これで失敗しない! カーテンの種類と選び方【2018年版】
マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

お部屋探しに迷ったら、ワガママが叶うお部屋探しをチェック

これで失敗しない! カーテンの種類と選び方【2018年版】

(配信日時 2018.11.30/更新日時 2019.02.04)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed

 

カーテンは部屋の中で大きな面積を占めていることもあり、部屋の雰囲気を決める重要なアイテムです。自分に合った快適な部屋を作るために、意外と知らないカーテンの役割や種類、最新情報までご紹介します。

カーテンの役割を知ろう

カーテンには、太陽の光を遮ることや外から部屋の中を見えなくするだけでなく、さまざまな役割があります。適当に選んでしまうと、カーテンの効果が十分に発揮できないかもしれません。カーテンの役割を知って、快適な部屋作りのためにカーテンの効果を最大限に利用しましょう。

光の量の調整

昼間、太陽の光を入れたいときはレースのカーテンを、光をカットしたいときは厚手のカーテンを使うなど、さまざまな種類のカーテンを使い分けることで光の量をコントロールすることができます。遮光カーテンを使えば、昼間に睡眠をとることが多い人や寝室の窓側に街灯がある場合も光をカットしてくれるので、安眠をサポートしてくれるでしょう。

プライバシーを守る

引っ越しが完了し、新居でのスタートが始まったものの、うっかりカーテンを買い忘れてしまうと、外から丸見えの状態で過ごさなければなりません。昼間は外から部屋の中が見えにくくなるので、レースのカーテンを使って光を入れながら、外からの視線をカットしましょう。反対に夜間は外から部屋の中がよく見えるので、遮光性能の高い厚手のカーテンを使って、部屋の中が見えないようにするといいでしょう。ちなみに、レースカーテンのなかでも、ミラーレースカーテンといわれる紫外線カット効果もあるものは、外からの視線もほとんどカットすることができるようです。

部屋の印象を変える

最初にもお話ししましたが、カーテンは部屋の中で大きな面積を占めているので、カーテンの柄や色を変えると、部屋の印象も大きく変えることができます。大きな柄のカーテンは部屋のアクセントになり、選ぶ柄によって部屋のイメージが変わります。また、部屋の壁や家具とカーテンの色を合わせることで、部屋を広く感じさせる効果があります。縦のラインを強調する縦縞模様のカーテンは、天井を高く感じる効果があるでしょう。特に色は部屋のイメージ大きく左右するので、夏はさわやかな寒色系、冬はあたたかな暖色系など、色の効果を利用してみると、生活が楽しくなるかもしれません。

防犯効果

あまり知られていないかもしれませんが、カーテンの役割として「防犯効果」も期待できます。遮光カーテンの場合、特に部屋の電気をつける夜間は電気がついているか、消えているのかが、外からわかりづらくなるので、留守にしているかどうかの判断がしにくくなります。
また、昼間はレースのカーテンが防犯対策になります。外出する際、厚手のカーテンを閉めきっていると、留守だと悟られる場合があるので、厚手のカーテンを閉めずにレースのカーテンだけ閉めて外出することで、留守にしているのかどうか、判断しづらくなります。さらに、女性の防犯対策としては、地味な色や柄のカーテンを選ぶことで、女性が住んでいると悟られにくくなるでしょう。

暑さをやわらげる

窓は部屋の中で断熱性能が弱くなりやすい場所です。カーテンをつけることによって、夏の直射日光を防いで部屋の温度が上がるのを防ぎ、冬は外の冷気を防いで暖房の効きを高めてくれます。しかし、カーテンの丈が窓よりも短いと、カーテンの下から冷気が入ってきて、暖房の効きが悪くなってしまうので、サイズのあったカーテンをつけましょう。

防音効果が期待できる

カーテンは、部屋の中の音が漏れるのをやわらげ、交通量の多い道路沿いの部屋などでは、外の騒音が聞こえにくくなります。最近では、生地や裏面に特殊な加工をしたり、樹脂をコーティングしたりして、遮音効果を高めた機能性カーテンもあるようです。

 

 

カーテンにはどんな種類があるの?

選ぶカーテンの種類により、部屋の雰囲気やスタイルを演出することができますが、窓や部屋の環境によっては合わないカーテンもあります。雰囲気やスタイルを演出しながら、窓や部屋の環境に合った最適なカーテンを選ぶために、基本的なカーテン6種類を紹介します。

基本1.ドレープ

家庭用カーテンに使われる代表的なタイプで、厚手の布地のカーテンになります。ドレープとは「ヒダ」のことをさし、波のような「たゆみ」が、優雅な印象です。
さまざまな色、柄、布の質感などで部屋の雰囲気やスタイルを演出できます。

基本2.レース

ドレープカーテンと合わせて使われることが多いのがレースカーテンです。レース生地でつくられたカーテンなので、昼間の光を調節するときに使われることが多いです。

基本3.シェード

シェードは生地を水平にたたみながらブラインドのように上下に昇降させて使用します。ドレープやレースのカーテンと違い、布溜りが左右でなく上部にできるので、部屋がスッキリした印象になります。シェードは生地の上げ下げに手間がかかるので、頻繁に上げ下げする必要のある場所には向かないかもしれません。

基本4.スカラップ

装飾の施されたカーテン。スカラップとは「ホタテ貝の縁」のことで、カーテンの裾がホタテ貝の縁のように装飾されたカーテンです。主に腰窓や出窓に使用され、裾のデザインのバリエーションが豊富です。

基本5.クロス

おしゃれ重視のカーテンの中でもスタンダードなタイプのカーテンです。カーテンの中心部分を固定して左右に分けたスタイルで、優雅なスタイルを演出できます。

基本6.セパレーツ

カーテンが数枚に分かれており、それぞれを小さく結べるデザインになっています。小窓や出窓に使用してエレガントさやキュートなスタイルを演出します。

 

 

最近のカーテン事情

最近ではさまざまな機能性カーテンが増えており、日中の日差しを遮る、夜間の防犯といった役割以上に、部屋の環境へも大きな影響を与えます。最後に機能性カーテンの情報を紹介します。

消臭機能

気になるニオイを分解して中和する機能をもったカーテンです。生地に特殊な薬剤を織り込むことにより、タバコやペットのニオイを分解して中和させる効果が期待できます。ニオイのこもりやすい部屋やリビングに最適です。

抗菌

細菌を分解する機能をもたせたカーテンです。生地に特殊な加工を施し、菌の繁殖を抑制させる機能があるといわれ、医療施設などで使用されています。

花粉症対策

花粉症の方には嬉しい、花粉の侵入を防ぐ機能をもたせたカーテンです。カーテン表面の吸着性を高める加工を施し、花粉やほこりが部屋の中へ侵入するのを防ぎます。

 

まとめ(カーテンの種類と選び方)

いかがでしたか、カーテンにはさまざまな役割があることがわかりましたね。カーテンひとつで部屋の雰囲気や印象はガラリと変わります。しかし、カーテンを買う機会はあまり多くないものです。だからこそ、失敗のないように選びたいですよね。

今やカーテンは部屋のインテリアの一部としてではなく、環境に対する役割や機能も多種多様です。部屋の環境や生活スタイルに合わせたカーテン選びをしましょう。

20代に人気の街

新宿区

新宿区は東京23区のほぼ中央に位置し、東京都庁や官公庁、オフィスや歌舞伎町などの歓楽街を有する日本最大級の繁華街。新宿駅は1日の乗降客数が世界最大のギネス記録を持っています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 8.4万円

1DK・1LDK・2K 12.3万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 14.3万円

3DK・3LDK・4K / 16.0万円

このエリアのお部屋情報を見る

世田谷区

世田谷区は東京23区の西部に位置し、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接しています。区内には三軒茶屋駅などの住みたい街として人気の駅もあり23区内で最も人口の多い区となります。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.4万円

1DK・1LDK・2K 10.2万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 13.1万円

3DK・3LDK・4K / 16.7万円

このエリアのお部屋情報を見る

大田区

大田区は東京23区の東南部に位置し、南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市と接し、東は東京湾に面している臨海区です。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 7.2万円

1DK・1LDK・2K 9.5万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.9万円

このエリアのお部屋情報を見る

杉並区

東京23区の西部、武蔵野台地上にある杉並区。北から西武新宿線、JR中央線、地下鉄丸の内線、京王井の頭線・京王線が走り、その間を繋ぐようにバスの路線が張り巡らされています。

このエリアの家賃相場 

20代のひとり暮らしにおすすめ!

ワンルーム・1K 6.8万円

1DK・1LDK・2K 9.8万円

その他の間取り

2DK・2LDK・3K / 11.7万円

3DK・3LDK・4K / 14.1万円

このエリアのお部屋情報を見る

※このデータは2013年1月時点の「マイナビ賃貸」で掲載している上記の駅において、各間取り別に 賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を算出したものです。

開く

閉じる

人気の特集・こだわりからお部屋を探す

「住まいと暮らしのヒント」人気の記事

PayPayトップインタビュー~PayPayが見据える決済方法の未来~

おすすめの特集

スマホサイトの紹介

スマートフォン

iPhone/Android専用アプリが新登場! 外出先からもアプリでカンタンお部屋探ししよう!(無料)

賃貸アプリ詳細はこちら


QRコード

スマホサイトへのアクセスはこちらから!

https://s.chintai.mynavi.jp

住まいのサポートセンター

お気軽にご相談ください。

注意事項をお読みいただき、「マイナビ賃貸」個人情報取り扱いについてにご同意の上、ご利用ください。

詳しい説明はこちら