一人暮らしの食費の目安はどれくらい? 節約術を学ぼう!
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

もっと楽に、もっといいお部屋さがし。「マイナビBiz STAY」と「マイナビBiz サブスク社宅」で。

一人暮らしの食費の目安はどれくらい? 節約術を学ぼう!

(配信日時 2018.11.20/更新日時 2019.01.24)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

一人暮らしを始めたら、みなさんの食費はいくらぐらいかかっているのでしょうか?給料日前になるとお金がなくなって食費を節約する、なんて経験はありませんか?そんなあなたに、1か月の食費の目安や、具体的な節約方法も紹介しますので、自分に合った方法をみつけてください。

1か月の食費の目安を知ろう

食費は1か月のお給料の15~20%が理想的と言われることがあります。例えば15%として計算すると、1か月のお給料が20万円の場合3万円前後が理想的な食費の目安となります。1か月30日で計算して1日約1,000円です。自炊をメインに生活するか、外食をメインに生活するかでも食費は変わってくるでしょう。

1人の食卓で意識するべきこと

一人暮らしを始めると、1人で食事をすることが多くなります。食事をするタイミングも、食事の内容も自分で決められるので、自分の好きなものに偏ったり、手軽なファーストフードやチェーン店ばかりで済ませたりと、偏食がちになってしまうこともあるでしょう。また、極端なダイエットで食事を制限したりタイミングを逃して食事の回数を減らすと、栄養バランスが崩れて体調を崩してしまうかもしれません。

健康を考えて、栄養バランスのとれた食事を外食で摂るのは、食費が高くなってしまうこともあるので、節約とは程遠くなってしまいます。健康面や節約を考えると、自炊でバランスのよい食事をすることが大切。そして、自炊を続けるために大切なのは無理をしないことです。疲れているときに無理をして自炊を続けて、自炊することが苦になってしまっては意味がありません。疲れていれば、外食をしてもOKです。友達と楽しく外食することも大切。無理なく自炊を継続できるといいですね。

食費を抑える具体的な方法

では、具体的にどのように食費を節約すればよいのでしょうか。外食を極力控えて3食自炊を続けることができればかなりの節約になると思いますが、自炊に慣れていない人にとってはかなりハードルが高いですよね。そこで、自炊に慣れていない人でもはじめやすい、外食を減らす節約方法を紹介します。

まず自炊の第一歩はお米を炊く事。炊いて食べきれないご飯は保温せずに1回分ずつラップをして冷凍保存しましょう。炊き立てのご飯を冷凍しておけば解凍した後もおいしく食べられます。自炊に慣れていない人はスーパーのお総菜を買ってもOK。まずはお米を炊いて自宅で食事をする習慣をつけましょう。外食よりも安くすませられることが多いでしょう。

そして、自宅で食事をすることに慣れてきたら少しずつ調理に挑戦!

スーパーで買い物をする際は、できるだけ旬の食材を選びましょう。旬の食材はスーパーの仕入量が増えるので安くなっていることがあります。お肉や魚は安売りしている時にまとめ買いして小分けにし、冷凍保存しておきます。そのほかの食材は、1週間で食べきれる量をまとめ買いして使いきるようにしましょう。すると何度も買物に行く手間を省いて、食材の無駄買いも防げます。

実際に自炊をはじめると1人分の食事を作るのはなかなか難しいものです。1回の調理で1人分を作ろうとせずに、何食分かをまとめて作って冷蔵庫で保存しておきましょう。夕飯のおかずを翌日のお弁当に入れても節約に繋がりますよ。

また、最近はコンビニでもお惣菜や野菜が売られており大変便利ですが、コンビニは割高な価格設定になっていることもあります。節約を考えると、コンビニではお惣菜や食材を買うのは避けたほうがいいかもしれません。食材と同じように自炊に必須となる調味料は100円ショップで購入してみてはどうでしょうか。

調味料は量と価格で判断すると、大容量のお徳用がもちろんお得ですが、一人暮らしの場合は 使いきれずにムダにしてしまうことがあります。100円ショップで売られている少量サイズを購入するのは割高に感じるかもしれませんが、最終的にはムダなく使いきることができて食費節約に繋がるでしょう。

お料理初心者の方は簡単な炒めものから挑戦!

便利なカット野菜も売られているので、カット野菜とお肉の炒めものからはじめてみるといいでしょう。応用として、カット野菜とご飯でチャーハン、カット野菜と市販の焼きそば麺で焼きそばも作れます。もちろん、カット野菜ではなく野菜を切って調理したほうが食費の節約にはなりますが、無理せずに少しずつできることを増やしていきましょう。

栄養バランスを考えた簡単料理のオススメはお味噌汁です。豚汁のように野菜やお肉をたっぷり入れたお味噌汁を作り、ご飯と一緒に食べれば1食分の食事になるのではないでしょうか。汁物の応用としては、切った野菜を煮て、和風出汁にお味噌をとけばお味噌汁に、コンソメやブイヨンなどの洋風出汁にカレールーを入れればカレー、シチューのルーを入れればシチューになります。食材の種類や切り方は多少変わりますが、基本的にはダシと味付けを変えることで応用が可能です。出汁も顆粒の出汁の素が売っているので簡単に作れます。

オススメの食材リスト

もやし:節約食材の代表格です。価格が安く、最近では袋のまま電子レンジで加熱するだけで食べられるものもあります。電子レンジで温めたもやしに醤油大さじ2杯とごま油大さじ2杯をさっとあえるだけでおかずの一品になります。その他にもサラダ、炒めもの、スープなどいろいろな調理に使えます。

にんじん:安売りしていることの多い食材です。栄養価が高く皮の部分にも多く栄養が含まれているため、皮ごと食べるのもオススメです。炒めもの、煮物、スープなどいろいろな調理に使えます。にんじん料理といえば、沖縄の定番料理にんじんしりしりがありますね。にんじん1本を千切りにして油で炒めます、にんじんがしんなりしてきたら溶き玉子に塩・コショウ少々を加えたものを入れて卵に火が通るまで一緒に炒めてできあがりです。

玉ねぎ:玉ねぎも安売りしていることの多い食材です。長期保存がきく野菜で、常温保存が可能。安いときに買って風通しのよいところで保存しましょう。
スライスして水にさらせば生でも食べられますし、炒めもの、煮物、お味噌汁にしても美味しいです。玉ねぎのお味噌汁に生卵を落として加熱すれば、ポーチドエッグのような半熟の卵になり、玉ねぎとの相性もバツグンです。

豆腐:そのまま食べたりお味噌汁や湯豆腐などにしたりと、手軽に食べられます。お鍋に豆腐と昆布、塩少々を入れて火にかけ、お豆腐が温まったら湯豆腐のできあがりです。ポン酢などでいただきましょう。

納豆:好き嫌いがあるかもしれませんが、価格が安いものが多く、発酵食品で体にもいいです。少し変わった食べ方として、納豆トーストを紹介します。食パンの上に納豆(付属のタレ、からしを入れたもの)をのせて、その上にとけるチーズをのせトーストします。朝ごはんにオススメです。

卵:栄養バランスのよい食材です。チャーハンや野菜炒めに加えたり、シンプルに玉子焼きにしたり、ご飯さえあれば簡単に卵かけご飯もできます。冷蔵庫にあると何かと役に立つ食材です。食べきれる程度に常備しておくといいでしょう。

鶏むね肉:唐揚げ、カレーやシチューなどの煮込み料理にも挑戦してみましょう。

一人暮らしの食費の節約まとめ

やはり、食費の節約には自炊がおすすめです。自炊に慣れていない人でも少しずつできる事を増やしていって節約を楽しめれば、一人暮らしの食事は安価で健康的なものに近づくでしょう。無理せずに、まずはご飯を炊いて自宅で食事をする習慣をつけるところからはじめてみましょう。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

マイナビ賃貸で物件を探す

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら