利用することが可能になり、引っ越しがずいぶんと楽になりますよね。そのため、引っ越し料金をできるだけ安く抑えて新生活を始めたい、引っ越しを可能な限り楽にしたいというときには、引っ越しする時期を考えてみてはいかがでしょうか?

引っ越し料金が安くなる時期

一般的に、引っ越し料金が安くなる時期は、5月から2月と言われています。この時期は引っ越しの件数が減るので引っ越し用のトラックに空きが生じ、業者としては、料金を安くしてでも依頼を受けたいとなります。その結果、この時期に引っ越しをすると料金が比較的安くなるのです。

引っ越し料金が特に安くなる時期

では、年間で一番安く引っ越しがができる時期は、果たしていつなのでしょうか?それはずばり、11月です。

これは、転勤のために引っ越しをされる方の移動が9月から10月に多く、それがひと段落して業界が落ち着いている、依頼が少なくなっている時期であるということが理由です。

そのため、秋に引っ越しをしたい、あるいは引っ越しの時期はいつでもかまわないという場合は、ぜひとも11月の引っ越しを検討してみてください。想定していたよりも、ずっとおトクに引っ越しができるかもしれません。

 

 

引っ越し費用が高い時期

逆に、引っ越し料金が高くなってしまうのはどの時期なのでしょうか? それは、引っ越し業界の繁忙期である、3月と4月です。多くの方がなんとなくその理由に思い当たるかもしれませんが、この時期は進学や就職で引っ越しをされる方が多いため、全国で一斉にトラックが走り回ります。そのため、引っ越し業者は、料金を通常期よりも高めに設定しています。

また、この時期は料金が高くなっているだけではなく、希望する日に引っ越しができない、という可能性もあります。

引っ越しには今住んでいる家の退去日、新居の入居日、そして、学校や職場の初日など、さまざまな予定が関係してきます。そういった状況で、予定通りに引っ越しができないのは、非常に困ったことになる可能性があります。そういう意味でも3月と4月の引っ越しは、避けるのが賢明でしょう。

どうしてもこの時期に引っ越しを済ませておかなければならない事情がある場合は、できるだけ余裕をもって予定を組むようにしましょう。

 

引っ越し費用を抑えるコツ

引っ越し料金が高くなる時期、安くなる時期をご紹介しましたが、引っ越しの理由によっては時期を思い通りに決められないという場合もあるかと思います。そこで、引っ越し時期を動かす以外に、引っ越し料金を安くするためのコツをいくつかご紹介します。

複数の引っ越し業者で見積もりを比較する

引っ越し料金というのは、同じ荷物、同じ距離であっても、依頼する引っ越し業者によって料金が変わってきます。これは、引っ越し業者によって、人件費やオプション料金などの設定が異なっているからであり、引っ越しの内容によってはA社よりB社に依頼すると安くなる、といったことが起こるのです。

そのため、引っ越しをする際には、複数ある引っ越し業者に見積もりをもらうのがよいでしょう。その中から自分にとってもっともよいと思える業者に依頼することで、引っ越し料金を抑えることができ、引っ越しに対する満足度が上がることにつながるはずです。

引っ越しの際には初めから1社に決めるのではなく、複数の業者に見積もりを出してもらって比較検討すること。これを忘れずに行うようにしましょう。

引っ越し料金が安い曜日に予約する

先ほどは引っ越し時期の高い月と安い月をご紹介しましたが、さらに細かくみていくと、曜日によっても引っ越し料金が変わってくる場合があります。具体的には、土日と祝日は料金が高くなり、逆に平日は安くなるという傾向があるのです。

これは、仕事や学校が休みのときに引っ越し作業をしたいと考える人が多いためです。引っ越しの曜日を決める際に融通がきく場合は、平日を選んで依頼をすることで、引っ越し料金を安くすることができるかもしれません。

家賃が安くなる時期に引っ越しをする

これは、直接的に引っ越し料金が安くなる方法ではありませんが、結果として引っ越し全体にかかる料金が安くなる、という方法です。

引っ越し料金が時期によって変動しているように、家賃も変動しており、家賃が1年の中でもっとも安くなるのが、8月だと言われています。部屋のオーナーはできるだけ空き部屋を減らしたいため、繁忙期に比べて家賃が安く設定する傾向があるそうです。

つまり、家賃がもっとも安くなる時期である8月に引っ越しをすることによって、引っ越しにかかる初期費用が抑えられるというわけです。

もし、希望しているお部屋が8月に値下がりしているようであれば、その時期に引っ越しをすることで費用を安くすることが可能になるかもしれません。

荷物を少なくする

引っ越しは、時期と移動する距離、そして、荷物の量によって料金が大きく変わります。荷物の量が増えると、引っ越し作業に必要な人員が増えるだけでなく、トラックのサイズも大きいものを用意しなければならなくなります。そのため、引っ越し料金を安く抑えるために荷物を減らすというのは、非常に有効な手段となるのです。

荷物を減らす方法としては破棄が考えられますが、リサイクルショップに持ち込むことで思わぬ値段が付くことも。過度な期待は禁物ですが、少しでも引っ越し料金を抑えたいというときには、リサイクルショップに持ち込んでみるとよいかもしれません。なお、持ち込みが難しい場合は、出張サービスをしているショップを探してみるとよいでしょう。

 

下調べと準備で、お得な引っ越しを

引っ越しは、ある程度まとまったお金が必要になるものです。しかし、引っ越しが安くなる時期と高くなる時期、あるいは可能な限り引っ越し料金を安く抑えるコツなどを知っておけば、通常よりも安く引っ越しができる場合も。

下調べと準備をぬかりなく行うことで、効率的でおトクな引っ越しをして、快適な新生活のスタートをきりましょう。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら